コンフェティ
世界のエンターテイメントの“今”をお届け!

舞台「劇団シャイニングfrom うたの☆プリンスさまっ♪『ポラリス』」公演スタート!

2010年のゲーム第1作目発売以来、アニメ、楽曲CD、ドラマCD、スマートフォン向けアプリ、イベントなどメディアミックス展開を続ける女性向けコンテンツ『うたの☆プリンスさまっ♪』。

 

その『うたの☆プリンスさまっ♪』が、“劇団”をテーマに展開する舞台公演プロジェクトが「劇団シャイニング」。2017年、気鋭のキャスト・スタッフを迎え再始動し、『天下無敵の忍び道』『マスカレイドミラージュ』『JOKER TRAP』を順次上演し、2018年春にはレビューショー公演『SHINING REVUE』を開催しました。
そしてこの秋、“映画”をテーマにした「シアターシャイニング」シリーズ4作を、「劇団シャイニング」が舞台化することが決定。
その第1弾作品となるのは、SF作品の『ポラリス』。
遠い未来、危機にさらされた地球を守るために集いし3人の少年たちと、彼らをとりまく人間模様を、新たなストーリーで描く本作が東京都渋谷区のAiiA 2.5 Theater Tokyoより開幕します。

初回の公演に先立ち、囲み取材と公開ゲネプロが行われました。

囲み取材に登場されたのは、トキヤ・イチノセ役の松村龍之介さん、ナツキ・シノミヤ役の山川宗一郎さん、セシル・アイジマ役の横井翔二郎さんの3名。

Q:先ずは自身が演じるキャラクターについて。

松村さん「トキヤ・イチノセは、自分に対しても他人に対しても厳しく、自分が“コレ”と決めた事に対して凄くストイックに向きあえる強さを持つ人です。それでいて厳しいからこそ他人との係わり合いが苦手というか、心の内を素直に表現出来ないところもある不器用な人でもあります」

山川さん「ナツキ・シノミヤは、とても心が綺麗で、美しい物を美しいと言える、誰に対しても平等な人だと思います。その気持ちがトキヤを怒らせてしまったり……。「ファーストコンタクト」という災害で、ナツキは記憶を無くしているのですが、記憶が無い中でも自分の殻に閉じこもったりはせず、大切なものの為に頑張れる人間なのかなと思っています」

横井さん「セシル・アイジマは、何よりも争いを好まない、自分がされて嫌な事は決して人にはしない。周りにいる候補生達を本当に家族の様に思っているんですけど、思いすぎるが故に自分の感情というか、“本当はこう生きたい筈なのに…”というのに蓋をして生きて行く事を決めてしまった、強くもあり、弱くもある人間かなと思っています。それを乗り越えたいと凄く凄く思っていて、この作品の中でいろんな人や仲間と関わって、どんなモノを見て成長して行くか、という所を僕も凄く楽しみにしていますし、セシル・アイジマと一緒にまた新しい景色をみれたらなと思っています」

Q:演じられるキャラクターのそれぞれの関係性は?

松村さん「同じチームの3人なんですけど、それぞれ優れている所が違うので、それに対して各々が思う所が有る。セシルは“プレコグニション値”という数値が異様に高い人物で、ナツキは“シンパシー率”が高い。トキヤは天才というよりは、人一倍の努力をしてトップチームにいます」

横井さん「でも、トキヤが凄いのをセシルとナツキは分かっているから、独りではなく一緒に強くなって戦っていこうよと言うんですが、トキヤ・イチノセが頑なで」

山川さん「ナツキとセシルは何とかチームとして纏めたい。そんな3人の関係性がどう変わっていくのかも見どころです」

最後に来場者へのメッセージ。

松村さん「楽しみにされている方が凄く多い作品だと思います。それは出演している僕達もそうですし、この舞台化が決まった時から楽しみにしていた作品でもあるのでより多くの方の期待、そして楽しみにしている気持ちを良い意味で裏切れるような、五感で楽しめるエンターテイメントとして凄く素敵な作品なので、最後まで楽しんで頂けたらと思いますし、必ず満足させます。劇場でお会い出来る時を楽しみにしています。」

山川さん「今日が初日で凄いドキドキしているんですけど、SFがテーマですが人間ドラマを見てほしいなと思います。この3人の心情がどう変わるのか、多分、観ているお客様も仲間、家族、恋人、友達……それぞれの大切な人のことをあてはめて感情移入出来る部分が凄いあると思うので、そこを観て欲しいと思います。」

横井さん「先ず、これまでの劇団シャイニングを応援して下さったことでこうやってシアターシャイニング舞台化という所までたどり着く事が出来ました。それは本当にこの作品を愛して支えて下さった皆様のおかげだと思っております。皆様の期待を遥かに上回る物を作れる様、僕等もずっと稽古をしてきましたので、心の底から全開で楽しむ用意とペンライトを忘れずに劇場にいらして頂ければと思っております。お待ちしています。」

とコメントされました。

【あらすじ】

遠い未来。地球は宇宙からの侵略者・エネミーにより滅亡の危機に晒されていた。

人類は、エネミーから地球を守るため、人型兵器「ヒューマノイドアームズ」を生み出し、搭乗するパイロットを育成すべく、地球防衛組織「シャイニングユニバース」を設立した。

「シャイニングユニバース」のトップチームに所属するパイロット候補生、トキヤ・イチノセ、ナツキ・シノミヤ、セシル・アイジマ。

総司令官エンゲルバーグ・イチノセの指導のもと、共に訓練を重ねながらも、ぶつかり合い、協調がとれずにいた彼らのチームにある日、新人パイロット候補生、ヒロ・サニーラインが配属される。ヒロの加入をきっかけに、3人はそれぞれに抱えていた思いや葛藤と正面から向かい合うことになる。

時を同じくして、レグスター・サクラバが率いる二番手チームにも、新人パイロット候補生、ラプラス・カールソンが配属される。

新入生の加入でざわめくシャイニングユニバース。そんな中、学園の片隅では、人知れずある異変がおこりはじめているのだった。

強大な敵に立ち向かうなかで、パイロット候補生たちが見つけだす、戦う意味とは。
そして、守りたいものとは――。

大切なものに気づいたとき、彼らは「強さ」の本当の意味を知る。

本作は劇団シャイニングの作品の御多聞に漏れず、本編とレビューコーナーの2部構成となっています。

骨太かつ繊細なストーリーの本編は只のSF学園モノにあらず。
細かく散りばめられた主役3名の心理描写や各々が持つ過去などが巧みに描写され、物語に与える重みは思わず唸ってしまう程。

そして本編終了後は、極上のレビューを心ゆくまで楽しむ事が出来ます。
是非、この「シアターシャイング」舞台化第一弾を目に耳に心に焼き付けに劇場へ足を運ばれては?

【Blu-ray&DVD発売決定】

舞台「劇団シャイニングfrom うたの☆プリンスさまっ♪『ポラリス』」のBlu-ray&DVDの発売が決定。

発売日:2019年2月22日(金)
発売元:ムービック

詳しくはこちらへ。

【舞台「劇団シャイニングfrom うたの☆プリンスさまっ♪『ポラリス』」公演概要】

【公演期間】
東京公演:2018年9月13日(木)~9月23日(日)
大阪公演:2018年10月5日(金)~10月8日(月・祝)

【会場】
東京:AiiA 2.5 Theater Tokyo
大阪:梅田芸術劇場シアター・ドラマシティ

【公演時間】
約2時間15分(途中休憩無し)

【料金】
プレミアム席:12,000円(パンフレット・非売品ブロマイド3枚つき)
S席:8,800円(パンフレットつき))
A席:6,800円

【出演者】
トキヤ・イチノセ:松村龍之介
ナツキ・シノミヤ:山川宗一郎
セシル・アイジマ:横井翔二郎
ラプラス・カールソン:石渡真修
エンゲルバーグ・イチノセ:和泉宗兵
レグスター・サクラバ:柏木佑介
ヒロ・サニーライン:安里勇哉

『アンサンブル』
池田謙信
岩倉隼人
小川恭平
小山蓮司
坂本和基
澤邊寧央
細川晃弘
堀部佑介
(五十音順)

【STAFF】
原案:「うたの☆プリンスさまっ♪シアターシャイニング『ポラリス』」
脚本・演出:ほさかよう(空想組曲)
音楽:Elements Garden
主催:劇団シャイニング

公式HP:http://gs-polaris.com/

公式Twitter:https://twitter.com/gekidan_shining

公式BLOG:http://gekidan-shining.com/blog/

©劇団シャイニング

 - 舞台, 2.5次元