世界のエンターテイメントの“今”をお届け!

大ヒットを記録したサスペンス映画を舞台化 舞台「殺人の告白」公演スタート

新鋭チョン・ビョンギル監督が、韓国史上最悪の連続殺人事件とも言われている実際に起きた
「華城(ファソン)連続殺人事件」からインスピレーションを得て描いたサスペンス作品、
映画「殺人の告白」の初舞台化が決定!舞台「殺人の告白」が、2022年6月17日(金)~6月26日(日)に
東京都豊島区のサンシャイン劇場にて上演されます。

映画「殺人の告白」は、2012年に韓国で公開後、270万人突破の大ヒットを記録し日本でも公開され、
その後2017年には藤原竜也と伊藤英明のダブル主演により映画「22年目の告白-私が殺人犯です-」
としてリメイクもされた人気作。時効成立後、突然自らの罪を告白し世間の注目を集める
容姿端麗な連続殺人犯と、事件を執拗に追う刑事、そして愛する人を失った残された者たち、
それぞれの思惑がぶつかり、国を揺るがす犯罪ショーへと発展します。

本作で主演・連続殺人犯「イ・ドゥソク」を務めるのは、韓国出身の男性ダンスヴォーカルグループ
「SUPERNOVA(超新星)」のリーダーで、歌手活動以外にもドラマ、映画、そしてミュージカルなど
マルチに才能を発揮しているユナク。ドゥソクを追う刑事「チェ・ヒョング」には、
ブロードウェイミュージカル『アナスタシア』やミュージカル『RENT』などに出演し、
歌手としてだけではなく俳優としても活躍をみせているCHEMISTRYの堂珍嘉邦。
更に、連続殺人事件の真犯人を名乗る人物J を前川泰之が、ヒョングの婚約者・スヨンの父で
ウリ物産会長チョン・ウヌを岡田浩暉が、出版社の女社長オ・ソヨンに大林素子が演じ、
個性豊かな役者陣に期待が高まる。また、堂珍演じるヒョングの相棒・グァンスに小南光司、
ヒョングの婚約者・チョン・スヨンを岡田夢以、ほか日向野祥、白又敦、加藤里保菜などが名を連ねます。

そして本作の脚本・演出・映像を、ジョン・キャメロン・ミッチェル主演の
『HEDWIG AND THE ANGRY INCHSPECIAL SHOW』などの演出も担当したヨリコ・ジュンが務めます。
日韓で大ヒットを記録したサスペンス映画が、観客の目の前でどのように描かれていくのか…。
2022年6月17日(金)、初日の開幕に先駆けて公開ゲネプロが行われました。

【あらすじ】

15年前に起こった連続殺人事件の犯人だと名乗り出た男、イ・ドゥソクは、時効が成立しているために
無罪となった上、自分の犯した殺人について詳細に記した本を出版。
その衝撃的な内容と美しいルックスが相まって、ドゥソクは一躍時の人となる。
しかし、15年間事件を追い続けていた刑事チェ・ヒョングは、本の中に最後の未解決失踪事件の真相が書かれていないことに気づく。
そんな中、自分こそが真犯人だと主張する人物が現れ……。

カーテンコールにて、主要出演キャスト10名より意気込みコメントが話されました。

チェ・ガンスク役:加藤里保菜
「本当に学生時代に夢中になって見ていた思い入れのある作品にこうやって出演出来る事を大変に嬉しく思います。
映像や演出に本当に拘りが詰まっています。是非、楽しみに劇場に足を運んでいただけたらと思います。宜しくお願い致します。」

チョン・テソク役:白又敦
「キャスト・スタッフ一丸となって作品を作って来ました。こんなに映像を使う舞台は日本にはないんじゃないか、という位、
盛り沢山の作品になっています。是非、素敵な記事を宜しくお願いします。」

カン・ドゥヒョク役:日向野祥
「漸く今日から始まるという事で、僕達役者一同、そしてスタッフの方も沢山いて、全員で一丸となって
最後の日までエンターテイメントを届けられる様に。そしてこの映像を駆使した作品ですので、
色んな感情になれるかなと思いますので、最後まで全力で進んで参りたいと思います。
最後まで応援の程、よろしくお願い致します。」

チョン・スヨン役:岡田夢以
「キャストとしてこんなにも感情移入出来る素敵な作品に豪華なキャストの皆さんと出演させていただけて
本当に嬉しく思っております。千秋楽までセヨン役として精一杯生きていきたいと思いますので、
応援の程をよろしくお願い致します。」

グァンス役:小南光司
「先輩方が魂と体を削ってやっている作品ですので、重たい作品ではございますが、若手の僕は先輩に負けない位、
体を削って最後まで全力で負けない様に演じたいとおもいますので、是非劇場に足を運んでいただけたら嬉しいです。」

オ・ソヨン役:大林素子
「このお芝居は皆さんが結構、深く強い思いを背負った中一人、ちょっと自由にやらせていただいているので、
グロテスクに皆さんを盛り上げてまいりたいと思います。最後まで完走出来る様に皆さんの応援、そして良い記事をお願い致します。」

J役:前川泰之
「個人的な事ですけども、僕自身も本当に暫くぶりの舞台ですし、こうやって劇場に来て改めて芝居をしてみて
本当に幸せだなと感じながらやっている日々です。お客様の前で演じられる幸せを噛みしめながら
精一杯演じていきたいと。観てくれるお客様、そしてこのキャストの皆さんに「気持ち悪い!コイツムカつく!」と
思われる様に精一杯頑張りたいと思います。このメンバーでオリジナル溢れる殺人の告白を作り上げたいと思います。」

チョン・ウヌ役:岡田浩暉
「登場人物の全てが愛を見つめ続け、走り続ける、そんな作品です。是非とも、一人でも多くの方に
ご覧いただけたらと願っております。どうぞよろしくお願いいたします。」

チェ・ヒョング役:堂珍嘉邦
「韓国で上演された映画の舞台という事で、日本と韓国が手を取り合って作っている作品になります。
今日初日を迎えますけども、引き続き千秋楽に向かって誰一人欠ける事無く進んでいきたいなと思いますので、よろしくお願いします。」

イ・ドゥソグ役:ユナク
「凄く良い話を皆さんが沢山言ってくれて。本当に素晴らしいキャストと演出家さん、スタッフさんで
こんなに素晴らしい作品が出来て凄く嬉しいし、沢山の皆さんに観てもらいたいなと言う気持ちです。
記者の皆さん、SNSには「いいね!」「♥」、色々な広告宣伝、実際に観たら「凄いよ!」って、
沢山書いてもらったら嬉しいなと思います。勿論、ステージで全力で頑張ります。是非、宜しくお願いします。」

【舞台「殺人の告白」公演概要】

公式サイトはこちら

<公演期間>
2022年6月17日(金)~6月26日(日)

<会場>
サンシャイン劇場

<上演時間>
約1時間50分(途中休憩無し)

<料金>
9,900円
(全席指定・税込)
※未就学児童入場不可
※ご購入後の返金・クレーム及びお席の振替は一切お受けできません。予めご了承ください。

『チケット発売』
一般発売:2022年5月7日(土)10:00~

「問い合わせ」
サンライズプロモーション東京:0570-00-3337(平日12:00~15:00)

<出演者>
イ・ドゥソグ:ユナク
チェ・ヒョング:堂珍嘉邦

グァンス:小南光司

チョン・スヨン:岡田夢以
カン・ドゥヒョク:日向野祥
チョン・テソク:白又敦
チェ・ガンスク:加藤里保菜

オ・ソヨン:大林素子

J:前川泰之

チョン・ウヌ:岡田浩暉

吉田晃太郎
石井真司
及川崇治
池田彰夫
岡将士
鈴木茉莉恵

<STAFF>
原作:Jung Byung-gil
脚本・演出・映像:ヨリコ・ジュン
協力:SHOW BOX、辻本好二(神宮前プロデュース)、Pyo Jusik
主催:舞台「殺人の告白」製作委員会

 - News, Stage