コンフェティ
世界のエンターテイメントの“今”をお届け!

『「新・幕末純情伝」FAKE NEWS』制作発表・稽古場公開!

1988年、角川書店より発刊された、つかこうへい作の小説「幕末純情伝―龍馬を斬った女―」。

幕末の京都を舞台に、新撰組の沖田総司が実は女だったという、つかこうへいのユニークな着想のもと、1989年8月渋谷のPARCO劇場にて開幕。

それ以降「熱海殺人事件」「飛龍伝」と並ぶ、つか氏の代表的作品として愛され、これまで幾度となく上演され続けていて、主演の沖田総司役を、平栗あつみ、牧瀬里穂、広末涼子、石原さとみ、桐谷美鈴、元SKE48の松井玲奈等、名だたる女優達が演じており、新人女優の登竜門とされている作品です。

そして、つかこうへい生誕70年にあたる今年、命日でもある7月10日を挟み、つかこうへいの本拠地紀伊國屋ホールで生誕70年記念特別公演として『「新・幕末純情伝」FAKE NEWS』を上演することが決定しました。

今回、紅一点、沖田総司の十代目を引き継ぐのは、今春AKB48グループを卒業したばかりのNGT48元キャプテン北原里英。演出には、フジテレビドラマ制作部ゼネラルディレクターで、日本のトレンディドラマの産みの親である河毛俊作氏が、全く新しい観点からつか文学の立体化にあたります。

そして河毛俊作氏の斬新な作品作りのために、若い実力派の俳優が集結。
沖田総司の相手役、坂本龍馬には、今年の「熱海殺人事件」でその実力を見せつけた、味方良介、さらには昨年ノンバーバル劇「アラタ」に鮮烈な登場をはたし、その殺陣の腕前を披露した小松準弥、若手俳優の中ではもはや重鎮に成長した細貝圭、そして2,5次元演劇で活躍する田中涼星、戦国BASARAの真田幸村役でお馴染みの松村龍之介、α-X’s(アクロス)を卒業したばかりの増子敦貴、など若々しくみずみずしい俳優陣に囲まれて、新しい沖田総司、北原里英が女優として開花していく姿は、観る者に新たな感動を与えてくれることでしょう。

2018年6月10日(日)、都内某所にて製作発表及び、稽古場公開が行われました。

公開稽古の模様

公開稽古に参加されたのは沖田総司也役の北原里英さん、坂本龍馬役の味方良介さん、土方歳三役の小松準弥さん、桂小五郎役の田中涼星さん、岡田以蔵役の松村龍之介さん、新撰組隊士二宮役の増子敦貴さんの6名+アンサンブル。

男性陣は作品キービジュアルに準じたタキシード姿で登場。

各人物の登場シーンをメインとする、約7分間のダイジェスト版が演じられ、熱気を帯びる稽古場。

この製作発表が行われた日の時点で、稽古を開始してなんとまだ4日目。
完全に殺陣初心者である北原さんを筆頭に、各出演者出来る限りを演じます。

特に坂本龍馬役の味方さんは、登場のド頭から1分半以上の超ロングな台詞が有り、もはや落語の“寿限無”状態。今日は噛みましたが本番では噛みません!と高らかに宣言されました。

製作発表の模様

公開稽古終了後は、演出家の河毛俊作さんも登壇し製作発表へ。

河毛さんは、「僕はつかさんを本当に良く存じ上げておりますけど、この度、「幕末」をやらしていただくという事で、本当に毎日楽しく稽古をしています。どうかよろしくお願いします。」と挨拶され、続いて北原さんは、NGT48卒業後初舞台だが現時点での共演者印象や、自分の気持は?という問いに「舞台のお稽古、というモノ自体も初めてだったので何からやるのか分からないまま、稽古場に入らせて貰ったんですけども、舞台の世界は厳しいイメージだったので最初は直ぐ挫折して嫌になっちゃわないか心配だったんですけど、凄く楽しいです。皆さんすごく優しいので甘えさせてもらってるし、何より楽しいです。今までは女の子ばかりの所でやって来たので、男性ばっかりというのは慣れないんですけど、実は今日、こうして製作発表で並んでいる中で河毛さんを除いたら、私が一番年上なんですよ。なので逆に年下の男の子達にどう接して良いかという所をちょっと悩んでいるんですけど…。」と悩む北原さんに河毛さんが「本人が緊張しているという事もあるが、気負わずにスッと男ばかりの中に入って来て、皆で北原の事をなんて呼ぼうか?となった時に、結局「原ちゃん」になり、原ちゃんというニックネームは本人が絶対に認めていないんだけど、本人自ら、「原ちゃん待ちですか?」みたいな感じで和気藹々な感じです」と見事にフォロー。

その原ちゃんの相手役として味方さんは、「僕はつかさんの作品を初めてやらさせていただいたのが、二年前の『新・幕末純情伝』の桂小五郎という役をだったんですけども、このメンバーの中では、つか作品を経験した者として、教えられた物を皆さんに伝えていく、この世代が次のつかこうへいさんの想いを背負って行ける様に僕等でやっていけたら良いなと思いながら稽古しているんですが、いかんせんまだ4日目で…。この坂本龍馬もかなり偉大な役というか、色々と沢山の物を背負った役なので、その名に恥じる事は絶対にしないんですが、“こいつがやったらこんな風になるんだ”という新しい坂本龍馬を作り上げ、そして何より、総司が美しく輝く為に死んで行きたいなと思っております。」とコメント。

その龍馬を支える岡田以蔵役の松村さんは「稽古場の雰囲気が初日から凄く熱が篭っていて、皆さんの熱量に負けない様にお互いに切磋琢磨している凄く雰囲気の良い稽古場でして。個人的には、岡田以蔵として坂本龍馬先生を愛し、いち俳優として味方良介を愛していこうと僕は稽古を重ねながら思っていますので、(味方さんを見ながら)よろしくお願いします。」とラブコール。

小松さんは「総司が一番最初に恋をするのが、土方歳三なんですけど、其処から恋を育んで、そこからどんどん、龍馬だったり桂さんに惹かれていく総司を見て、そこから感情の変化があると思うんですけど、そういう所をしっかり丁寧に泥臭く演じていきたいなと思います。」と話され、田中さんは「稽古初日に熱くなってトバし過ぎて声がガラガラになってしまって、それ位、気合が入っている感じなんですけども、前回、桂小五郎を演じた味方くんが居るので、アドバイスやお稽古をしてくれるので、感謝感激という感じで。それをちゃんと受け止めて、自分なりの桂小五郎を作り上げていけたらなと思っています。」と続きました。

二宮を演じる増子さんは「二ノ宮は凄い夢を持っている青年で僕も二ノ宮に成りきってありのままの僕でやりきりたいと思います。あと、“原ちゃんさん”にこの間、休憩中にスティック状のメロンパンを頂いたんですよ。とても優しかったです。」と既に交流がある様子。

最後に意気込みとして北原さんは、「今回記念すべき、十代目沖田総司をやらせて頂きますし、つかこうへいさんの70歳の御誕生日も公演期間中に来るので、今までよりも、より一層、パワーアップした物を見せなければいけないなと、思っておりますし、河毛さんを迎えて『新・幕末純情伝』なので、全く新しいモノになったら良いなと、思っています。河毛さんが今回はちょっと「ハードエロティック」な部分を出していきたいと言ってらっしゃったので、今までの『新・幕末純情伝』のどの沖田総司よりも、一番、“抱きたい”沖田総司になれるように、頑張って行こうかなと思いますので、皆さん是非楽しみにしていて下さい。これからの稽古、皆で一丸となって頑張っていきます。」と述べました。

製作発表終了後、囲み取材が行われ、河毛産への質問の中で、北原さんの沖田はどうか?という質問に「僕は稽古が始まる前に始めてお会いした時から、自分の中の沖田総司のイメージにとても合っている方だなと思って、それは、僕の中で沖田総司って、目と唇なんですね。つかさんの作品のヒロインって、自分の中で一つのイメージって有るじゃないですか。それを壊していくのも仕事だし、受け継いで行くのも仕事だし、その二つを同時にやらなければいけない苦しみが、つかさんの芝居の演出をするという事だと思うんですよね。その“素材”としてと言ったら何ですが、北原さんの沖田というのは、凄く自分としてやりがいがある印象です。」と答えられました。

先程の「ハードエロティック」とは?との問いに「沖田総司って、女性として色々な面を持っていて、どこかで「天使と悪魔」の間を行ったり来たりするような所があって、男を嫌がうえにでも魅了する、いわゆる“向こう”の映画や文学で言う「Femme fatale」ってヤツですよね。宿命の女。そういう要素を大切にしたいという意味ですかね。良からぬ首をくれみたいな。そういう所がつかさんのヒロインに対して自分の中では有るんですね。」と、つか作品の奥深さを話されました。

【公演概要】

公式ホームページはこちら

<公演期間>
2018年7月7日(土)〜7月30日(月)

<会場>
紀伊國屋ホール

<料金>
7,500円(全席指定・税込)※未就学児童入場不可

<出演者>
沖田総司:北原里英
坂本龍馬:味方良介
土方歳三:小松準弥
桂小五郎:田中涼星
新撰組隊士二宮:増子敦貴
岡田以蔵:松村龍之介
勝海舟:細貝圭

久保田創
大石敦士
須藤公一
山田良明
榛葉恵太
大西けんけん
岡元次郎
佐藤賢一

<STAFF>
作:つかこうへい
演出:河毛俊作
脚本:渡辺和徳
音響:山本能久
照明:熊岡右恭
映像:ムーチョ村松
舞台監督:中嶋武
宣伝美術:山下浩介
宣伝写真:神ノ川智早
宣伝衣裳:佐藤美保子
宣伝ヘアメイク:アートメイクトキ
提携:紀伊國屋書店
協力:つかこうへい事務所
制作:アール・ユー・ピー プラグマックス&エンタテインメント
主催:エイベックス・エンタテインメント

 - 舞台