世界のエンターテイメントの“今”をお届け!

蓮城まこと、彩凪翔、和泉元彌らが出演 米村圭伍原作『面影小町伝』日本橋劇場にて上演決定!

(左より)笠森お仙役:蓮城まこと、柳屋お藤役:彩凪翔、倉地政之助役:和泉元彌

この度、『風流冷飯伝』『退屈姫君伝』に続く大江戸三部作完結編、米村圭伍原作の
『面影小町伝』(『錦絵双花伝』改題)が2022年年5月26日(木)~5月28日(土)に
東京都中央区の日本橋劇場にて上演されることが決定しました。出演は元宝塚歌劇団で
現在は幅広いジャンルの舞台で活躍する蓮城まこと、宝塚歌劇団を2021年4月に
惜しまれながら退団した元雪組の男役スター・彩凪翔、歌舞伎と並ぶ日本の伝統文化
“狂言”を代々伝承する名家、和泉流宗家の20代目である和泉元彌らが名を連ねます。

主催は石川県小松市の山あいにある小学校で朗読劇を演じたことを機に舞台を創る活動を
スタートさせたKASSAY。以来、静岡県菊川市、埼玉県桶川市、熊谷市、愛知県西尾市、
東京浅草と各地域での上演を重ね、その後、三井財閥最盛期を描き、企業文化を舞台化してきました。
今年9月には安倍晴明の誕生秘話である「葛の葉」を題材にした作品を伝統芸能の芸を活かし
上演しています。KASSAYは作品を通して生きる力を伝えたい、非日常でありながら
今に繋がる別世界を魅せたい、そして製作過程においては世代やジャンルを超えて
芸と技を繋ぐ場でありたいという想いのもと、活動。本作は1997年、
『安政の遠足異聞』で菊池寛ドラマ賞佳作入選、1999年、『風流冷飯伝』で
小説新潮長篇新人賞を受賞した米村圭伍の原作で、大江戸三部作の前二作の
「お色気満載のコント風時代小説」とは雰囲気が一変し、幾重にも重なる因縁と謎、
私欲にまみれた思惑と陰謀が盛りだくさんの物語。
チケットは2022年3月19日(土)よりカンフェティにて発売開始予定。

【『面影小町伝』公演概要】

公式サイトはこちら

<公演期間>
2022年5月26日(木)~5月28日(土)

<会場>
日本橋劇場

<公演時間>
未定

<料金>
SS席9,000円 S席8,000円
(全席指定・税込)

『チケット取り扱い』
2022年年3月19日(土)発売予定
カンフェティ:https://www.confetti-web.com/
0120-240-540(平日10:00~18:00)※オペレーター対応・通話料無料

<出演者>
笠森お仙:蓮城まこと
柳屋お藤:彩凪翔
倉地政之助:和泉元彌
鈴木春信:山口眞司
孫十:小林功
大田直次郎:芦田昌太郎
田沼意知:大野裕生
新之丞:川島大典
彫師松五郎:笠倉祥文
摺師八五郎:山上晃二
火消しの頭:二神光
江戸の娘:秋田かおる
江戸の娘:明美里
江戸の娘:上倉悠奈
政之助の母:大川婦久美
むささび五兵衛:安宅忍

<STAFF>
原作:米村圭伍
脚本・プロデューサー:有賀沙織
演出:石橋直也
演出助手:秋田かおる、明美里、下山田ひろの
振付・所作指導:藤間秀曄
殺陣:内堀克利
舞台監督:島洋三郎
舞台美術:阿部一郎
大道具:相原剛
音楽:佐藤ふじを
効果:呉東彰、富田健治
照明:須藤実
衣装:久保田俊一
床山:武川卓夫
小道具:東宝舞台
宣伝美術:河添宗輔、谷野弘之
広報:上倉悠奈、坂田洋子
票券:米田基
感染対策:吉村邦彦
主催:KASSAY

 - News, Stage