世界のエンターテイメントの“今”をお届け!

今夏7月上演 ブロードウェイミュージカル『ピーター・パン』ダーリング夫人役に壮 一帆決定!

世界中で愛され続けているブロードウェイミュージカル『ピーター・パン』。
1981年新宿コマ劇場に榊原郁恵(※榊はキヘンに神)演じるピーター・パンが舞い降りて以来、
42年目の公演を迎えます。昨年に引き続き潤色・訳詞にフジノサツコ、演出に森新太郎。
親しみやすくどこか懐かしさを感じる原点回帰と胸躍る幸福感に満ちた
森演出版『ピーター・パン』が、さらにパワーアップして私たちの元へ帰ってきます。

(上段左より)吉柳咲良、小西遼生(下段左より)岡部麟(AKB48)、田野優花、壮 一帆

今年2022年版『ピーター・パン』でダーリング夫人を演じるのは、元宝塚歌劇団雪組トップスターで、
退団後も様々なジャンルの舞台に挑戦する一方、コンサートやライブも精力的に行っている壮一帆。
演出の森新太郎とは、以前、森が演出する舞台への出演が決まっていたものの、
新型コロナウイルスの影響で中止になってしまったため、今回が待望の初タッグとなります。
壮さんの底抜けの明るさがこの作品の大きな支えになるはずです!」と森は期待感に胸を躍らせていました。

吉柳咲良/2021年舞台写真より 撮影:宮川舞子

公演は今夏2022年7月23日(土)~8月2日(火)東京・東京国際フォーラム ホールCにて、
その後8月に大阪・梅田芸術劇場メインホールにて上演予定。東京公演チケットは好評一般発売中。

【ダーリング夫人役:壮一帆コメント】

「『ピーター・パン』は子供の頃から大好きでよくVHSで見ていて、私にとって最初のヒーローは
ピーター・パンでした。そんな作品に出演できることをとても嬉しく思います。
お母さんの役ですが、私自身も子供心に返って取り組めると思いますし、
子役さんたちから純粋なものを受け止めながら一緒にお芝居を作っていくのがとても楽しみです。
以前、森新太郎さん演出の作品に出演予定でしたが、新型コロナウイルスの影響で叶わなかったので、
今回やっと憧れの演出家・森さんとご一緒できることになり、本当に嬉しく楽しみでなりません。」

【あらすじ】

あるところに、いつまでも子どものままの男の子がいました。
いたずら好きで、やんちゃでちょっぴり意地悪で、そして空を飛べるその子の名前はピーターパン(吉柳咲良)。
ダーリング家の子どもたち、ウェンディ、 ジョン、マイケルと友達になったピーターパンは、
3人を連れて夢の国ネバーランドへと飛び立ちます。ウェンディはネバーランドで出会った迷子たちのお母さんになり、
タイガー・リリー率いる森の住人たちとも仲良くなりました。みんなと楽しく愉快な時を過ごしながらも、
いつしか家が恋しくなり、迷子たちも連れてロンドンの家に戻ることにします。
ところが、フック船長(小西遼生)率いる海賊たちが待ち構え、ウェンディたちを捕まえてしまいます。
全員で立ち向かった海賊との激しい戦いに勝った末、ピーターパンとの最後の別れを惜しむウェンディたち。
ウェンディは彼にお願いをします。「春の大掃除の季節にはきっと迎えに来てね。 」と。
時が経ち、約束を果たしにピーターパンがやってくるのですが…。

【ブロードウェイミュージカル『ピーターパン』公演概要】

公式サイトはこちら

<公演期間>
東京公演:2022年7月23日(土)~8月2日(火)
大阪公演:2022年8月

<会場>
東京:東京国際フォーラム ホールC
大阪:梅田芸術劇場メインホール

<公演時間>
未定

<料金>
ドリームシート:9,000円 ※妖精の粉付き
S席:おとな8,500円/こども5,500円
A席:おとな5,000円/A席こども3,000円
(全席指定・税込/こども:3歳~12歳)

Yシート(20歳以下限定): 2,000円
※20歳以下対象・当日引換券・要証明書・3/28より枚数限定販売
https://horipro-stage.jp/peterpan2022-ticketinfo/

「座席表」
https://prtimes.jp/a/?f=d28143-20220303-925882a27e2537a8222ab9384669b4f1.pdf

『スペシャルイベント・来場者全員プレゼント対象日程』
★=スペシャルイベント
◆=来場者全員プレゼント

7月25日(月)13:00◆
7月26日(火)11:30◆
7月26日(火)16:00★◆
7月27日(水)11:30◆
7月27日(水)16:00★◆
7月29日(金)13:00◆
※詳細は決定次第、発表予定

<出演者>
ピーター・パン:吉柳咲良
フック船長/ダーリング氏:小西遼生
ウェンディ:岡部麟(AKB48)
タイガー・リリー:田野優花
ダーリング夫人:壮一帆

『海賊たち』
スミ―:佐川和正
マリンズ:笠原竜司
ビル・ジュークス:中山昇
スターキー:久礼悠介
ヌードラー:冨永竜
セッコ:渡部又吁

『迷子たち』
ふたご2:石川鈴菜
カーリー:倉澤雅美
ニブス:澤田美紀
トートルズ:中野歩
ふたご1:なづ季澪
スライトリー:松崎美風

『森の住人たち』
一条俊輝
井上弥子
黒田陸
佐藤アンドレア
澤村亮
鈴木昌実
深瀬友梨
渡辺崇人

ジョン:津山晄士朗
マイケル(Wキャスト):遠藤希子、君塚瑠華
ナナ:三浦莉奈

『スウィング』
伊藤かの子
佐山太一

<STAFF>
原作:サー・ジェームズ・M・バリによる作品を元にしたミュージカル
作詞:キャロリン・リー
作曲:モリス(ムース)・チャーラップ
潤色・訳詞:フジノサツコ
演出:森新太郎
翻訳:秋島百合子
音楽監督・編曲:村井一帆
美術:堀尾幸男
照明:佐藤 啓
音響:井上正弘
衣裳:西原梨恵
ヘアメイク:鎌田直樹
振付:新海絵理子
アクション:渥美 博
フライング:松藤和広
歌唱指導:満田恵子
演出助手:伴・眞里子
稽古ピアノ:金森 大
舞台監督 二瓶剛雄 瀧原寿子
エグゼクティブ・プロデューサー:堀威夫

 - News, Stage