世界のエンターテイメントの“今”をお届け!

いよいよジブリパークの地 愛知へ「ジブリパークとジブリ展」愛知会場開幕

© Studio Ghibli

2022年11月1日(火)、愛知県長久手市の「愛・地球博記念公園」内に、
スタジオジブリ作品の世界観を表現した公園施設「ジブリパーク」が開園します。
開園を記念して同じ愛知の地で、ジブリパーク誕生の舞台裏を紹介する
「ジブリパークとジブリ展」(以下、今展覧会)が2022年10月29日(土)より
愛知県名古屋市の愛知県美術館にて開催されます。

© Studio Ghibli © Kanyada

ジブリパークの制作現場を指揮する宮崎吾朗監督の、これまでの仕事と作品を振り返るとともに、
スタジオジブリの最新作ともいえるジブリパークをどのように考え、描き、
つくっているのかを、初公開となる数々の制作資料とともに紹介。
ジブリパーク誕生に至るまでの背景、施設にまつわる秘密に迫ることができ、
ジブリパークの新たな楽しみ方に出会える特別な展覧会となっています。

愛知芸術文化センター外観

2022年10月28日(金)、翌日からの開幕に先立ち、内部の様子が報道陣に公開され、
同時に宮崎吾朗監督のインタビュートーク、また開会式が行われました。

【ジブリパーク制作指揮・宮崎吾朗監督インタビュートーク】

愛知県美術館12階のアートスペース Aにて、ジブリパーク制作の総指揮をとる
アニメーション監督・ジブリパーク監督の宮崎吾朗氏が登壇してのインタビュートークが行われました。

【Q:ジブリパークの開業が4日後に迫った今の心境は?】
吾朗監督「早く開いて欲しい。スタジオジブリと言いますか、僕達の仕事というのは、
何を作るかを提案し、その作る物のクオリティに責任を持つのが僕等の仕事なんですけど、
それで言うと4日後にオープンする第一期エリアというのは、建物は4月末に竣工し、
中身も9月末に一端の竣工をみています。なので、僕の中では(第一期エリアは)
一旦そこで終わっていまして。今やっている事で言いますと、第二期の方が
既に佳境に来ておりまして。プレオープンが始まったのが10月からだから、
「あれっ?まだ開いてなかった?」という感じですね。今は早く開いてくれれば良いかな
と言うのが率直な感想ですね。」

【Q:今展覧会では展示されているが、パークでは見る事が出来ない物についてのエピソードは?】
吾朗監督「「サツキとメイの家」は2005年の愛・地球博の時に建てさせていただいたもので、
それがその後、今回のジブリパークのキッカケになったんですけど、そういう意味では出発点みたいものですよね。
当時は僕等が愛知県の(万博の)現場に入った時にはもう既に造成工事が始まっていまして、
サツキとメイの家を敷地内の何処に立てるかという候補地を見せていただくという所から始まりました。
その後、一番、万博会場から何も見えない所に今のサツキとメイの家が建っているんですね。
だから工事中も華やかな万博のメイン会場は僕、1回も見ていないんです。
ずっと後ろを振り向いて現場に行き完成させたんですけど、それが今では出発点となり、
ジブリパークの一部になっていますからね。」

【Q:『青春の丘』についても今展覧会でしか見られない物が沢山有るが?】
吾朗監督「……あったかな?(笑)製作途中というのは、からくり時計みたいなものとか、バロンの人形にしても、
いきなり作り始めるわけではなくて、みんなで色んな段階の検討・検証がある訳なんですね。
その本当にごく一部を展示させて頂いているという感じですね。
実の今回の展示会は夏の長野会場からスタートしていると思うんですけど、”その時に最新だった”バロンの素材が置いてあるんですけど、
申し訳ないんですがその後、僕のせいで度重なる変更が更に加わって「あっ、これは途中のヤツだよな」という事を思いながらやりました。」

【Q:『ジブリの大倉庫』については?】
吾朗監督「一番大きい施設でありますし、温水プールだった所をコンバージョン(用途変更)する
という形で整備をしているので、色んな事があったんですね。
勿論、どんな造形にするかとか、目に見える所で職人さんと打ち合わせをして
どういう物を作って行くかというのもあるんですけど、それ以前に温水プールという物が先ずあって、
その建物を活かしながらその用途を変えていくという事は実は凄く手間がかかる事で
一旦取り壊して更地にして作りなおした方が多分、楽だと思うんですけどね。
それをやりたくないなという所から出発をしたものですから、手がかかる事をやっていると思います。」

【Q:愛知県との縁やつながり等は?】
吾朗監督「ジブリの鈴木(敏夫)というプロデューサーが名古屋市出身だというそれだけじゃないですか?
改めてこの5年近く愛知に足を運ばせてもらっているんですけど、この風土が鈴木を作ったんだなというのを
深く感じ、鈴木敏夫に対する理解がより深まった感じです。」

【Q:第2期開業エリアの工事進捗状況は?】
吾朗監督「第一期が今これから開くぞ、という華やかな気持ちの一方で、先程の通り、第2期は佳境に入っていて、
建築工事はどんどんと進めていかなきゃいけない段階に来ています。一方で建物を作って終わりではなくて、
中身が抜けてはいけないので、その製作もスタートしているという事で、もう第1期の事は忘れて、という感じですかね。
見えるんですよ工事現場が。見えないと思っていたんですけど、丸見えになっていまして、
谷間に足場が聳え立っているんですけど、そこはハウルの城の構造を今作っていて、年末位には
上に御碗みたいなのが乗っかるのが見えちゃうんじゃないかな?
見えていないとマズイとも思っています。皆さんで見守っていただければ。」

【Q:今展覧会をどの様に楽しんで欲しいか?愛知会場ならではの見所は?】
吾朗監督「展覧会の中身がいくつかに分かれていると思うんですけど、
ネコバスみたいに皆さんが中で遊んで楽しんでもらっても良いですし、
お土産を買うのが楽しみというのも勿論ですし、ジブリパークって
こんな風に作ったんだという所も見ていただきたいし、宮崎吾朗ってこんな仕事をやったんだねというのを
ふ~ん、って見てもらえればと思います。(見所は)スガキヤのカップ麺ですか?
『アーヤと魔女』を作っている時期がジブリパークの整備と丸被りしていまして、
2020年の春なんですけど、そこまでの3年間というのは、ジブリパークと『アーヤと魔女』の制作を
同時進行でやっていたんですね。スガキヤのカップ麺を食べつつ、映画を作っていたという事なんです。」

【Q:「ロタンダ風ヶ丘」でナポリタンのおにぎりを試食されたそうだが?鈴木プロデューサーからメニューに関してアドバイスは?】
吾朗監督「「これはやめた方がいいんですか?」と聞かれたんですよね。絶対やった方が良いと
僕は言ったんですけど、あれが一番美味しいと思います。中でもナポリタンが好きで
後、ジブリパークのカフェには(『ジブリの大倉庫』内のカフェ・大陸横断飛行)
味噌カツがのったピザがありまして,それも意外にオススメですね。イタリアの方に怒られそうですけど。
鈴木は色々とウルサイ事を言っていましたね。「味噌煮込みは俺が子供の頃は無かった」みたいな話だとか、
「ナポリタンなんてあれは新しいんだ」とか、色々と教えてくれました。」

【Q:「地球屋」の店内にあるバロンは何時かルイーゼと会えるのか?】
吾朗監督「そうですよね。作っちゃったのは良いんですけど、何時出すの?っていって、
まだ決まっていないんですよね。何時が良いと思いますか?僕は七夕じゃないかな?と言ったら、
それはちょっと和風過ぎませんか?と。何時が良いというのがあったらぜひツイートして欲しいなと思います。」

【最後にジブリパークの開園、そして今展覧会を楽しみにしている来場者にメッセージを。】
吾朗監督「最初は早く開いてくれないかなという事を話す一方で、皆さん来て下さいという、
心配性だというのと、ちゃんと楽しんでいただけるかなというのが凄く気になるので。
ジブリパークはテーマパークだ、って捉えられているんですけど、僕としては
公園であって欲しいとずっと思っていまして、というのは公園は誰の為かというと
先ず、地元の人の為のものじゃないかなと思っているんですよね。
なので愛知県の皆さんに愛されるパークになって欲しいし、直ぐには行けないよという方も
沢山いらっしゃると思うので、その入り口を覗き見るみたいな気持ちで
この展覧会に来て下さると嬉しいなと思っております。」

【「ジブリパークとジブリ展」愛知会場】

全国5箇所の展示会場を巡回する「ジブリパークとジブリ展」。今年7月~10月にかけて開催された、
最初の会場である長野県立美術館では、期間中の総入場者数が188,924人という、
同美術館における一展覧会の過去最高入場者数であった139,218人を約5万人近く上回る
大盛況となった企画展が2つ目の会場、そしてジブリパークの所在地である愛知県へ。
愛知芸術文化センター10階の愛知県美術館内の企画展示室約1,500㎡を使用し、約1,000点以上の展示物が来場者を迎えます。
長野会場との違いは、一部展示品の展示方法の変更が見受けられ、具体的にはネコバスの行き先表示など
ご当地ならではのものも。一部展示物は撮影が可能となってます。

「プロローグ」

© Studio Ghibli © Museo d’Arte Ghibli

アニメーション映画の制作スタジオとしてその名を轟かすスタジオジブリ。
劇場公開されたアニメーション映画の象徴となるポスタービジュアルがズラリと並び、
長野会場ではロゴのとなりにあったトトロがこちらに鎮座。

続く展示室にドンッと構えているのはは映画『となりのトトロ』に登場したネコバス。(外観のみ撮影可)
2020年7月~9月に愛知県美術館にて行われた「ジブリの“大じゃない”博覧会」でも公開されましたが、
今回は大人も子供も実際に中に座る事が出来ます。

『第1章:はじまりは三鷹の森ジブリ美術館』

長野会場と異なり、階層毎に輪切りにされた三鷹の森ジブリ美術館の模型が展示されます。

映画『もののけ姫』が1997年に公開された後、ジブリ美術館計画が動く際に鈴木敏夫プロデューサーが
「宮﨑駿が理想とする美術館を実現できるのは息子の吾朗以外いない」と、
それまでは建設コンサルタントとして公園緑地等の建設・設計に携わっていた宮崎吾朗氏を説得、
三鷹の森ジブリ美術館の総合デザイン担当を任せ、吾朗氏は初代館長を務める事となりました。
第1章は宮﨑駿氏のジブリ美術館構想時のイメージの数々やそれを具現化する
宮崎吾朗氏の制作資料が多数展示されています

『第2章:アニメーションの世界をつくる』
三鷹の森ジブリ美術館の初代館長を務めた宮崎吾朗さんはアニメーション映画監督という新たな段階へ。
2006年公開の映画『ゲド戦記』、2011年公開の映画『コクリコ坂から』等、
第2章では映画のベースとなったイメージボードやデザイン画、背景美術が展示されています。

『「アーヤと魔女」展』

「アーヤと魔女」展エリアの何処かに東海エリアのソウルフードといわれるスガキヤのカップ麺が置かれています。

2021年6月~2022年5月に東京都三鷹市の三鷹の森ジブリ美術館で開催された企画展示「アーヤと魔女」展を再現したコーナー。
スタジオジブリ初となるフル3DCGで描かれた本作の3DCGアニメーション制作のあらましを
宮崎吾朗氏自らが解説。制作過程の資料や図解を通して楽しみながら学ぶ事が出来ます。

『第3章:アニメーションの世界を本物に』

1/5サイズの「サツキとメイの家」模型(撮影可)

左側のパーゴラも撮影可能(※台に上がる事は禁止)

『第4章:ジブリパークの作り方』
愛知会場会期初日の3日後、11月1日に「ジブリの大倉庫」「青春の丘」「どんどこ森」の3エリアが第1期オープンするジブリパーク。

長野会場では約1ヶ月程、展示がなされない期間があったルイーゼの頭部検証用模型が愛知会場では初日からお目見え。
前述の吾朗監督の発言の御蔭なのか、報道各社が入念に撮影していたのがこのバロンとルイーゼの検討用模型でした。

まだ見ぬ第2期開業エリアの期待が膨らむ展示も

続く「もののけの里」「魔女の谷」の2エリアは2023年秋~2024年3月にかけてオープン予定となっており、
第4章では宮崎吾朗氏がジブリの世界をどの様に考え、描いて作っているのか、ジブリパークの制作過程の裏側が明かされます。

『ジブリのなりきり名場面展』

カオナシと記念撮影が可能な「ジブリのなりきり名場面展」

「ジブリのなりきり名場面展」は「ジブリの大倉庫」で行われる3つの企画展示のひとつ。
スタジオジブリ作品で描かれた印象的なシーンを立体造形やパネルで表現し、
来園者が映画の中にいるかのような気分を味わえる体験型展示で、
本展では映画『千と千尋の神隠し』のワンシーンが登場。カオナシと一緒に記念撮影をしましょう。

『特設ショップ』
展覧会特設ショップには、「ジブリパークとジブリ展」オリジナルグッズをはじめ
ジブリパーク、スタジオジブリ作品に関するグッズを販売。愛知会場限定品も。
※商品の数には限りがございます。あらかじめご了承ください。
※会場特設ショップは本展ご入場の方のみご利用いただけます。

【開会式の様子】

報道内覧会の終了後、アートスペース A他にて開会式が行われました。冒頭、主催者代表として大村秀章愛知県知事が挨拶。
大村知事「待ちに待ったジブリパークの開園が4日後の来週火曜日にオープンします。
正直言ってこの10月の1ヶ月間は私も何度ジブリパークに居たかという程、ジブリパーク1色の1ヶ月間。
昨日までで内覧会を実に11回やらせていただきまして、9月は雨・台風ばっかりでしたけども、
10月は好天に恵まれて、こんなにいい天気でこんなに幸せな風景で良いのかなという光景で楽しませていただきました。
今展覧会ですが、ジブリパークと両方見ていただいて、予習・復習を兼ねて楽しんでいただきたいなと思っております。
今年の3月には名古屋の御園座で舞台「千と千尋の神隠し」もあり、今年はジブリの1年かなと思っております。」

続いてもう一つの主催者である株式会社中日新聞社の大島宇一郎社長の挨拶。
大島社長「本展覧会は全国巡回を計画しており、スタートの長野県美術館では来場者数記録を大幅に塗り替えた
大盛況だったという事で、いよいよジブリパークの開園を迎える愛知でもかなりの盛り上げを
見せてもらえるのではないかと、今展覧会を通じてジブリパークへの一層の期待を高め、
スタジオジブリの世界を存分に楽しんでいただけたらと思います。」

そして来賓代表として株式会社スタジオジブリ代表取締役会長兼社長の星野康二氏のあいさつが。
星野会長「この間、何度かジブリパークに関わる公の場面で同じ事を何回か喋ってきた事がございます。
2020年の頭に遡ってコロナ禍という大変に厳しい環境に皆が追いやられ、ジブリも厳しい状況に陥ったという
お話をさせていただきました。三鷹の森ジブリ美術館も閉館に追い込まれまして、かなり長い間、
百数十人のスタッフが「仕事が無い。如何したら危機を脱せられるだろうか」と、
色々と知恵を出し合うような時間が有ったという事を思い出します。
2020年から2022年の今に至るまで幾つも色々な形でジブリの活動というものが実現をさせていただく事が出来ました。
一つに宮﨑駿監督の長編アニメーション映画作品が着実に進みまして、遅れるんじゃないかという心配を乗り越えて
新作のゴールが目前に近づいているという事が一つ大きな喜びだと話した事があります。
同時にジブリパークが開園を実現する所に辿り着いているという所に大変な感謝と喜びを感じます。
このタイミングで今展覧会が愛知県で行われる事を、大変に重い意味があるのかなと思います。
今日時点でジブリパークのチケットは完売している状況はニュースになっていまして、
今展覧会はまだまだこれからが地元の方々に沢山来ていただけるチケットが沢山有りますので、
今展覧会とジブリパークを混同しない様な形で、この2ヶ月しか愛知でやっていない展覧会を
特に地元の方にご覧いただけると本当に嬉しい事だなと思います。」

最後に美術館ロビーにてテープカット、ネコバス前にてフォトセッションが行われて内覧会は終了しました。

【「ジブリパークとジブリ展」愛知会場チケット情報】

11月1日(火)より第2期入場分の日時指定券を販売開始
<チケット販売スケジュール>
第1期(10月29日[土]~11月25日[金]分):販売中
第2期(11月26日[土]~12月25日[日]分):11月1日(火)午前10時から販売

<入場可能時間>
①10:00~10:30 ②10:30~11:00 ③11:00~11:30 ④11:30~12:00 ⑤12:00~12:30
⑥12:30~13:00 ⑦13:00~13:30⑧13:30~14:00⑨14:00~14:30 ⑩14:30~15:00
⑪15:00~15:30 ⑫15:30~16:00 ⑬16:00~16:30 ⑭16:30~17:00
金曜日のみ:⑮17:00~17:30 ⑯17:30~18:00 ⑰18:00~18:30 ⑱18:30~19:00
※本展は入替制ではありません。チケット券面に記載されている入場可能時間内であれば、いつでもご入場いただけます。再入場はできません(特設ショップを含む)。

<チケット購入方法>
「オンライン予約購入」
Boo-Woo(ブーウー)チケット
※会員登録(無料)が必要です。オンライン予約申し込み後、期限内に料金をお支払いの上、ローソンまたはミニストップでチケットを発券してください。
※入場日前日の22:00まで販売しますが、販売予定数に達し次第販売を終了します。

「店頭購入」
ローソンまたはミニストップ
※ローソンまたはミニストップにあるLoppi(ロッピー)端末でご希望日時のチケットを購入してください。
※入場日前日の23:59まで販売しますが、販売予定数に達し次第販売を終了します。

<当日券について>
当日券は、日時指定券に残部がある場合のみ愛知県美術館チケット売場で販売しますが、販売なし、もしくは売り切れることがあります。
予め日時指定券を購入されることをお勧めします。また、当日券の入場日・時間枠は選べません。当日券のお支払いは現金のみとなります。
当日券の販売状況は、会期中に愛知会場特設サイトでお知らせします。電話等でのお問い合わせやご予約はお受けしておりません。

<その他注意事項>
※主催者の責によらない理由によるチケットご購入後の日時・券種変更、キャンセル、払い戻しはできません。
※本展のチケットで会期中に限り愛知県美術館のコレクション展もご覧いただけます。コレクション展の入場時間は閉館30分前までです。

チケット(愛知会場)に関する問い合わせ
Boo-Wooチケットカスタマーセンター 0570-084-700(11:00~17:00)

【「ジブリパークとジブリ展」愛知会場開催概要】

展覧会の特設サイトはこちら
愛知会場の特設サイトはこちら

<会期>
2022年10月29日(土)~12月25日(日)

<会場>
愛知県美術館(〒461-8525 名古屋市東区東桜1-13-2 愛知芸術文化センター10階)

<開館時間>
10:00~18:00・金曜は20:00まで (入場は閉館1時間前まで)

<休館日>
毎週月曜日(10月31日は開館)

<料金>
日時指定券:
平日:一般1,700円 高大生1,100円 小中生600円
土日祝:一般1,900円 高大生1,300円 小中生800円
※混雑緩和のため、事前予約制(日時指定券)を導入します。事前に日時指定券をご購入の上、ご来場ください。
※ジブリパークのチケットではご入場できません。本展のチケットをお買い求めの上ご来場ください。
※未就学児は無料ですが、日時指定券をお持ちの付添者と同じ入場時間枠でご一緒にご入場ください。団体券の販売は行いません。
※日時指定券に残部がある場合のみ愛知県美術館チケット売場で当日券(当日の指定された時間枠のみ有効)を販売します。当日券は曜日に関わらず土日祝日と同一料金です。
※身体障害者手帳、精神障害者保健福祉手帳、療育手帳(愛護手帳)、特定医療費受給者証(指定難病)のいずれかをお持ちの方は、
各券種の半額でご覧いただけます。またこれら各種手帳の「第1種」もしくは「1級」、または
特定医療費受給者証(指定難病)をお持ちの場合、いずれも1名まで付き添いの方も各券種の半額でご覧いただけます。
※各種証明書(障害者手帳、特定医療費受給者証(指定難病)、学生証など)は当日会場入口でご提示ください。
※新型コロナウイルス感染症対策を実施しています。詳しくは、愛知会場特設サイトをご確認ください。

<実施体制>
主催:愛知県美術館/中日新聞社
協賛:DNP大日本印刷/アイシン/NTPグループ/鹿島建設/トヨタ自動車
後援:愛知県教育委員会/名古屋市教育委員会/愛知県私立幼稚園連盟
企画制作協力:スタジオジブリ/三鷹の森ジブリ美術館/ジブリパ―ク

展覧会に関する問い合わせ:ハローダイヤル 050-5542-8600(9:00~20:00)

【「ジブリパークとジブリ展」全体開催概要】

<会期>
長野会場:2022年7月16日(土)~10月10日(月・祝)※終了
愛知会場:2022年10月29日(土)~12月25日(日)
熊本会場:2023年1月20日(金)~3月26日(日)
兵庫会場:2023年4月15日(土)~6月25日(日)
山口会場:2023年7月15日(土)~9月24日(日)

<会場>
長野:長野県立美術館※終了
愛知:愛知県美術館
熊本:熊本県立美術館
兵庫:神戸市立博物館
山口: 山口県立美術館

<実施体制>
協賛:DNP大日本印刷
企画制作協力:スタジオジブリ/三鷹の森ジブリ美術館/ジブリパ―ク

※上記の価格表記は全て税込

© Studio Ghibli

 - News, life