コンフェティ
世界のエンターテイメントの“今”をお届け!

「ONWARD presents 新感線☆RS『メタルマクベス』disc2 Produced by TBS」いよいよ開幕!

「メタルにはマクベスが良く似合う」という、いのうえひでのりの着想から生まれた『メタルマクベス』は、2006年に劇団☆新感線と宮藤官九郎が初めてタッグを組み、初めて挑んだシェイクスピア作品であり、ロックバンドが劇中で生演奏する音楽に特化したスタイルで上演された。シェイクスピアの『マクベス』の世界観は変えずに、2206年の廃退した近未来と、空前のバンドブームに沸いた1980年代の日本を二重の構造に置き換えるという大胆なアレンジによって創り上げられた脚本は、前代未聞のシェイクスピア作品として大きな話題となりました。
この『メタルマクベス』が、初演から12年の時を経て、激しいリズムに突き上げられて瓦礫の中から遂に復活します。宮藤自ら脚本を書き直し、キャストを変え、演出にアレンジを加えて、disc1、disc2、disc3と題して3作を連続上演します。

7月23日(月)から8月31日(金)まで公演されたdisc1は大盛況の内に幕を閉じ、2018年9月15日(土)よりいよいよ待望の第2弾、「ONWARD presents 新感線☆RS『メタルマクベス』disc2 Produced by TBS」が東京都江東区のIHIステージアラウンド東京にて開幕します。
初日の公演に先駆け2018年9月9日(日)、囲み取材と公開稽古が行われましたのでその模様をお伝えします。

囲み取材の様子

登壇されたのは、ランダムスター/マクベス魔Ⅱ夜役の尾上松也さんと、ランダムスター夫人/ローズ/村木B役の大原櫻子さんの2名。

間も無く公演開始です、意気込みをお願いします

尾上さん「劇場に入って今、4日目なんですけど、稽古場では理解出来なかった事が体で実感出来る様になって来て、やっぱりこの劇場のスペシャル感というのを肌で感じていまして、でもそれだけにお客様に楽しんで頂ける要素満載の劇場だなという風に思いましたので、稽古残り一週間ですけど、初日まで出来る事を皆で一所懸命、初日には大盛り上がりで皆さんに楽しんで頂ける様に僕達も楽しんで出来る様に稽古に励みたいなと思います。」

大原さん「先日、disc1の期間の終わりの方でご挨拶に行って、めぐみさんとさとしさんから凄くエネルギーを頂いたので、そのエネルギーを後一週間後、この素敵なキャストとスタッフの皆さんと一緒に迎えられるのかという。でもまだ実感が無いですね。まだ後一週間位、稽古出来るのかという安心はあります。disc1のカーテンコールを客席で見させてもらったんですけど、disc1のキャストの団結力というか、凄いエネルギーを貰ったなと思って。後は濱田さんとも連絡させて頂いて、「死ぬ気で頑張ってね!死ぬ気で応援するから!」というメールを頂きました。」

回転式劇場で苦労する点はありますか

尾上さん「例えば舞台上正面に立っているだけで、気づくと後ろの舞台装置が回転して変わっているとかいうのもあるし、端から端まで歩いている内に舞台機構が移動して扉が開くと変わったりとか、その間に芝居があったりとか、タイミングも何処でどのように客席とリンクして周るのかという、やっぱり此処に入ってみないと分からない所は有るし、何より裏側が円周250m有り、お客様的にはあっという間に転換が成されるんですけど、裏では僕らは装置の間を行き来しなければ成らないので、お芝居が終わった後に移動する時の距離とか予想以上にハードだったりするので、実は一番裏側の方が驚きました。移動は常にダッシュでスタッフさんは1公演で2万歩歩いていたと言ってましたから相当な距離ですね。「髑髏城の七人」に出ていた皆はこの劇場に出るだけでどんなに食べても痩せていったとという風にいっていましたので、走るだけでなく舞台に出ればお芝居も殺陣もありますし、それぞれノンストップで4時間近く稼動し続ける、中々他の劇場では体験出来ないハードなものがあるでしょうね。」

 

メタルという音楽についてはいかがでしょうか

尾上さん「いやもう楽しいですよ。浅くではありますがメタル・ロックも自分の中では通ってきたと思っているので、そういう意味では今まで歌ったことの無いような曲調に載せて歌うのは気持ち良いですし、何よりもこの劇場でロックの音楽を聴くと物凄くテンションが観てるお客様も、やっている方もアガるので、それは一緒に共有出来たら楽しいだろうなという風には思いますね。」

大原さん「客席で稽古とかもよく見ているんですけど、この劇場に入ってから生バンドなのでより激しさと言うか、音楽が体で鳴っている感覚というのが凄く味わえたので、これはこの劇場ならではで、メタル・ロックを聴けるというのは物凄く特別な事だなと改めて思いました。」

夫婦役という事でお互いの印象をお願いします

尾上さん「いやもう見事に導いて頂いてますよ。私がキッカケ等忘れる事が多くございまして。その都度、奥様が腰をトントンと叩いてドンドンと引っ張って頂いてます。歳は10歳違うんですけど、それだけ牽引力が有り引っ張られるというか。役的にも主導権が強く、これは狙った訳ではないんですけども稽古場で作って行く中で、演出のいのうえさんの方からもニュアンス的には、「歳は全然上なんだけれども、グイグイと引っ張られている感じ」というのが自然と出て来ているので、それは僕にとっては凄く心地よくさせて頂いております。」

大原さん「凄い優しい方なので。でも、ワザと優しくされてるのかなと思う時が有りますね。それ位、年上の先輩の俳優さんだからこんなに私が我儘にやらせてもらっているんだなと、思いますね。」

歌舞伎と比べてどう違いがありますか

尾上さん「稽古の期間で言ったら全然違いますし、僕等の歌舞伎は稽古期間が少ないです。毎回どの公演もそうですけど歌舞伎云々では無く、余裕を持ってどんな公演に出ても、最終的には何時も初日前まで「ヤベぇ…出来んのかな?これで大丈夫なのかな?」とギリギリな事が多くて、余裕を持って「よし!これで全然大丈夫!」って思ってやれた事が一度も無いので、何かそういう風な緊張感を持ちながら初日を迎えるのが良いんじゃないかと思うんですけどね。」

最後に見所をお願いします

尾上さん「役的には、過去と未来のランダムスターとマクベスの二役という事なんですけども、過去と未来を行き来するというのが、この劇場ならではの特長とこの作品に凄く合っていると思いますし、その融合と何よりメタル・ロックの音楽に身を委ねて頂きながら、世界中で探してもメタル・ロックに合わせてシェイクスピアのマクベスを作った事なんてこの作品しかないと思うので、唯一無二の作品を楽しんで頂ける様に頑張りたいなと思います。」

大原さん「本当に映像も豪華ですし、音楽も勿論そうなんですけど、本当に台詞が面白いというか、宮藤官九郎さんの書いた脚本の台詞のやり取りが本当に一つ一つ面白いので、是非、笑って楽しんで頂きたいと思います。」

公開ゲネプロの様子

西暦2218年――。たくさんの死体、おびただしいゴミ、廃棄物で埋め尽くされた瓦礫の荒野。
長く続いた醜い戦争でほとんどの人間が死んだにもかかわらず、ここでは今もフェンダー国とギブソン国、そして新興勢力のESP国が戦いの火花を散らしていた。

そんな中、ESP国が誇る無敵の将軍・ランダムスターは過酷な戦いを終え、盟友のエクスプローラーと共にESP国のレスポール王の居城、通称“鋼鉄城”に向かっていた。

そこにいきなり怪しげな3人の魔女が出現し、将軍に向かってなぜか<マクベス>と呼びかけて「あなたはマホガニーの領主となり、いずれは王になる」と予言めいた言葉を発し、「あなたの知りたいことはすべてこのコンパクトディスクの中にある」と1枚のCDを差し出す。それは、1980年代に活躍したヘビーメタルバンド、“メタルマクベス”のデビューアルバムだった。バンドメンバーの写真をよく見ると、ボーカルの<マクベス>はランダムスターに、<バンクォー>はエクスプローラーに、<マクダフ>は同じくESP軍のグレコにそっくりで、驚くランダムスターたち。

国に戻ってみると、マホガニーの領主は密かに軍を裏切っていたことが発覚したことから処刑され、魔女の予言通りにランダムスターが新たなマホガニーの領主となることが決まっていた。
自らの城に帰ったランダムスターは愛する妻に、魔女に予言をされたこと、翌日にはマホガニー城で記念の宴が行われることを告げる。すると彼女は、魔女たちの予言を現実にして王座を奪おう、そのためには宴の夜にレスポール王を暗殺してしまおうと夫をたきつける。

翌日、レスポール王とその息子のレスポールJr.や友人たちを招いて、盛大に宴が催される。深夜、城の一室で就寝中の王のもとへ向かうことに迷いを見せ始める夫に、計画を実行するようにと強くけしかける妻。
しかも息子のレスポールJr.が下手人だと疑われるように画策もするが、不穏な空気を感じ取ったグレコはレスポールJr.をなんとか城から逃がす。
王殺害に成功し、まんまと権力の座を手にする夫妻。しかし罪の意識に苛まれ、一切眠ることが出来なくなってしまう。

一方の、1980年代の世界では――。
メジャーデビューを果たし<ローズ>という敏腕バンドマネージャーも付いた“メタルマクベス”だったが、徐々にヘビーメタルブームは陰りを見せ始めていく。焦燥にかられた<マクベス>は、結成5年目を迎える頃にはゴシップ的な話題づくりが必要だと思いつめ、常軌を逸した行動に出る。精神を病んでいく<マクベス>と<ローズ>のやりとりは、2218年の世界を生きるランダムスター夫妻の会話へとシンクロしていき、やがて黒い野望に憑りつかれた2人は周囲の人々の運命をも巻き込みながら、破滅への道を疾走し続けるのだった――。

公開稽古で披露されたのは第一幕のみ。注目の第二幕と結末は是非、劇場で。

 

【「ONWARD presents 新感線☆RS『メタルマクベス』disc2 Produced by TBS」公演概要】

公式ホームページはこちら

<公演期間>
2018年9月15日(土)〜10月25日(木)

<会場>
IHIステージアラウンド東京

<公演時間>
約4時間(20分間の途中休憩を含む)
※稽古期間中の為、未確定。多少前後する場合有り。

<料金>
13,500円(全席指定・税込)※未就学童児入場不可

<出演者>
ランダムスター/マクベス魔Ⅱ夜:尾上松也
ランダムスター夫人/ローズ/村木B:大原櫻子
レスポールJr./元きよし:原嘉孝(宇宙Six/ジャニーズJr.)
グレコ/マクダフ浅利:浅利陽介
グレコ夫人/シマコ/林:高田聖子
パール王/ナンプラー:河野まさと
村木/医者:村木よし子
エクスプローラー/バンクォー岡本:岡本健一
レスポール王/元社長:木場勝己
門番:逆木圭一郎
伝令係ヤマハ:インディ高橋
森/老婆:保坂エマ
トーカイ:市川しんぺー
徳永君/杉:徳永ゆうき
マーシャル:伊藤玻羅馬
ローマン/ユウキ:常川藍里

蝦名孝一
大久保芽依
落合悠介
狩野新之介
岸波紗世子
嶌村緒里江
鈴木悠華
武市悠資
西田健二
本多陽葉
本多玲菜
渡部又吁
武田浩二
加藤学
川島弘之
南誉士広
藤田修平
森大
渋谷亘宏
下島一成

『ミュージシャン』
髙井寿(guitars)
滝和祥(guitars)
大桃俊樹(bass)
雨宮直人(drums)
松﨑雄一(keyboards)

<STAFF>
原作:ウィリアム・シェイクスピア「マクベス」松岡和子翻訳版より
作:宮藤官九郎
演出:いのうえひでのり
音楽:岡崎司
振付&ステージング:川崎悦子
美術:堀尾幸男
照明:原田保
衣裳:伊賀大介
音響:井上哲司
音効:末谷あずさ、藤森直樹
殺陣指導:田尻茂一、川原正嗣
アクション監督:川原正嗣
ヘア&メイク:宮内宏明
小道具:高橋岳蔵
特殊効果:南義明
映像:上田大樹
大道具:俳優座劇場舞台美術部
歌唱指導:右近健一
演出助手:山﨑総司、加藤由紀子
舞台監督:菅田幸夫、芳谷研
宣伝美術・宣伝画:河野真一
宣伝写真:岡田貴之
宣伝衣裳:伊賀大介
宣伝ヘアメイク:宮内宏明
宣伝小道具:中田彰輝
宣伝:脇本好美、浅生博一、長谷川美津子 ディップス・プラネット
キャスティングアシスタント:細野博幹
協力:松竹株式会社
制作助手:坂井加代子、泉野奈津子、中柄毅志、竹内舞
デスク:高畑美里
制作:辻未央、伊藤宏実
制作プロデューサー:細川展裕、柴原智子
主催:TBS/ディスクガレージ/ローソンエンタテインメント/電通
特別協賛:株式会社オンワードホールディングス
後援:BS-TBS/TBSラジオ
制作:ヴィレッヂ
企画・製作:TBS/ヴィレッヂ/劇団☆新感線

Produced by TBS Television, Inc., Imagine Nation B.V., and The John Gore Organization, Inc.

©1995-2018, Tokyo Broadcasting System Television, Inc. All Rights Reserved.

 - 舞台