世界のエンターテイメントの“今”をお届け!

明日海りお20thコンサート『ヴォイス・イン・ブルー』にミュージカルスターが豪華集結

元宝塚歌劇団花組トップスターで、現在は舞台・映像などで幅広く活躍する明日海りお。
彼女の芸歴20周年を記念したアニバーサリーコンサート『ヴォイス・イン・ブルー』に、
豪華ミュージカルスターのゲスト出演が決定。

(上段左から)井上芳雄、浦井健治、上原理生、平方元基、田代万里生
(中段左から)蘭乃はな、花乃まりあ、仙名彩世、華優希
(下段左から)山崎育三郎、古川雄大、凪七瑠海(宝塚歌劇団)

明日海の20周年を祝うべく駆けつけるのは、井上芳雄(9月15日)、浦井健治(16日昼)、
上原理生(16日夜)、平方元基(17日)、田代万里生(18日昼)、蘭乃はな&花乃まりあ&仙名彩世&華優希(19日)、
山崎育三郎(22日)、古川雄大(23日夜)、凪七瑠海(宝塚歌劇団/24日)。錚々たる顔ぶれで、
まさにミュージカル界のスター総集結といった趣(18日夜・23日昼のみゲストなし)。
井上、浦井、田代は『ガイズ&ドールズ』、上原は『エリザベス・アーデン vs.ヘレナ・ルビンスタイン -WAR PAINT-』、
平方は『マドモアゼル・モーツァルト』でそれぞれ明日海と共演しており、当時の感動が蘇るようなセッションに期待が高まります。
また山崎、古川とは彼らのコンサートでタッグを組んでおり、新たな化学変化が楽しみな所。また蘭乃&花乃&仙名&華は、
明日海が宝塚歌劇団でトップコンビを組んだ元相手役たちで、ファン待望の、垂涎の顔合わせ。
百花繚乱の共演で、東京公演千秋楽を華やかに盛り上げてくれることでしょう。
そして見逃せないのが、明日海の同期生であり、宝塚歌劇団専科として活躍する凪七瑠海の出演。
同歌劇団の現役スターがOGのソロコンサートに出演するのは史上初ということで、
大千秋楽にふさわしいスペシャルな一日となりそう。
演出は、明日海主演の『マドモアゼル・モーツァルト』のほか、数々のミュージカルやコンサートを手掛ける小林香。
新たに解禁されたキービジュアルには、柔らかな微笑みを浮かべるドレス姿の明日海と、ハンサムな雰囲気を漂わせる
スーツ姿の明日海、両者が鏡写しのように配されており、彼女の多面的な魅力がたっぷりと詰まったコンサートとなりそうです。
東京公演は2023年9月15日(金)~9月19日(火)東京国際フォーラム ホールC、大阪公演は9月22日(金)~9月24日(日)
梅田芸術劇場メインホール。前売開始はそれぞれ、8月5日(土)、8月12日(土)が予定されており、激戦必至となりそうです。

【20th Anniversary Rio Asumi sings dramas『ヴォイス・イン・ブルー』公演概要】

公式サイトはこちら

<公演期間>
東京公演:2023年9月15日(金)~9月19日(火)
大阪公演:2023年9月22日(金)~9月24日(日)

<会場>
東京:東京国際フォーラム ホールC
大阪:梅田芸術劇場メインホール

<上演時間>
未定

<料金>
東京:12,000円
大阪:S席12,000円 A席7,500円
(全席指定・税込)

『チケット発売』
東京公演一般発売:8月5日(土)
大阪公演一般発売:8月12日(土)

「プレイガイド」
東京:
●梅田芸術劇場ネット会員 https://umeda.pia.jp/
●梅田芸術劇場オンラインチケット https://ko-ume.pia.jp/
●イープラス https://eplus.jp/asumi20th/

大阪:
●梅田芸術劇場ネット会員 https://umeda.pia.jp/
●梅田芸術劇場オンラインチケット https://ko-ume.pia.jp/
●イープラス https://eplus.jp/asumi20th/
●チケットぴあ https://w.pia.jp/t/asumi20th/

「問い合わせ」
公演に関するお問い合わせ:
東京:DISK GARAGE https://info.diskgarage.com/
大阪:梅田芸術劇場 06-6377-3800(10:00~18:00)

<出演者>
明日海りお

「日替わりゲスト」(出演日順)
東京:井上芳雄、浦井健治、上原理生、平方元基、田代万里生、蘭乃はな、花乃まりあ、仙名彩世、華優希
大阪:山崎育三郎、古川雄大、凪七瑠海(宝塚歌劇団)

<STAFF>
構成・演出:小林香
企画・制作・主催:研音/梅田芸術劇場

 - News, Stage