世界のエンターテイメントの“今”をお届け!

中村勘九郎主演 スペクタクルリーディング『バイオーム』制作発表会見開催!

2022年6月8日(水)~12日(日)に東京都豊島区の東京建物BrilliaHALLにて、
スペクタクルリーディング『バイオーム』が上演されます。本公演の脚本を務めるのは、
宝塚歌劇団で心に残る数々の名作を手掛けてきた上田久美子。
演出は、「麒麟がくる」「精霊の守り人」を手掛けた一色隆司が務めます。

そして、出演者には、演劇界を牽引する7名の俳優陣が集結。それぞれが一人2役を演じます。
代々続く政治家一族の一人息子ルイとルイの家で働く家政婦ふきの孫娘ケイの2役に、主演の中村勘九郎。
精神的に不安定な部分がある一族の一人娘でありルイの母親の怜子、そしてクロマツの芽の2役を演じるのは花總まり。
家政婦ふきの一人息子で、父を継いで一家の庭師をしている野口とイングリッシュローズの2役を演じるのは古川雄大。
一族の家長で、現在は引退して老獪に学をサポートしている元大臣克人とクロマツの盆栽の2役を演じるのは野添義弘。
ルイの母、怜子の傾倒する花療法士ともえと竜胆の二役を演じるのは安藤聖。
一族の婿養子で、元官僚の学と若い大木セコイアに2役を演じるのは成河。
ルイの一家に古くから仕える家政婦ふきと、樹齢二百年近い大きな黒松の2役を演じるのは麻実れい。
2022年4月26日(火)、公演に先立ち、東京都内某所にて制作発表会見が行われました。

【キャスト:作・演出家コメント】

作:上田久美子
「この作品は、今の社会や世界から自分が受け取ったものを即興的に形にした物語で、
植物の世界と人間の世界が折り重なっている不思議な世界になりました。
今までのカテゴリーにはまらない台本になったので、見に来てくださった方が
物語のジャンルとして知らなかったものだと感じてもらえると思います。
〈演出を他の人がすることについて〉一色さんが私の書いた世界をさらに広げてくださる予感があり、わくわくしています。」

演出:一色隆司
「上田先生からとてつもない台本をいただき、どうしようと初めは思っていましたが、
読み進めると世界がどんどん広がって、自ずと物語が動き出していきました。
人物造形がしっかりしているだけでなく、大地や自然の壮大さを感じる物語に、
素晴らしいキャストが集まってくださり、ワクワクどきどきしています。
素敵な作品をお届けしたい、そんな期待感と高揚感でいっぱいです。」
ルイ/ケイ役:中村勘九郎
「豪華な皆様とご一緒できるというだけで幸せですしワクワクしております。
脚本を読ませていただいただけでは完成形がどうなるのか想像がつきませんが、
稽古をしていい作品を皆さまにお届け出来ればと思っております。ルイとケイという、
8歳の男の子と女の子を40歳の私が演じるとどうなるかなという不安しかないのですけれども、
遠い昔に置き忘れてきた純粋な心を本番までに取り戻したいと思っています。」
怜子/クロマツの芽役:花總まり
「ルイの母・怜子とクロマツの芽を演じます。
人間と植物の二役は初めてです。この二役の関連性は意味があると感じますし、新たなチャレンジにわくわくしております。
人間と植物の話は興味深く、要所要所にドラマが込められています。
お稽古を通じて皆さんとコミュニケーションを取りながら、自分の役割を果たしていきたいです。」

野口/一重の薔薇役:古川雄大
「謎めいた庭師の野口とイングリッシュローズを演じます。上田さん、一色さんとご一緒できて嬉しいです。
イングリッシュローズはマダム口調で話すので、資料を見ながら口調を習得して皆様に披露したいと思います!
刺激的な機会になると確信しております。楽しみです!」
克人/クロマツの盆栽役:野添義弘
「皆さんと今回ご一緒できることを幸せに思っています。この作品は、きっと五感を揺さぶる、
見たことの無いものになると期待しています。ぜひ劇場で見たことの無いものを一緒に体験してください。
一見厳しく冷酷に見える論理的な克人と、愉快な庶民派のおっさんのようで
感覚的なクロマツの盆栽の違いを見せられるよう頑張ります。」
ともえ/竜胆役:安藤聖
「豪華な皆さんと一緒に参加できてうれしいです。今回私は、怪しげな花療法士ともえと竜胆を演じます。
竜胆の花言葉は「正義」、その言葉は、ともえも竜胆も共通していると思っています。
台本は絵本を読んでいるような感覚で、いろいろな要素が詰まった作品です。楽しみながら演じたいと思っています。」
学/セコイア役:成河
「今回のお話は、生々しい人間ドラマで、全員が少しずつ被害者であり加害者であるという
ヒリヒリするお話となっています。学は努力して政治家一族に入ったという役どころで、
色々なストレスや葛藤を抱えている、生々しい部分を担当しています。
登場する政治家一族の庭には、日本古来の植物と西洋の植物が混在している庭になっているということも
大事なテーマのひとつにもなっているので、どういう気持ちで何を見守ってきたのかということを考えるとすごく楽しいです。」
ふき/クロマツ役:麻実れい
「いわくありげな家政婦・ふきとクロマツを演じます。初めて台本を読んだ時は難しいと思いましたが、
何度も読んでる内に噛みごたえのある役だと感じ期待が高まりました。このメンバーで
無限大に広がる作品にしていきたいと思います。歌舞伎以外で勘九郎さんを拝見したのは、
赤い着物を着てオペラを演じていた作品が印象的でした。そんな勘九郎さんと近くで一緒にできることが今から楽しみです。」

【あらすじ】

その家の男の子はいつも夜の庭に抜け出し、大きなクロマツの下で待っていた。フクロウの声を聴くために…。
男の子ルイの父に家族を顧みるいとまはなく、心のバランスを欠いた母は怪しげなセラピーに逃避して、
息子の問題行動の奥深くにある何かには気づかない。政治家一族の家長としてルイを抑圧する祖父、
いわくありげな老家政婦、その息子の庭師。力を持つことに腐心する人間たちの様々な思惑がうずまく庭で、
古いクロマツの樹下に、ルイは聴く。悩み続ける人間たちの恐ろしい声と、それを見下ろす木々や鳥の、もう一つの話し声を…。

【ライブ配信決定】

スペクタクルリーディング『バイオーム』のライブ配信の実施が決定。
詳細は後日発表。

【「スペクタクルリーディング『バイオーム』公演概要】

公式サイトはこちら

<公演期間>
2022年6月8日(水)~6月12日(日)

<会場>
東京建物Brillia HALL

<上演時間>
未定

<料金>
限定2000部プログラム付きS席11,000円 S席10,000円 A席8,000円 B席5,000円
(全席指定・税込)
学生席3,000円(当日座席引換券・税込)
※学生席の販売はネット会員・オンラインチケット・チケットぴあのみとなります。
※未就学児童のご入場はご遠慮ください。

『チケット発売』
一般発売日:2022年5月21日(土)AM10:00

「チケット販売先」
・チケットぴあ
・イープラス
・ローソンチケット
・としまチケットセンター
・梅田芸術劇場オンラインチケットhttps://ko-ume.pia.jp/
・梅田芸術劇場窓口発売日翌日以降 10:00~18:00

<出演者>
ルイ/ケイ:中村勘九郎

怜子/クロマツの芽:花總まり
野口/一重の薔薇:古川雄大

克人/クロマツの盆栽:野添義弘
ともえ/竜胆:安藤聖

学/セコイア:成河

ふき/クロマツ:麻実れい

<STAFF>
作:上田久美子
演出:一色隆司
美術:杉山至
照明:中山奈美
音楽監督:標葉千晴
映像:松澤延拓
衣裳:富永美夏
ムーブメント:川村美紀子
作曲・編曲:Chikara Ricky Hazama, 秩父英里
演出助手:吉中詩織
舞台監督:八木清市
企画・制作:梅田芸術劇場
主催:梅田芸術劇場
制作協力:NHKエンタープライズ

 - News, Stage