コンフェティ
世界のエンターテイメントの“今”をお届け!

『ダイハツ キュリオス』日本公演レッドカーペットイベント開催

シルク・ドゥ・ソレイユ創立30周年記念作品並びに、フジテレビ開局60周年事業『ダイハツ キュリオス』の東京公演が初日を向かえ、これを記念した、日本公演のグランドオープニングレッドカーペットイベントが、東京都江東区のお台場ビッグトップにて行われました。

この日を待ちわびた大勢のファンと、報道陣が見守る中、MCの呼び込みで最初に登場したのは、橋本環奈さんとキャイ~ンの天野ひろゆきさん・ウド鈴木さんの3名。

橋本さんとウドさんはカナダのバンクーバーにて、キュリオスの海外公演を一足先に観覧したとの事で、「本当に間近で見る迫力であったり、何度も見たくなるので、やっと日本で開幕してくれたという感じ」と橋本さんのお答え。

ウドさんは「環奈さんと同じです!」と即答。天野さんは「シルク30周年記念のこれぞ、シルク・ドゥ・ソレイユという作品だと思います。」と話されました。

続いての登場は藤田ニコルさん、チャラン・ポ・ランタンのももさん・小春さんの3名。

御三方は、一足先にビッグトップのテントの中へ入られたそうですが、感想は「テントの中は凄いファンタジーな空間で、ここで“起こるんだ”と思って。私も初めて見るので凄く楽しみです。パンフレットを見たんですが、やっぱり、キャラクター達の衣裳が凄くお洒落でカワイイので注目して欲しい」と藤田さん。

チャラン・ポ・ランタンのお二人は、2月6日の公開リハーサルを見学し、演目「シアター・オブ・ハンズ」の客席パフォーマンスに参加され、「ステージを降りて、私達の頭の上にまで来ちゃってドキドキ。頭の上でバカンスが繰り広げられて。」と大満足。

小春さんは「私が7歳の時、「アレグリア」のアコーディオンを始めたきっかけになったので、シルク・ドゥ・ソレイユには本当に感謝していて、スペシャルサポーターになれて嬉しい。」と、答えられました。

3組目の登場は、『ダイハツ キュリオス』のイメージソング「Step into my party」を歌う、EXILE THE SECONDのメンバーの皆さん。

「この地にビッグトップのテントが立つと、ワクワクするというか、興奮してくるんですけど、今日は初日という事で、僕らもずっと楽しみにして来たのでステージを余す事無く、全てのパフォーマンスや装飾を楽しみたいと思います。」とTETSUYAさん。黒木さんとNESMITHさんは、バンクーバー公演を観覧されたそうで、NESMITHさん「装飾であったり、衣裳であったり、音楽であったり、色んな物が素晴らしかったですが、何よりも、会場に来てくれる皆様も楽しめるシーンが有るので、日本人の方は恥かしがり屋だったりする所もあったりしますが、積極的に参加していただいて、キュリオスの世界観を体感して頂きたいと思います。」とプッシュしまくりです。

『ダイハツ キュリオス』日本公演へのメッセージは橘ケンチさんから。「シルク・ドゥ・ソレイユ30周年記念公演という事で、間違いなく素晴らしい作品になってると思いますので、好奇心を持ってワクワクしながら会場にいらっしゃる皆さんと一緒に楽しみたいと思います。」

4番目の登場は、LiLiCoさんとサンドウィッチマンの伊達みきおさん・富澤たけしさんの3名。

LiLiCoさんは伊達さんの顔立ちが芸能界で一番カッコイイ男性と絶賛。面と向かうとキスしちゃいそうと絶賛。見所は「やはりシルクは、人間離れした凄く大きなパフォーマンス。“これが精一杯でしょ”と思っていたら、そこからまた出来ちゃう。そして今回は小道具、演目合間のコミックアクト、派手なパフォーマンスのドキドキワクワク感と対比的に“笑える”部分が魅力です。そして、キャストの皆さんが日本語を勉強していると聞いたので、どんな風に面白ネタを入れてくるのか楽しみです。」

伊達さん「LiLiCoさんに言いたい事全部言われちゃった。僕らはまだ見ていないんですが、指でやる奴(シアター・オブ・ハンズ)。これだけのお客さんを入れる大きな会場で指で演技する、何でまた指でなんだと思いますが、凄く楽しみです。」そして富澤さん「さっき公演楽しみだなってLiLiCoさんと話をしたら、ほぼ公演内容を言われたので、テンション下がってるんですけど、それを“超えて”きてくれると思うので。」LiLiCoさん「どんなに何を言っても”それ以上”です。必ず上回って来ます。世界一のパフォーマーが集まっています。別世界に足を踏み入れましょう。」と熱が入っていました。

続いて5組目の登場は、篠原涼子さん。

篠原さんは公開リハーサルを見学されたそうで「シルク・ドゥ・ソレイユが大好きだったので、待ちに待った念願のという感じです。今までとは違った、見応えのあるこのキュリオスが楽しめるんじゃないかなとワクワクドキドキしながら拝見させて頂きました。

家族でシルクのファンで子供が凄く好きなので、家族で必ず来る様にしていて今回も必ず伺いたいなと思っています。今日は初日という事で、凄く楽しめると思いますのでどうぞ皆さん、堪能していって下さい。」と御家族での来場を話されました。

そして最後は、『ダイハツ キュリオス』の応援団長、小倉智昭さんの登場。

「シルク30周年に相応しいステージなるなと思って楽しみにしています。アメリカのポートランドに行って見てきたんですけど、お世辞抜きに今回のキュリオスは本当に良く出来ている。30周年に相応しい演目がズラッと並んでいて、今まで御覧になった演目もあると思うんですけど、それがコンパクトにギュッと詰められていて、最初から最後まで本当に飽きさせない。今回はどれが良いとか、これが良いとかって言うのは失礼な程、皆面白い。個人的に好きなのは、透明人間のサーカス(インビジブル・サーカス)。透明人間がサーカスをやるんですよ。笑える。是非それは見てのお楽しみに。」と締めくくられました。

最後は小倉さんの呼び込みでスペシャルサポーターの皆さんが会場の中へと入っていきました。

【ダイハツ キュリオス日本公演概要】

公演期間:2018年2月7日(水)~
公演地:東京・大阪・名古屋・福岡・仙台

公式ページはこちら

【ダイハツ キュリオス東京公演概要】

<公演期間>
2018年2月7日(水)~7月8日(日)

<会場>
お台場ビッグトップ

<料金>
◆平日
SS席:大人 ¥12,500 学生 \11,500 子供 \8,500
S席:大人 \10,000 学生 \9,000 子供 \6,500
A席・車イス席:大人 \6,500 学生 \5,500 子供 \4,500
SS席オリジナル特典付:\20,000

◆土日祝
SS席:大人 ¥13,500 学生 ¥12,500 子供 \9,500
S席:大人 ¥11,000 学生 ¥10,000 子供 \7,500
A席・車椅子席:大人 \7,500 学生 \6,500 子供 \5,500
SS席オリジナル特典付:\21,000

※SS席オリジナル特典付チケットには、特別なプレゼントが付きます。特典内容は御購入者様限定の特性オフィシャルプログラムや非売品のグッズとなります。
※演出機材により。舞台の一部が見づらい席がございます。
※都合により公演の内容を一部変更する場合がございます。詳細及び注意事項は公式HPを御覧下さい。

【ダイハツ キュリオス大阪公演】

<公演期間>
2018年7月26日(木)~10月29日(月)

<会場>
中之島ビッグトップ(特設会場)

<料金>
◆平日
SS席:大人 ¥12,500 子供 \8,500
S席:大人 \10,000 子供 \6,500
A席・車イス席:大人 \6,500 子供 \4,500
SS席オリジナル特典付:\20,000

◆土日祝
SS席:大人 ¥13,500 子供 \9,500
S席:大人 ¥11,000 子供 \7,500
A席・車イス席:大人 \7,500 子供 \5,500
SS席オリジナル特典付:\21,000

【ダイハツ キュリオス名古屋公演】

<公演期間>
2018年11月22日(木)~2019年1月27日(日)

<会場>
名古屋ビッグトップ(ナゴヤドーム北)

<料金>
◆平日
SS席:\12,500
S席:\10,000
A席・車イス席:\6.500
グループチケットSS席(4席):\42,000
グループチケットS席(4席):\33,000
SS席オリジナル特典付:\20,000

◆土日祝
SS席:\13,500
S席:\11,000
A席・車イス席:\7,500
グループチケットSS席(4席):\46,000
グループチケットS席(4席):\37,000
SS席オリジナル特典付:\21,000

※団体券及び当日券購入のお客様へのグループチケットのお取り扱いはございませんのでご了承下さい。

【ダイハツ キュリオス福岡公演】

<公演期間>
2019年2月15日(金)~2019年3月31日(日)

<会場>
福岡ビッグトップ

【ダイハツ キュリオス仙台公演】

<公演期間>
2019年4月~

<会場>
仙台ビッグトップ

 

 - 舞台, シルク・ドゥ・ソレイユ