コンフェティ
世界のエンターテイメントの“今”をお届け!

 B-PROJECT on STAGE『OVER the WAVE!』【LIVE】Blu-ray/DVDリリース前夜祭応援上映会開催!

総合プロデュースに西川貴教さん、企画・原作に志倉千代丸さん、キャラクターデザインに雪広うたさん、といった豪華制作陣と株式会社MEGASが手がけるアイドルプロジェクト、「B-PROJECT」。

2015年9月にプロジェクトがスタートし、4グループ(キタコレ、THRIVE、MooNs、KiLLERKiNG)からなるユニットです。
B-PROJECTとしては勿論、各グループからもシングルを現在3枚リリース。リリース毎に熱狂的なファンを生み、オリコンチャートを賑わせています。

そして、2017年7月19日には、待望の1stアルバム「S級パラダイス」をリリースしました。
2016年7月から9月までテレビアニメがTOKYO MX他にて放送され、人気・知名度が急拡大。第二期目の制作も決定しています。《さまざまなメディアを巻き込むアイドルエンタテインメントストーリーズ》という作品観を重視し、出演声優がパーソナリティを務めるLOVE&ARTチャンネルニコ生ラジオ「ガンダーラBB+」も大人気。

ライブも開催した他、コミカライズ、ゲームに至るまでのメディアミックスが図られている、今、話題沸騰のプロジェクト、通称「Bプロ」。

そして、2017年8月にZeppDiverCityにて開催・収録された、B-PROJECT on STAGE『OVER the WAVE!』【LIVE】のBlu-ray/DVDが、1月24日(水)に発売される事を記念して、リリース前夜祭として「応援上映会」が東京都新宿区のTOHOシネマズ新宿スクリーン9にて行われました。

この日を待ち焦がれた熱心ファンと報道陣でTOHOシネマズ新宿のスクリーン9は熱気ムンムン。
ペンライトを手に今か今かと待ち構えるファンの前に舞台挨拶に登壇されたのは、是国竜持役のとまんさん、金城剛士役の岸本勇太さん、野目龍広役の千綿勇平さん、寺光唯月役の大海将一郎さんの4名。

自己紹介の後、B-PROJECT on STAGE『OVER the WAVE!』を終えての感想は?と聞かれ、大海さんは「こうしてありがたい事に、REMiXという再演が決まりましたが、今でこそ、こうして喋れますけど最初はどうだった?」と答え、とまんさんは「最初は、本稽古が始まる前に振り入れや歌の練習をする事前稽古が有ったんですけど、皆、初対面で喋れず、グループ云々とかではなく、本当に誰も喋れませんでした。」と答え、千綿さんは「誰も喋らない中、歌の先生が気を利かせて下さって、ゲームをしてくれました。」と答え、とまんさんは「声を出すように“お尻歩き”をしながら、ハイ!ハイ!ハイ!と言わなきゃいけない、というのを2チームに分かれて負けた方が一発ギャグをやるというルールでやったんですけど、」と答え、千綿さんは「当時まだ、皆、仲が良くないので応援したりするのもどの位の熱量でやって良いのか分からない中、ただ一人、“オイ!もっと来いよ!!”と言っている奴が居て、「この人大丈夫かな?」って大海君を思いました」と答え、大海さんは「みんな怖いのよ。」と答え、とまんさん「大海君も怖かった。何か言われると、返事が全て“ハィィッ”っと、高い声を出す人でずっと静かだし、“この人どうしたんだろう?”と思って。」

岸本さんは「僕が覚えているのは、大海君が三谷怜央君に振付を聞いていたんですよ。その聞いている時の距離感が異様に近い。それを思い出しました。」と答え、とまんさんは「僕の個人的な意見なんですけど、MooNsのメンバーが凄く頑張っていて、皆、未経験者でダンスや歌を一から頑張ってました。稽古中もだし、本番始まってからもVS曲の「SUMMER MERMAID・Twinkle Bingo」の曲終わりではける時に、毎回、千綿君が僕の方を見て“俺の事見てたかお前”みたいな感じで、僕がOK!って感じで。」「でも実はあんまり千綿君のこと見てなかった。本当はKiLLERKiNGとかの上手いメンバーの踊りをみていました。」と答え、岸本さんは「THRIVEはやっぱり富さんですよ。色々やってくれました。出番直前に手袋を着け忘れてて、見たことが無いほど大急ぎで手袋をはめて出てった事も有ります。」

再演についての意気込みは?と聞かれ、とまんさんは「僕はまだ稽古が始まっていない状態で、これからどう作り上げて行こうかなという自分のモチベーションだったり。前よりもメンバーと仲が良いですし、B-PROJECT自体のことも凄く好きになっているので、もう“楽しみ”しかないって、個人的には思います。なので、早く始まらないかなと、ずっとそわそわしています。」と答え、岸本さんは「THRIVEは事前稽古が始まっていて、過去の振付の覚え直しや新しい振り入れもしているんですが、今、とまんも言っていましたが、距離感と言うか関係位置が出来上がって来ているので、練習が凄くスムーズに進みますし、今回「RIMiX」と言っているので、前作を必ず上回りたいと僕自身思っているので、楽曲とか新しい自分をお見せできたらと思っていますので、皆さん楽しみにしていて下さい。」と答え、千綿さんは「僕はまだ稽古が始まっていなくて、今回MooNsのメンバーで2人ほどキャストが変わるのですが、前回までのMooNsも勿論、そうなんですけど、今回は前回とはまた違った魅力を5人で出して行けたらなとおもっています。B-PROJECTはお客様との距離が凄く近い舞台なんですね。ですので、お客さんと僕らが一緒になって作っていく舞台だと僕は思っているので、是非、劇場で一緒に舞台を作り上げましょう。よろしくお願いします。」と答え、大海さんは「今回“REMiX”という事で、あえて再演と言う言葉は使わず、しかも”REMiX“のiが小文字なんですよね。そこに皆さんなりの思いを込めて、小さな“i”を大きくしましょうという事で。前回よりもよりブラッシュアップして、皆これまで色々な現場を踏んできてパワーアップしていると思うので、そういった部分で、是非皆さんもパワーアップして劇場に来てください。ちょっといつもよりカロリー高い物を食べて、マッチョになって来て下さい!本当に僕達も凄く楽しみですので、是非皆さんのその気持ちを共有して「REMiX」頑張りたいと思いますので、よろしくお願いします。」と答えられました。

直後に、スクリーンに新作のメインビジュアルが本邦初公開。
登壇者の4名は見入っていました。

そして2月22日より公演開始予定のB-PROJECT on STAGE 『OVER the WAVE!』REMiXより、北門倫毘沙役の木村 敦さん、音済百太郎役の小西成弥さん、王茶利暉役の松本ひなたさんの3名が続いて登壇。

MCより、新キャストの3人は先輩キャスト4名とは初対面か?と聞かれ、3人共、「そうですね」と答え、先輩4人も同じ答え・・・かと思いきや、約1組、初対面では無いキャスト同士が。

実は大海さんと松本さんは別の舞台で3作品連続で共演されており、息はぴったりの様子。
新キャスト3人に役が決まった時の心境は?と聞かれると、木村さんは「素直に滅茶苦茶嬉しかったです。ですがその先を考えた時に凄いプレッシャーを感じるようになったんですけど、そのプレッシャーの波も乗り越えて行けるように、キャストの皆と仲良くなって、スタッフの皆さんと、凄く良い舞台を作りたいと僕は思いました。」と答え、とまんさんは「仲良しなんですもんね。今日初めて会ったのに僕が敦君の事を“あっちゃん”って呼んだりして。」と答え、木村さんは「自己紹介する前からとまんさんの方から、“あっちゃん”って呼ばれて泣きそうになったんですよ。」と答え、松本さんは「本当に嬉しかったんですけど、嬉しさと同時に凄く責任があるな、と思って、プレッシャーと嬉しさの両方が有りました。」と答えました。

続いて新作B-PROJECT on STAGE 『OVER the WAVE!』REMiXの本邦初公開プロモーション映像がスクリーンに流されました。

報道陣のフォトセッション、来場したファンのサプライズフォトセッションが終わり、キャストによる挨拶コーナーへ。

松本さんは「今作の様に素敵な作品に出来る様に「REMiX」も僕ら全力を尽くして頑張っていきますので、皆様、どうぞ応援の程をよろしくお願いします。」と述べ、小西さんは「今回の「REMiX」から、参加させて頂くという事で、プレッシャーも不安もあるんですけども、自分なりに精一杯、音西を演じさせて頂ければなと思います。よろしくお願いします。」と述べ、木村さんは「この後、スクリーンにLIVE映像が流れるという事で、大いに盛り上がって頂いて、その熱を、次回作の「REMiX」の方でも僕達、発揮出来たらと思っておりますので、どうか、応援の程をよろしくお願いします。本日はありがとうございました。」と述べ、大海さんは「約1ヵ月後には初日の幕が開くという事で、本当に僕達も楽しみで、待ち遠しい気持ちで一杯です。なので皆さんもさっき言ったように、美味しい物を食べて、カロリーをバリバリに着けて、最高の熱量で観に来て下さい。僕達も負けない熱さと想いで頑張りますのでよろしくお願い致します。劇場で待ってます!」と述べ、千綿さんは「前回は夏の公演だったんですけども、今回は冬という事で、最高の冬に皆さんと一緒に僕達は「B-PROJECT」の舞台を作っていきますので是非是非、楽しみに待っていてください。本日はありがとうございました。」と述べ、岸本さん「本日はご来場ありがとうございました。新キャストの方々も一緒に一丸となって、「B-PROJECT」を盛り上げていきたいと思っていますので、皆様、是非是非、東京と神戸に遊びに来て下さい。今日はありがとうございました。」と述べました。

とまんさんは「本日はありがとうございます。これから稽古が始まりまして、また皆で14人と夜叉丸さん、大黒さんと一緒に僕らはまた進んでいきますので、今回は地方公演もありますので、前回見た方も見れなかった方も楽しめる様に頑張ってパワーアップして帰ってきますので、皆さん是非、会いに来て下さい。今日はありがとうございました。」と舞台挨拶を締め括られました。

場内が暗転し、いよいよ本日のメインイベント、応援上映のスタート。

ファンの皆さんはペンライトを手に推しメンバーを応援。その表情は非常に満足そうでした。

【次回公演】

公式ページはこちら

 

 

<公演日時>
東京公演:2018年2/22(木)~2/25(日)
神戸公演:2018年3/1(木)~3/3(土)

<会場>
東京:AiiA 2.5 Theater Tokyo
神戸:新神戸オリエンタル劇場

 

<料金>
プレミアム指定席(非売品グッズ付)¥11,000(税込)
一般指定席¥7,800(税込)

<出演者>
◆キタコレ
北門倫毘沙:木村 敦
是国竜持:とまん

◆THRIVE
金城剛士:岸本勇太
阿修悠太:三谷怜央
愛染健十:藤田 富

◆MooNs
増長和南:田口 涼
音済百太郎:小西成弥
王茶利暉:松本ひなた
野目龍広:千綿勇平
釈村帝人:平牧 仁

◆KiLLERKiNG
寺光唯月:大海将一郎
寺光遙日:滝澤 諒
不動明謙:大平峻也
殿弥勒:川上将大

◆OTHERS
夜叉丸朔太郎:井深克彦
大黒修二:五十嵐麻朝

<STAFF>
原案・原作:MAGES.
脚本:MAGES./香村純子
演出:伊藤マサミ
振付:Sup!!
主催:マーベラス/MAGES

© MAGES./STAGE B-PROJECT

 - 舞台