世界のエンターテイメントの“今”をお届け!

演出:錦織一清「飛龍伝2022~愛と青春の国会前〜」開幕!

つかこうへいの逝去に伴い解散した「★☆北区つかこうへい劇団」が、その解散当時の
劇団員の有志により結成された「★☆北区AKT STAGE」。同団体は2016年に「初級革命講座飛龍伝」
「あゝ同期の桜」、2017年に「寝盗られ宗介」を錦織一清とのタッグで上演をしてきました。
【★☆北区AKT STAGE】×【錦織一清】の第三弾公演「飛龍伝2022~愛と青春の国会前〜」が
2022年5月20日(金)~5月24日(火)に東京都新宿区の紀伊國屋ホールにて上演されます。

アングラ演劇の旗手として演劇界に革命を起こしたつかこうへいの『飛龍伝』は、
1973年に発表されてから再演を重ね、1990年に『飛龍伝’90 殺戮の秋』で
第42回読売文学賞受賞した、つかの代表作。物語では、日夜学生たちの弾圧に明け暮れる
警視庁第四機動隊隊長・山崎一平と、進学のために四国から上京した1人の少女・神林美智子が
学生運動の波に身を投じ、革命と愛に激しく燃えあがる生きざまが描かれます。
つかの薫陶を受けてきた演出の錦織一清、そして、1970年代、つかこうへいと共に
日本の演劇界を牽引してきた紀伊國屋ホールも共催として作品創りを支えます。

出演には『刀剣乱舞-維伝 朧の志士たち-』、『DOGFIGHT』、ミュージカル『フィスト・オブ・ノーススター〜北斗の拳〜』など
舞台俳優として幅広く活躍する一色洋平を主演・山崎一平役に迎え、神林美智子役を北区AKT STAGEの劇団員の井上怜愛が演じます。
初日の開幕を翌日に控えた2022年5月19日(木)、メディア及び関係者向けに公開ゲネプロと囲み取材が行われました。

【あらすじ】

この国の『革命前夜』1970年。
新しい日本を夢見た全共闘・神林美智子と、今の日本を衛る為に
命を賭けた機動隊・山崎一平のイデオロギーを越えた純愛物語。
鬼才つかこうへいが描いた革命的青春群像劇が時代を越えて蘇る。
11.26国会前―――、永遠の愛を誓い合った二人の最終決戦が、今始まる!

1973年に初演が上演された「初級革命講座 飛龍伝」を原案とし、以降、無数の改訂が重ねられ、
今日までつかこうへい戯曲の代表作の一つとして日本演劇界にその名を轟かせる「飛龍伝」。
つか氏の死去により2011年7月に解散した北区つかこうへい劇団の劇団有志が同年8月に創設した、
「北区 AKT STAGE」と演出家・錦織一清が5年ぶりとなるタッグを組み、同劇団としても
「飛龍伝2014」以来8年ぶりとなる、紀伊國屋ホールでの「飛龍伝」の上演が実現。

従来同様、舞台セットの類ががほとんど登場しない素の紀伊國屋ホールのステージ上では
19名のつか氏の志を受け継ぐ名うての俳優達が劇場の壁を突き破らんばかりの熱量で
約2時間15分の上演時間が超音速に感じる程の濃い観劇体験を来場者に提供しています。
今作で山崎一平役を務める一色洋平さんの高い身体能力を活かしたアクションや、一平の美智子へのアピールシーン、
「飛龍伝」恒例のかなり際どい表現がなされる上演されるその当時の時事ネタ等、見所の列挙に暇がありませんが、
錦織さんが手掛けた今回の大きな演出点として、劇中の冒頭、及び最終盤にこれまでの「飛龍伝」には無い、
ある重要シーンが新たに追加されており、作品誕生から間もなく50年を迎える「飛龍伝」に新たな一面を持たせています。
そして、主題歌『栄光の石(意志)』、挿入歌『青い太陽』両曲を錦織さんが自ら物語の世界観を歌っており、
「劇団の熱に負けない曲を作りました」との本人の言葉の通り、俳優達の熱演を盛り立てるナンバーとなっています。

【囲み取材の様子】

公開ゲネプロ終了後、劇場ロビーにて、山崎一平役の一色洋平さん、神林美智子役の井上怜愛さん、
桂木順一郎役の小山蓮司さん、そして今作の演出を手掛けた錦織一清さんの4名が登壇しての囲み取材が行われました。

Q:ゲネプロを終えた感想は?

井上さん「2か月前にプレ稽古が始まって、一か月前からの本稽古で一色さんを迎えて錦織さんが入って下さって
稽古がスタートしたんですけども、なんというか、この劇場のパワーは凄いなと思っています。頑張ります。」

小山さん「今までの飛龍伝を楽しんで下さった方にもですけど、新しく飛龍伝を観ていただくお客様にも、
分かり易く楽しんでいただける、心に残る作品になるのではないかと、ゲネを終えて改めてより一層
強く感じました。これから本番が始まりますけども、全員野球で一丸となって突き進んでいきたいと思います。」

一色さん「今日のゲネプロは自分の演劇史の中でも記憶に残るゲネだったな、と思うのは、
昔、先輩に言われた「物語の主軸を担う様な人間は周りが動かしてくれるからただ漂っていれば良いんだよ。」、
その意味が結構分かった一日でした。だから思えばこれだけ、つか戯曲の大先輩がいらっしゃって、
この劇場にもつかさんが宿っていると思うので、この空間だったり役だったり、周りの人々に力を借りて
ただ漂って5日間を過ごせれば良いなという風に思った一日でした。明日からの初日、頑張ります。」

錦織さん「ゲネプロを終えまして、僕だけ汗一つかいていないのを申し訳ないなって思う舞台です。
只でさえつかさんのお芝居は台詞量も多くて大変なんですけども、稽古中もこういう時期ですから
皆さんずっとマスクをしてやっていただいたり、大変なご苦労があったかと思います。
でも今日のゲネプロの日まで早く照明が当たった舞台で観たいなとおもっていたので、
ゲネプロを観させていただいて、非常に感無量で言う事無しなので、後は沢山の方に観ていただければと思います。」

Q:2016年に「初級革命講座 飛龍伝」を演出されているが、今回はそれを踏まえたものなのか?

錦織さん「初めて北区 AKT STAGEの劇団でやらせていただいた作品が「初級革命講座 飛龍伝」で、
割と人数が少なめというか、3名程でやっている様な舞台だったので、その時から一度は今作の様な
”団体戦”をやってみたいなと思っていたので僕自身、数年ぶりに携わらせてもらったんですけども感無量です。
本当に楽しませてもらえるので、つかさんの本を演出している時も、僕が出演している時もそうなんですけども、
楽しませてもらっているというのが僕の気持ちですね。」

Q:感無量との事だが、エンターテナーである自身の演じたいという気持ちはあるか?

錦織さん「僕も演出をやってかなり長い年月をやっているんですけども、昔僕が役者をやっている時から
ずっと演出をやってみたかったんですが、演出家として舞台を見ているとちょっと触発されますよね。
ホントに悔しい位、このカンパニーの稽古に参加をしていても、なんだか演出をしていても、
パッションや個性豊かな方ばかりがやっているので、自分自身だけが置いて行かれちゃいそうな、
そんな気分になったので、横にいる3人や他のキャストの方からも触発をされてやる気にさせていただいて。
僕も還暦まで秒読みになってきましたけども、若い方達とこうやって出来るというのが、
何時でも人生で今が一番楽しいと感じさせてもらっているので本当に感謝しています。

Q:ここに注目して欲しいという部分は?

錦織さん「作り手としては隅から隅まで全シーンをちゃんと観ていただきたいというのが山々なんですけども、
この話はここにいる3人の話だと思っているんですけどね、パッションというか3人共個性豊かで
嘘のない汗というか、一色さんが特にそうですけど、彼とは初めてだったんですが、
つかさんに僕が前から言われていた事の中に「台詞を決してこねくり回さず、感情だけが出ているお芝居」というか、
なにか見ていて、彼の逞しい体から心臓が丸出しになっているみたいな芝居をされるので。
僕なんか、全然こねくり回してしまっているんですけどね。そういう事がこの3人から凄く教えて頂いた事が
今更ながらに沢山有るので、またこういうお芝居に出てみたいですね。」

一色さん「ひたすら大人数で舞台を賑やかして熱を籠めたかと思えば、フッ、と2人になったり1人になったりと、
その緩急の差というのが、僕はつかさんの作品を見ていても脳みそを揺さぶられる所があったんですよね。
それこそ、高校生の時に自分が初めて観たつかさんの作品が「飛龍伝」だったので、それも大騒ぎしたかと思えば、
立った2人きりのシーンになったりとか、熱の差にもやられたので、高校生の時に自分が受けた衝撃であったり、
脳みそが揺さぶられる感じというのを今回のこの紀伊國屋ホールでの公演でも是非、色んなお客さんに
味わってもらいたく、特につかさんの作品を初めて味わうには、色々な脳みその揺さぶられ方をして欲しいなと
物語の始終を通して思っています。」

小山さん「僕等3人がメインという事になっているんですけども、今作ではアンサンブルというものが何も無くて、
出演者19人夫々の生き様というのが、その一人一人が生きて来た人間性が凄く出ている舞台だと思うので、
そこで19人のセッションがどうなるのか?そんな所も楽しみながら観ていただけたらと思います。」

井上さん「私が初めてつかさんの作品を映像で見たのが「飛龍伝」だったので、その時に感じたのは、
衝撃的過ぎて、言葉がバァーッと出て訳も分からず泣いたのを覚えているんですけど、
きっとそこにはどんなに愛する事が苦しく辛かったりとかしても、人を愛する事に対する
喜びをこの作品で凄く感じたんですね。この19人が作る飛龍伝で愛情やつかさんが書き残した
パッションを皆さんに感じて頂けたらなと思っております。」

Q:新曲を2曲下ろしているが、ゲネプロで実際に聴いた感触は?

錦織さん「僕もちょっと変えてみたかったな、というシーンが割とありまして、その中で僕が歌わせてもらった曲なんですが、
昔僕は、自分の歌を歌いながら立ち回りをやったりとか、それをつかさんにやらせていただいた経験はあるんですが、
中々自分で演出するとなると照れくさくて使えないというのがあって、今回は僕がボーカルを録った曲が2曲程、
堂々と入れさせていただいているので。ちょっとがっかりするのが、僕のボーカルが入った時点で出演者の台詞が
が~が~と煩くなるので、詞が分からないので音響さんにもう少しボリュームを上げてもらおうかなと。」

Q:稽古場での印象的なエピソードは?

一色さん「僕は稽古の初期の頃に少人数での稽古をする事が多かったので、僕や怜愛さんやこの3人とかのシーンが
あったりしたんですけど、その時に山崎一平を如何作っていこうかなと思った時に錦織さんが
「一色さんのなかで純朴であれば良いよ」と仰って下さって、それが凄く救いになったんですね。
役者をやっていると、ウワァーって、長いセンテンスでアドバイスを頂くよりも、ぽんっ、と
仰って下さった事が直ぐ記憶に残ったり、千秋楽までその一言が助けになったりするので、
僕の中では実は千秋楽まで錦織さんの言葉が救いになっていますし、今でもキーになっている一言として働いています。」

小山さん「錦織さんが個人個人に合った笑い所というか、台詞を段々としたって下さるんですけど、
本気でそのまま役者がやっていくと、錦織さんが凄く笑って下さるんですよ。
その度に役者陣が「あぁ、嬉しいな」となっているこの皆の姿が印象的でしたね。」

一色さん「我々はもうつかさんの口建ては味わえないけれど、錦織さんの口建ては味わえる。
それが唯一の救いですよね。特にコメディのパートにはそういう部分が散りばめられているので、
これが錦織さんの演出と想像してもらえると。」

井上さん「私は通し稽古で、神林美智子という名前が私の中で凄く大きくて、
「こういうものなんじゃないか」という理想が凄く有ったんですね。その時に錦織さんがポロッと
「井上さんってさぁ、どんな人なの?」って言って下さったこの一言が、
私がやる神林美智子が私らしくなきゃいけないんだなと、物凄く胸に来たというか、そうか…と思いましたね。」

最後にメッセージを。

錦織さん「これは恐らく、30年前から始まった「飛龍伝」舞台に慣れ親しんでいるお客様も来て観ていただくと、
ちょっと前半と後半で鍵括弧で現代に時間を戻しているシーンがありまして、その辺の所を
今回は弄らせていただいている部分があって、そういう方にはちょっと慣れ親しんでいない
「飛龍伝」なのかも分かりませんが、そこをご了承いただいて、僕等がやらなければいけないのは、
つかさんの亡き後ですけども、これからもつかさんの作品を未来に進めていかなければいけない事が
僕達の役目だと思いますので、広い気持ちで観ていただければと思います。」

【「飛龍伝2022~愛と青春の国会前〜」公演概要】

公式サイトはこちら

<公演期間>
2022年5月20日(金)〜5月24日(火)

<会場>
紀伊國屋ホール

<上演時間>
約2時間15分(途中休憩無し)

<料金>
4,500円
(全席指定・税込/前売・当日共)

<劇中楽曲>
主題歌:『栄光の石(意志)』
歌:錦織一清
作詞:前園直樹(冗談伯爵)、錦織一清
作曲:新井俊也(冗談伯爵)

挿入歌:『青い太陽』
歌:錦織一清
作詞:前園直樹(冗談伯爵)
作曲:新井俊也(冗談伯爵)

(P)&(C)2022 Uncle Cinnamon Records

<出演者>
山崎一平:一色洋平

神林美智子:井上怜愛
桂木順一郎:小山蓮司

ネズミ:青野竜平
三浦:三浦ゆうすけ
草野:草野剛

スターリンとめ:とめ貴志
タミヤタカヒロ:松本有樹純
中村雅敏:外波山流太
ジーパン/江刺家:江刺家信雄
マカロニ:此村太志
テキサス:池田大輔

木村:木村明弘
伊志嶺:栗林広輔
仲本コウジ:つかてつお
東海村:尾崎大陸

大江:大江裕斗
宮本小次郎:古賀豊

プーチン及川/大家:及川いぞう

アジテーション演説の学生:草野剛
勝利(50代):古賀豊

<STAFF>
作:つかこうへい
演出:錦織一清
脚本協力:羽原大介
舞台監督:森和貴
照明:酒井明
音響:内藤勝博
振付:古賀豊
殺陣:松本有樹純
衣装:今井彩奈未
宣伝美術:鈴木めぐむ
宣伝写真:牧野信吾
制作:古屋太朗
プロデューサー:時津真人
主催:特定非営利活動法人 北区AKT STAGE
共催:(株)紀伊國屋書店
企画・製作:北区AKT STAGE
制作協力:(同)ものづくり計画/(株)style office

 - News, Stage