世界のエンターテイメントの“今”をお届け!

ミュージカル『ファインディング・ネバーランド』メインビジュアル解禁 プロモーション映像も

『ピーターパン』を生み出した作家と彼を囲む人々の物語を描く、愛に溢れたミュージカル
『ファインディング・ネバーランド』が、2023年5月に新宿・新国立劇場 中劇場にて上演されます。
メインビジュアル、キャストスタッフ、チケット詳細情報、プロモーション映像が解禁に。
チケットの最速抽選先行は1月21日(土)より開始となります。

『プロモーション映像』
2023年5月上演 ミュージカル『ファインディング・ネバーランド』PV – YouTube

ジェームズ・バリ役:山崎育三郎

シルヴィア・デイヴィス役:濱田めぐみ

フック船長/チャールズ・フローマン役:武田真治

メアリー・バリ役:夢咲ねね

デュ・モーリエ夫人役:杜けあき

ミュージカル『ファインディング・ネバーランド』は、アラン・ニーによる戯曲
『The Man Who Was Peter Pan』と、ジョニー・デップ主演で2004年(日本では2005年)
公開された同タイトルの映画(邦題「ネバーランド」)を元に創られたミュージカル作品。
2015年にブロードウェイで開幕し、多数メディアから「何年も心に残るであろう必見の舞台」
絶賛された人気作だ。今回は注目の演出家小山ゆうなによる、新演出版での上演となります。
物語の主人公は、名作『ピーターパン』の作者である劇作家ジェームズ・バリ。
スランプから抜け出せないバリが、ある家族に出会い、子供たちとの出逢いを通じて物語を書き上げ、
劇場で『ピーターパン』を上演するまでを描いた、実話に基づくストーリー。
大人になってしまった誰もが、遊び心を取り戻し、夢見ることを思い出すことができる感動の物語。

『ピーターパン』を生み出した作家の物語らしく、ファンタジックで遊び心の溢れるビジュアルに。
当時のイギリスをイメージしたスーツを纏った、主演ジェームズ・バリ役の山崎育三郎。
本の中から広がる幻想的な世界は、バリが新しい物語を生み出していくことを予感させます。
バリと親交を深めていく、シルヴィア役の濱田めぐみは、4人の子供を育てる
たくましく自由な女性らしく、 優しく温かな表情をみせます。
フック船長/フローマンの2役を演じる武田真治は、11年振りとなるフック船長姿のお披露目となりました。
東京公演は2023年5月15日(月)~6月5日(月)に新国立劇場中劇場にて上演され、
その後大阪、久留米、富山、名古屋の計4か所にてツアー公演予定。
東京公演のチケット最速抽選先行はホリプロステージプレミアム(有料)会員にて
1月21日(土 )12:00より開始となります。

【あらすじ】

19世紀後半のイギリス。新作戯曲が書けずに行き詰まっていた劇作家J・M・バリは、公園で、
未亡人シルヴィアと4人の子ども達ジョージ、ジャック、ピーター、マイケルと出逢う。
彼らと遊ぶうちに純粋で正直な気持ちを思い出したバリは、「演劇」も「遊び」も同じ
「PLAY」なのだと気がつき、物語をどんどん生み出していく。しかし、当時のイギリスでは、
演劇は上流階級だけのもので、バリが「子供も楽しめるファンタジー作品を上演したい」と提案すると、
劇場主のフローマンと劇団員たちは猛反対。一方、父を亡くしてから純粋な心を閉ざし
”大人”になろうとしていた三男のピーターは、バリと交流を深めるうちに、夢や希望を捨てることが
大人になることではないのだと悟る。バリとシルヴィアは、シルヴィアの母の
デュ・モーリエ夫人に反対されながらも交流を深め、お互いを理解し心を開く関係になっていく。
こうしてバリは、シルヴィアと子供たちと一緒に空想した世界を基に『ピーターパン』の物語を作りあげていく。
最初は反対していた劇団員たちも、次第に子供の頃の純粋な気持ちを思い出し、バリの描く世界に引き込まれていく。
順風満帆かに思えたが、シルヴィアの体調が悪化し、バリと兄弟たちは新たな試練に直面することになる。
そして迎えた新作舞台『ピーターパン』の公演初日。『ピーターパン』という永遠の物語を生み出した一人の作家と、
彼を囲む人々の、美しく、優しく、切ない、感動の物語。

【ミュージカル『ファインディング・ネバーランド』公演概要】

公式サイトはこちら

<公演期間>
東京公演:2023年5月15日(月)~6月5日(月)
大阪公演:公演期間未定
久留米公演:2023年6月
富山公演:2023年6月
名古屋公演:2023年6月

<会場>
東京:新国立劇場 中劇場
大阪:未定
久留米:久留米シティプラザ ザ・グランドホール
富山:オーバード・ホール
名古屋:愛知県芸術劇場 大ホール

<上演時間>
未定

<料金>
東京:
S席14,000円 A席8,000円
Yシート:2,000円 ※20歳以下対象・当日引換券・要証明書・10月24日より枚数限定販売
https://horipro-stage.jp/findingneverland2023-ticketinfo/#Link04
(全席指定・税込)
※A席の販売は一般発売からとなります。 (ホリプロステージ貸切公演を除く)
※未就学児入場不可
本公演のチケットは主催者の同意のない有償譲渡が禁止されています。
※やむを得ない事情により、出演者並びにスケジュールが変更になる可能性がございます。予めご了承ください。
※公演中止の場合を除き、払い戻し、他公演へのお振替はいたしかねます。ご了承のうえ、お申込みください。

「東京公演座席表」
https://s3.ap-northeast-1.amazonaws.com/www.horipro-stage.jp/wp-content/uploads/2022/10/04133030/findingneverland2023_seatmap.pdf

『チケット発売』
「ホリプロステージプレミアム会員」
《抽選先行》2023年1月21日(土)12:00~1月29日(日)23:59
《先着先行》2月11日(土)9:00~2月20日(月)23:59

「ホリプロステージ無料会員」
《先着先行》2月11日(土)12:00~2月20日(月)23:59

「一般発売」
2月22日(水)11:00

「Yシート(20歳以下限定)」
2月27日(月)17:00~3月5日(日)23:59

<出演者>
J・M・バリ:山崎育三郎
シルヴィア:濱田めぐみ
フック船長/フローマン:武田真治
メアリー・バリ:夢咲ねね
デュ・モーリエ夫人:杜けあき
ほか

<STAFF>
原作:デヴィッド・マギー脚本によるミラマックス映画作品 アラン・ニーによる戯曲『The Man Who Was Peter Pan』
台本:ジェームズ・グラハム
作曲・作詞:ゲイリー・バーロウ&エリオット・ケネディ
演出:小山ゆうな
訳詞:高橋亜子
音楽監督:小澤時史
美術:二村周作
照明:勝柴次朗
音響:山本浩一
映像:上田大樹
衣裳:前田文子
ヘアメイク:宮内宏明
振付:松田尚子
歌唱指導:亜久里夏代
稽古ピアノ:森本夏生
演出助手:河合範子
舞台監督:小笠原幹夫
東京公演主催:フジテレビジョン/キョードー東京/ホリプロ
久留米公演主催:インプレサリオ
富山公演主催:北日本新聞社 /富山テレビ放送 /イッセイプランニング
名古屋公演主催:東海テレビ放送
共催:久留米シティプラザ(久留米市)
企画制作:ホリプロ

 - News, Stage