コンフェティ
世界のエンターテイメントの“今”をお届け!

『信長の野望・大志』舞台化決定!

1983年に第一作PC用ソフト『信長の野望』が発売されてから35年、織田信長を始めとする戦国武将達による天下統一を目指す、歴史シュミレーションゲームというジャンルを確立し、今年35周年を迎える『信長の野望』シリーズ。

その、第15作目『信長の野望・大志』PC・PS4・Nintendo Switch版が11月30日に発売されるのに先駆け、都内にて完成発表会が行われました。

その中で、来年2018年5月16日~27日に『信長の野望・大志』の舞台化作品、『信長の野望・大志 ―春の陣― ~天下布武~ 金泥の首編』が上演される事が発表されました。

作品は、『信長の野望・大志』の世界観・ストーリーを舞台化し、「桶狭間の戦い」の後、浅井家滅亡までに至る過程を「side織田信長」と「side浅井長政」の二つのステージで描き、一つの時代をどちらの側面から見るかによって変わる舞台が繰り広げられる予定です。

発表会では、織田信長の妹である、お市を演じる、元モーニング娘。でガールズバンドLoVendoЯ(ラベンダー)のボーカル、田中れいなさんと、茶人にして堺の豪商、今井宗久を演じる、タレントの彦摩呂さんが登場。

お二人が登壇されると、『信長の野望・大志』の舞台化が初めて発表され、演じる役に対して、既に役作りをしているのか?という質問に彦摩呂さんは「とりあえず、お茶を味わって飲んでいます」と答え、田中さんは「まだ、台本等も貰っていないので、まず、お市の事を勉強する所から始めたいと思います」と話されました。

さらに彦摩呂さんは、「全国津々浦々、色んな所へロケに行かせて頂いてますけども、私のマネージャーが凄いお城オタク・戦国オタクでグルメ情報番組で各地に行くんだけれども、移動中に色んな情報を教えてくれて、へぇ~そうなんだ。という事を溜め込んでます。」と答えられました。

そして、田中さんには今回の舞台で実際に劇中使用される“かもしれない”、お市の内掛けの衣裳が登場し、田中さんに着て貰う事に。

田中さんは「和物の衣裳をあまり着たりとか演じたりした事が無く、本当に初挑戦で(後方のお市の写真を見て)美人過ぎて、うわっ~私で大丈夫かな、という不安でしかないです。」と緊張の様子でした。

最後に田中さんは「今回、完成発表会という場に出させて頂くのが初めてで、すごく楽しかったです。ゲームも楽しみたいですし、舞台も精一杯頑張りたいと思います。」と話され、彦摩呂さんは、「私もこのような所にお招き頂いて、また、自分もお仕事として関わらせて頂くという事を大変光栄に思っております。

お箸を暫く置きまして、俳優業として、今井宗久を厚みを着けて演じてまいりたいと思いますので、よろしくお願いいたします。」とコメントされました。

【公演概要】
『信長の野望・大志 ―春の陣― ~天下布武~ 金泥の首編』

<日程>
2018年5月16日(水)~27日(日)

<会場>
東京都渋谷区 CBGKシブゲキ!!

<チケット料金>
未定

<原作>
コーエーテクモゲームス

<出演者(現時点)>
お市:田中れいな
今井宗久:彦摩呂

『信長の野望・大志』完成発表会

 

 

 - 舞台, 2.5次元