世界のエンターテイメントの“今”をお届け!

ミュージカル『ストーリー・オブ・マイ・ライフ』待望の再演が開幕

音楽・作詞ニール・バートラムと脚本ブライアン・ヒルの手によって、
2009年にブロードウェイで初演され、ドラマ・デスク・アワードにノミネートされた本作。
(ミュージカル作品賞、作曲賞、作詞賞、脚本賞)ブロードウェイ上演の後、
2010年に韓国で上演され『スリル・ミー』同様、大ヒットととなり、
現在まで幾度も再演を重ねて韓国ミュージカルの定番作品として成長しました。
『ジキル&ハイド』等を上演するOD Musical Companyのプロデュースにより、
2011年には同作の映画化がされ、2020年には10周年公演を行っています。
そして待望の日本人キャスト版の再演が2021年12月13日(月)~12月25日(土)まで東
京・よみうり大手町ホールにて上演されます。
2役を交互に演じる相互上演が話題を呼んだ2019年の”日本初演ペア”が、今回の公演では、
亡くなった幼馴染アルヴィンを田代万里生が、小説家トーマスを平方元基が固定で演じます。
新しいペアである太田基裕と牧島輝を迎えたクリスマスシーズンに合わせての待望の再演。

2021年12月12日(日)、初日の開幕を翌日に控え、平方・田代ペア、太田・牧島ペア、
それぞれのペアによる公開ゲネプロが同日に行われました。

【あらすじ】

トーマス役:平方元基

(左)アルヴィン役:田代万里生(右)トーマス役:平方元基

人気短編小説家のトーマス(平方元基/牧島輝)は、幼なじみのアルヴィン(田代万里生/太田基裕)の
突然の死に際し、弔辞を読むために故郷へ帰って来る。しかし、葬儀が始まるというのに、
アルヴィンへ手向ける言葉が思い浮かばない。すると死んだはずのアルヴィンが目の前に現れ、
トーマスを自らの心の奥深くへと導いていく。そこには延々と続く本棚があり、
トーマスの思い出と積み重ねた人生の本当の物語を書いた原稿や本が存在していた。

アルヴィン役:田代万里生

(左)トーマス:平方元基(右)アルヴィン役:田代万里生

アルヴィンは、その中から弔辞に相応しい2人の物語を選び、トーマスの手助けを始める。
しかし、トーマスはそれを拒み、助けを借りずに弔辞を書くと言い張るが、アルヴィンは気にもとめず、
次々と物語を選び、語っていく。果たして、弔辞は完成するのか・・・。

(左)アルヴィン役:田代万里生(右)トーマス役:平方元基

トーマス役:平方元基

いくつもの物語が語られるにつれ、2人の間に存在した数々の埋もれてしまっていた
小さな結びつきが明らかになっていく。アルヴィンとトーマスが子供時代に育んだ絆と生涯を通じて築き上げた友情の物語。

アルヴィン役:太田基裕 撮影:田中亜紀

トーマス役:牧島輝 撮影:田中亜紀

2019年10月に大阪を初め全国4ヵ所にて初演が行われた本作。アルヴィンとトーマスの2人の
子供時代・学生時代・大人へと各世代の描写を巧みに交え、時に2人のサブリミナル描写もなされた、
「友達」「友情の物語」という言葉や括りだけでは、本作を語る事が忍ばれそうな程の、
”ある種の恋人”と呼べる程の物語が約2年の時を経て、初演の地の一つであるよみうり大手町ホールへと帰ってきました。

(左)トーマス役:牧島輝(右)アルヴィン役:太田基裕 撮影:田中亜紀

初演では、アルヴィンとトーマスの故郷は同じなれど、ややドライで社会的に大成功している人気小説家トーマスと、
片田舎の本屋を継いだ天真爛漫なアルヴィンという、毛色の全く違う2人を交互に演じるという高い難易度の演技を
見事にやってのけたのが、初演ペアである田代さんと平方さん。今回は役が固定されるという事や、
初演の大きな経験を活かし、ゲネプロから完全に2人の世界へとホール内の報道陣や関係者を引き込んでいます。
特に、後述のコメントにて、稽古場で平方さんから「スーパーアルヴィン」と呼ばれていたという田代さんの
アルヴィンの歌唱と演技は、是非現地で観て聴いて感じて欲しい所。

(左)アルヴィン役:田代万里生(右)トーマス役:平方元基

そして今回初めてアルヴィンとトーマスの世界へと挑戦するのが太田さんと牧島さん。
共にミュージカル「テニスの王子様」に出演し、以降グランドミュージカルや
大規模2.5次元舞台の出演経験を持つ太田さんと、同じく大規模ミュージカル作品や
TVドラマ等を主戦場として活躍する牧島さんの若手俳優の筆頭株の2人が
どの様な世界観を作り上げるのか、明日開幕する本番公演への期待を大いに盛り上げるゲネプロが繰り広げられました。
初演と異なり、よみうり大手町ホールでの13日間の東京公演のみとなる今回の再演。
東京のど真ん中で2組の俳優が魅せる、2021年最高のクリスマスプレゼントを是非、劇場で。

【演出家・出演者コメント】

演出:高橋正徳(文学座)
「両チーム共に稽古場で積み上げてきたものが、劇場という空間で花開くのを感じました。
田代さん、平方さんチームは再演にあたり解釈を掘り下げ、役を研ぎ澄ましていく事で、
この作品により深みを与えてくれました。太田さん、牧島さんチームはこの作品に新たな光を当て、
稽古場では今までと違ったトーマスとアルヴィンの関係を発見することが出来ました。
同じ戯曲、楽曲でありながら、それぞれのチームの色彩がはっきりとしたものになったと思います。
ミュージカル「ストーリー・オブ・マイ・ライフ」が演出の手を離れ、お客様の元に届き、
また成長していくのか、楽しみです。」

アルヴィン役:田代万里生
「いよいよ開幕です!クリスマス大定番映画であり、アメリカでは毎年この時期にTV放映もされているという
『素晴らしき哉、人生!』(1946年)に出てくる、命を絶とうとするジョージ・ベイリーと翼のない
見習い天使のクラレンスの二人両方をモチーフとしたアルヴィン。時と共に役が染み渡り、
さらにパワーアップした今回の稽古場では、元基からはスーパーアルヴィン!と呼ばれています。
全ての幕が閉じた時、あなたの心には温かなクリスマスプレゼントが…
劇場で最高のクリスマスを共に過ごしましょう!」

トーマス役:平方元基
「初演に引き続き再演出来ることを大変嬉しく思っています。
今回は12月25日のクリスマス当日に千穐楽を迎えられるとのことで喜びも大きいです。
「これがプレゼントだよ!」といった大きなプレゼントではないかもしれませんが、
皆さまにちっちゃなちっちゃなプレゼントをひとつずつ丁寧にお届けし、自分なりの、自分だけの
「ストーリー・オブ・マイ・ライフ」をお観せしたいと思っています。
自分だけの感想を持って頂ける、自分だけの色んな思い出が蘇るような、そんな作品い仕上がっているので、
ぜひ、そこを楽しんで頂きたいです。僕たちからのささやかなプレゼントだと思って受け取っていただけるように
本番公演つとめてまりますので、最後までどうぞよろしくお願いします。」

アルヴィン役:太田基裕
「アルヴィンを演じます太田基貴裕です。
2人で紡ぐミュージカル、非常に繊細な道のりだと感じています。僕自身を通したアルヴィンが
お客様の心に少しでも届きますよう、トーマス役の牧島さんと積み重ねていきたいと思います。
2021年を締め括る美しい作品になりますように。
千穐楽までよろしくお願いいたします。」トーマス役:牧島輝
「きっとこの作品を観た後、自分が生きてきた中の何気ない時間やくだらないのになんだか楽しかった記憶が
とても尊くてかけがえのないものだったのだと感じると思います。僕はそうでした!笑
皆さんが辛い時、ふとこの作品を思い出したら温かい気持ちになったり、
そっと寄り添ってくれるようなそんな作品だと思います。
限られた公演数、みなさんとの限られた時間の中で、一つ一つ色んなことを確かめながら、
共感しながら素敵な時間を過ごせますように!」

【ミュージカル『ストーリー・オブ・マイ・ライフ公演概要】

公式サイトはこちら

<公演期間>
2021年12月13日(月)~12月25日(土)

<会場>
よみうり大手町ホール

<公演時間>
約1時間50分(途中休憩無し)

<料金>
9,000円
Yシート:2,000円(※20歳以下対象・当日引換券・要証明書)
(全席指定・税込)
※未就学児入場不可
※本公演のチケットは主催者の同意のない有償譲渡が禁止されています。
※やむを得えない事情により、出演者並びにスケジュールが変更になる可能性がございます。予めご了承ください。
※公演中止の場合を除き、払い戻し、他公演へのお振替はいたしかねます。ご了承のうえ、お申込みください。

<出演者>
アルヴィン:田代万里生
トーマス:平方元基

アルヴィン:太田基裕
トーマス:牧島輝

<STAFF>
作詞・作曲:ニール・バートラム
脚本:ブライアン・ヒル
演出:高橋正徳 (文学座)
翻訳・訳詞:保科由里子
音楽監督:後藤浩明
ステージング:神崎由布子
美術:乗峯雅寛
照明:柏倉淳一
音響:大野美由紀
衣裳:小林巨和
ヘアメイク:宮内宏明
歌唱指導:満田恵子
舞台監督:北條孝、 長沼仁
主催:読売新聞社/ぴあ/ホリプロ
企画制作:ホリプロ

 - News, Stage