コンフェティ
世界のエンターテイメントの“今”をお届け!

舞台『クジラの子らは砂上に歌う』公演スタート!

2017年10~12月にTOKYO MX他でTVアニメが放送され、同年10月よりNetflix にて配信されている、秋田書店発刊のミステリーボニータにて、2013年6月より連載中の梅田阿比原作の人気漫画『クジラの子らは砂上に歌う』。

通称「クジ砂」と呼ばれる本作は、砂がすべてを覆いつくす世界・砂の海に浮かぶ巨船“泥クジラ”で暮らす人々の生き様を描く感動作。
2016年4月に初舞台化がなされ、今回待望の再演が東京都渋谷区のAiiA2.5 Theater Tokyoにて開幕します。

初日の公演に先駆け、初日挨拶と公開ゲネプロが行われました。

初日挨拶に登壇されたのは、赤澤 燈さん、前島亜美さん、財木琢磨さん、伊万里 有さん、有澤樟太郎さん、伊崎龍次郎さん、髙橋果鈴さん、大野未来さん、崎山つばささんの9名。

チャクロ役の赤沢さんは「初演から僕はチャクロという主人公をやらせて頂いてるんですけども、こうやって初演からアニメが放送され、舞台再演という事が、此処までこの作品が盛り上がっている事が、そして、こんなに素敵なキャストとスタッフさんと今こうして舞台『クジ砂』の再演を作れている事がとても奇跡的な事な事だなと僕は思っていて何より、感謝しています。今回の舞台はDVD化もされますし、大阪千秋楽にはライブ・ビューイングも決定しておりまして、沢山の人に観て頂けるという事で、胸がいっぱいです。この舞台を初演から背負ってきた身として、初演のメンバーの想いや、此処にいる皆と新しい再演の『クジ砂』を来てくれたお客さんの心の記録にずっと残るような舞台にしていきたいと思います。皆様よろしくお願いいたします。」と話されました。

 

 

 

 

ゲネプロの模様

砂がすべてを覆い尽くす世界。

砂の海に浮かぶ巨大な漂泊船”泥クジラ”で暮らす人々の多くは、感情を発動源とする超能力”サイミア”を操る短命の種族だった。

「下界から閉ざされた”泥クジラ”で短い一生を終える」

その運命を受け入れる少年チャクロは、ある日漂着した廃墟船の中で一人の少女と出会い、少年少女たちの運命は大きく変わっていく。生きるとは、感情とは…

人間のシンプルで根本的なテーマを問いかける話題の感動作―

“泥クジラ”の一員になりたいというあなた、是非、劇場へ。

千秋楽公演、ライブ・ビューイング実施!

2018年2月4日(日)に大阪 サンケイホールブリーゼで行われる、舞台『クジラの子らは砂上に歌う』大千秋楽公演のライブ・ビューイングが決定。「クジ砂」の世界観と舞台ならではの熱量をぜひ、映画館のスクリーンで!

 

詳細はこちら

【公演概要】

公式HPはこちら

<公演期間>
東京公演:2018年1月25日(木)~28日(日)
大阪公演:2018年2月2日(金)~4日(日)

<会場>
東京:AiiA 2.5 Theater Tokyo
大阪:サンケイホールブリーゼ

<公演時間>
約2時間5分(途中休憩無し)

<料金>
全席指定 7,900円(税込)
全席指定(非売品グッズ付き)9,500円(税込)

◆非売品グッズ

・クリアファイル 2枚組
・ランダムアクリルキーホルダー(全9種・シークレット梱包)

※ 全席指定(非売品グッズ付き)は、先行のみの販売となります。
※ 非売品グッズのアクリルキーホルダーは入場時にランダムにお配りしますので、種類はお選び頂けません。
※ 非売品グッズは公演当日、会場にてお引き換え下さい。
※ 非売品グッズは各会場にて公演期間中のみのお引渡しとなります。各会場公演期間以降のお引渡しはできませんのでご了承ください。

<出演者>
チャクロ:赤澤 燈
リコス:前島亜美
オウニ:財木琢磨
オルカ:伊万里 有
シュア:有澤樟太郎
リョダリ:伊崎龍次郎
サミ:高橋果鈴
ネリ/エマ:大野未来
スオウ:崎山つばさ
マソオ:村田洋二郎
ハクジ:加藤靖久
ニビ:田口 涼
ギンシュ:小市眞琴
クチバ:一内 侑
キチャ:椙山さと美
ロウ:平野雅史
ネズ:浅倉祐太
タイシャ:中川えりか
アラフニ:船木政秀
パゴニ:伊藤亜斗武
ラシャ:田中良子

佐藤和斗
髙久 健太
酒井昂迪
網代将悟
浅尾啓史
一条龍之介
小林未往
新原美波
五十嵐晴香
松田祐里佳
久保早里奈
玉川千秋

<STAFF>
原作:梅田阿比 『クジラの子らは砂上に歌う』(秋田書店「月刊ミステリーボニータ」連載)
脚本・演出:松崎史也
音楽:Yu(vague)
テーマ曲:vague「シシイロギク」作詞:shie、Yu 作曲・編曲:Yu
挿入歌:大森真理子「傘」作詞・作曲・編曲:Yu
vague「スナモドリ」作詞:shie、Yu 作曲・編曲:Yu
如月愛里「日記」作詞・作曲・編曲:Yu
美術:乘峯雅寛
舞台監督:清水スミカ 加藤保浩
照明:大波多秀起
音響:天野高志
映像:石田肇 横山翼
演出助手:小林賢祐
アクション振付:船木政秀
ダンス振付:小市眞琴
小道具:平野雅史(Office ENDLESS)
衣装:瓢子ちあき
ヘアメイク:小川万理子 中島愛貴(raftel) / 小林潤子(artz)
制作協力:設樂敬子 漉橋真美
宣伝美術・写真:MONSTERS.INC.
Webデザイン:まめなり
協力: 一般社団法人 日本2.5次元ミュージカル協会
SPONSOR: SABON
企画・制作:エイベックス・エンタテインメント/オフィスエンドレス
東京主催: エイベックス・エンタテインメント/オフィスエンドレス
バンダイビジュアル/サンライズプロモーション東京
大阪主催: キョードー関西グループ

©梅田阿比(月刊ミステリーボニータ)/舞台「クジラの子らは砂上に歌う」製作委員会
©Live Viewing Japan

 

 - 舞台