世界のエンターテイメントの“今”をお届け!

2023年3月上演 ミュージカル『ジキル&ハイド』製作発表開催

来年2023年3月上演ミュージカル『ジキル&ハイド』の製作発表が開催。
石丸幹二、柿澤勇人、笹本玲奈、真彩希帆、Dream Ami、桜井玲香、石井一孝、
上川一哉、畠中洋、栗原英雄、演出の山田和也が登壇し、
Wキャストで主演を務める石丸と柿澤で劇中曲「♪時が来た」を披露しました。

2001年の初演より繰り返し再演を重ね、今回で8度目の上演となるミュージカル『ジキル&ハイド』。
初代の鹿賀丈史からタイトルロールを引き継ぎ、10年以上にわたって主演を務めてきた2代目の石丸幹二は、
今回で有終の美を飾ります。そのバトンを3代目の柿澤勇人に繋ぎ、今回は両名のWキャスト体制で上演。

製作発表冒頭に披露されたのは、劇中曲「♪時が来た」。主人公・ジキル博士が
自らの研究を証明しようと決意する、本作を代表するメインナンバー。
同役を演じる石丸と柿澤が、この日限りのスぺシャルバージョンとして会場を包み込むような圧巻の歌声を響かせます。
2001年の初演時から演出を務める山田和也は「初演から四半世紀、
長い生命力を持った作品に携われている幸運に感謝します」と語り、
石丸と柿澤に期待することを聞かれると「期待以上のことを見せてくださるお二人なので、
体力の続く限り表現の果てまで行っていただけると嬉しい」と信頼を寄せました。
東京公演は2023年3月11日(土)~3月28日(火)有楽町・東京国際フォーラム ホールCにて上演、
その後4月にはツアー公演として4月8日(土)~9日(日)名古屋公演・愛知県芸術劇場 大ホール、
4月15日(土)~16日(日)山形公演・やまぎん県民ホール、4月20日(木)~23日(日)大阪公演・梅田芸術劇場メインホールにて上演。

【コメント】

ヘンリー・ジキル/エドワード・ ハイド役:石丸幹二(Wキャスト)
「前回の公演が2018年ということで5年近く間が空いているのですが、
自分の中ではついこの間のような気がします。そのくらいインパクトのある、
非常に体力が必要な作品です。今回は柿澤さんと一緒にこの役を演じますが、
カッキー(柿澤)に負けないように体力をつけて挑みたいと思っています。」

ヘンリー・ジキル/エドワード・ ハイド役:柿澤勇人(Wキャスト)
「鹿賀(丈史)さんヴァージョンと石丸さんヴァージョンのどちらも拝見していますが、
おふたりのような大スターが演じる役なんだと思って観ていたので
まさか自分がやれるとはと驚いています。若輩者なりに一生懸命、
がむしゃらに稽古して皆さんに刺激を受けながら、石丸さんの素敵なところを
たくさん勉強させていただきながら新しい『ジキル&ハイド』を作れたらいいなと思っております。」

ルーシー・ハリス役:笹本玲奈(Wキャスト)
「石丸さんと同じく2012年よりこの作品に参加させていただいております。
エマとルーシー、それぞれの二つの世界からヘンリーとハイドを見て、
この作品が今までになくらい私の中で大切な作品になってきたのを感じます。
心と身体を健康に保ちつつ、新しいキャストの皆さんと一緒に楽しく
カンパニーとしてまとまっていければと思います。」

ルーシー・ハリス役:真彩希帆(Wキャスト)
「この作品は私も子供の頃から知っていますし、楽曲もたくさんの方に愛されていて、
その中で私がこのルーシーという役を演じさせていただくことが
れだけ大きなことなのかと実感しています。カンパニーの皆さんから
たくさんのことを学んで、丁寧に積み木を組み立てていくように
しっかりと演じていきたいと思っております。」

エマ・カルー役:Dream Ami(Wキャスト)
「今回この『ジキル&ハイド』という作品に初参加させていただけることを
本当に光栄に思っております。長年愛されている本作で、超実力者の皆様に囲まれて
自分でも感じたことのない新しい自分を発見できるんじゃないかなと、
今からすごくワクワクしております。この作品のファンの方もたくさんいらっしゃると思いますが、
そんな皆様にも納得していただけるエマを演じられるように精一杯頑張りたいと思います。」

エマ・カルー役:桜井玲香(Wキャスト)
「先ほど石丸さんと柿澤さんの歌唱を聞いてついに『ジキル&ハイド』の世界に
浸る時が来たんだなと実感し、感動していました。今回素晴らしいキャスト・スタッフの皆様と一緒に
素晴らしい作品に携わらせていただけるということで、たくさん色々なものを吸収し学びながら、
エマという力強く愛情深い女性をしっかりと信念を持って演じられればと思います。」

ジョン・アターソン役:石井一孝(Wキャスト)
「昔からこの作品が本当に大好きで、日本で初演される前から海外からCDを取り寄せて聞いていたので
いつか出演させていただけないかなとずっと思っておりました。ジキルの親友役ということで、
石丸さんの親友には見えると思うのですが、カッキー(柿澤)とはどうだろうと心配でしていますが
(笑)若々しさを前面に出して頑張りたいと思います。」

ジョン・アターソン役:上川一哉(Wキャスト)
「長年たくさんの方に愛されているこの作品に参加させていただくことになり、本当に光栄です。
ずっと憧れ続けてきた先輩方とご一緒できること、そして劇団時代以来久しぶりに再会したカッキー(柿澤)
共演できることを嬉しく思っております。初参加なので全力で作品にぶつかっていこうと思いますのでよろしくお願いします。」

サイモン・ストライド役:畠中洋
「2012年より同役で参加させていただいており、4度目の出演となります。大胆なキャスティングで
また新たな息吹が入り込んで、新しく進化した『ジキル&ハイド』をお届けできるんじゃないかと
稽古に入るのが楽しみです。歌と芝居と音楽が一体となった、
一級のエンターテイメントだと思いますので皆様どうぞ楽しみにしていてください。」

ダンヴァース ・カルー卿役:栗原英雄
「意気込みはありません。意気込んでうまくいったことがないので(笑)、
リラックスして皆さんと芝居を作っていけたらと思います。
善と悪、というのが本作のテーマですが、善というのは悪であり悪と見えるものが善である、
そういうものを追求してこの物語の時代と現代をうまくリンクさせていければと思います。」

【あらすじ】

19世紀のロンドン。医師であり科学者であるヘンリー・ジキル(石丸幹二/柿澤勇人)は、
「人間の善と悪の両極端の性格を分離できれば、人間のあらゆる悪を制御し、
最終的には消し去ることが出来る」という仮説を立て、研究は作り上げた薬を
生きた人間で試してみる段階にまで到達した。ジキルはこの研究に対して病院の理事会で
人体実験の承諾を得ようとするが、彼らはこれを神への冒涜だと拒絶する。
ジキルの婚約者エマ(Dream Ami/桜井玲香)の父親であるダンヴァース卿(栗原英雄)
とりなしもむなしく、秘書官のストライド(畠中洋)の思惑もあり、理事会はジキルの要請を却下した。
ジキルは親友の弁護士アターソン(石井一孝/上川一哉)に怒りをぶつける。 理事会の連中はみんな偽善者だと。

キルとアターソンは上流階級の社交場から抜け出し、たどり着いたのは場末の売春宿「どん底」。
男どもの歓声の中から、娼婦ルーシー(笹本玲奈/真彩希帆)が現れる。「(私を)自分で試してみれば?」
というルーシーの言葉に天啓を受けたジキルは、アターソンの再三にわたる忠告にもかかわらず、
薬の調合を始める。赤くきらめく調合液。ジキルはひとり乾杯し、飲み干した。
全身を貫く激しい痛み―息も絶え絶え、苦痛に悶えるジキル。腰が曲がり、声はかすれ、まるで獣
— この反応は一体何なのか!そしてとうとう現れたハイド。そして、街では、次々とむごたらしい殺人が発生。
謎に満ちた、恐怖の連続殺人事件にロンドン中が凍りつく。犯人は、ハイドなのか。
エマや執事プール(佐藤誓)の心配をよそに研究に没頭していくジキル。果たしてジキルの運命はいかに……。

ひとつの体に宿った二つの魂“ジキル”と“ハイド”の死闘は、破滅へ向けて驚くべき速さで転げ落ちて行く……

【東京追加公演決定】

追加公演:3月23日(木)18:00
発売日:1月21日(土)11:00~販売開始
[出演キャスト]
ヘンリー・ジキル/エドワード・ ハイド:柿澤勇人
ルーシー・ハリス:真彩希帆
エマ・カルー:桜井玲香
ジョン・アターソン:上川一哉

【ミュージカル『ジキル&ハイド』公演概要】

公式サイトはこちら

<公演期間>
東京公演:2023年3月11日(土)~3月28日(火)
名古屋公演:2023年4月8日(土)、9日(日)
山形公演:2023年4月15日(土)、16日(日)
大阪公演:@2023年4月20日(木)~4月23日(日)

<会場>
東京:東京国際フォーラムホールC
名古屋:愛知県芸術劇場 大ホール
山形:やまぎん県民ホール
大阪:梅田芸術劇場メインホール

<上演時間>
約3時間(途中休憩を含む)

<料金>
東京:
S席14,000円 A席9,000円 B席5,000円
Yシート2,000円 ※20歳以下対象・当日引換券・要証明書・12/15より枚数限定販売
(全席指定・税込)
※未就学児入場不可
本公演のチケットは主催者の同意のない有償譲渡が禁止されています。
※やむを得ない事情により、出演者並びにスケジュールが変更になる可能性がございます。予めご了承ください。
※公演中止の場合を除き、払い戻し、他公演へのお振替はいたしかねます。ご了承のうえ、お申込みください。

『チケット発売』
好評発売中

「東京公演座席表」
https://s3.ap-northeast-1.amazonaws.com/www.horipro-stage.jp/wp-content/uploads/2022/10/05103409/jekyllandhyde2023_seatmap.pdf

「問い合わせ」
東京:東宝テレザーブ 03-3201-7777
名古屋:キョードー東海 052-972-7466
山形:キョードー東北:022-217-7788(平日13:00~16:00/土曜日10:00~12:00※祝日を除く)
大阪:梅田芸術劇場:06-6377-3800(10:00~18:00)

<出演者>
ヘンリー・ジキル/エドワード・ハイド:石丸幹二、柿澤勇人(Wキャスト)
ルーシー・ハリス:笹本玲奈、 真彩希帆(Wキャスト)
エマ・カルー:Dream Ami、 桜井玲香(Wキャスト)
ジョン・アターソン:石井一孝、 上川一哉(Wキャスト)
サイモン・ストライド:畠中洋
執事 プール:佐藤誓
ダンヴァース・カルー卿:栗原英雄

宮川浩
川口竜也
伊藤俊彦
松之木天辺
塩田朋子

麻田キョウヤ
岡施孜
上條駿
川島大典
彩橋みゆ
真記子
町屋美咲
松永トモカ
三木麻衣子
玲実くれあ
(五十音順)

『スウィング』
川口大地
舩山智香子

<STAFF>
音楽:フランク・ワイルドホーン
脚本・詞:レスリー・ブリカッス
演出:山田和也
上演台本・詞:髙平哲郎
音楽監督:甲斐正人
美術:大田創
照明:高見和義
衣裳:小峰リリー
ヘアメイク:林 みゆき
声楽指導:ちあきしん
振付:広崎うらん
殺陣:渥美博
音響:山本浩一
指揮:塩田明弘
演出助手:郷田拓実、小川美也子
技術監督:小林清隆
舞台監督:中村貴彦
プロデューサー:今村眞治(東宝)、鵜野悠大郎(ホリプロ)
名古屋公演主催:キョードー東海
山形公演主催:さくらんぼテレビ/キョードー東北/キョードーマネージメントシステムズ
大阪公演主催:梅田芸術劇場
主催・企画製作:東宝/ホリプロ

 - News, Stage