世界のエンターテイメントの“今”をお届け!

News

東京2020オリンピック聖火リレー バーチャルツアーコンテンツを発表!

東京2020オリンピック聖火リレーに向けて、2020年3月12日(木)にギリシャで聖火が採火されました。
聖火引継式を経て、いよいよ2020年3月26日(木)に聖火リレーが始まり、47都道府県を回ります。
東京2020組織委員会は、東京2020オリンピック聖火リレーの実施期間中に、東京スカイツリー®を各都道府県にイメージしたカラーでライティングするほか、Instagramストーリーズで使える「聖火リレースタンプ」の提供、「Google Earth Voyager」を使用したバーチャルツアーコンテンツを公開して、東京2020オリンピック聖火リレーを盛り上げます。

【東京スカイツリー®で47都道府県をイメージしたライティングを実施】

東京2020オリンピック聖火リレーは、日本全国47都道府県を巡っていきます。
各都道府県でのオリンピック聖火リレー実施中に、東京スカイツリー®を、各都道府県をイメージしたカラーにライティングします。また、天望デッキに、東京2020 オリンピック聖火リレーコンセプトである「Hope Lights Our Way」や「各都道府県名」等を表示します。

『東京スカイツリー®特別ライティング開催概要』
<実施期間>
2020年3月26日(木)~7月23日(木)
※期間中、当ライティングを実施しない日程もあります。
<時間>
日没~22:00(予定)
※各都道府県をイメージしたライティングカラーは各都道府県に選定いただきました。
※点灯日および点灯時間は、諸事情により変更する場合がございます。

<ライティングの例(イメージ)>

©TOKYO-SKYTREE

『東京都』
観光都市東京として掲げるアイコンのカラーです。未来へ拡がる青い空をイメージしたブルーで、先進性を表現しています。

【Google Earth Voyager に東京2020オリンピック聖火リレーのバーチャルツアーを公開】

PC画面イメージ ©Tokyo 2020/©Google

スマートフォン画面イメージ©Tokyo 2020/©Google

2020年3月17日(火)、日本全国47都道府県を巡る東京2020オリンピック聖火リレーをバーチャルに体験できるコンテンツをGoogle Earth Voyagerで公開しました。
Google Earth Voyagerは、世界中の自然や遺跡、建築等にバーチャルで訪れることができるGoogle Earthの一機能です。新しく公開したバーチャルツアー「東京2020オリンピック聖火を追いかけよう!」では、東京2020オリンピック聖火リレーが全国のどこを走るのかを追いかけることができます。ツアーを立ち上げると、その日に聖火リレーが走る地域を表示します。航空写真でルートを確認したら、ストリートビューや表示される地域ごとの歴史や特徴を紹介するパネルで、聖火リレーが駆け抜ける地域や場所をよりよく知ることができます。Google Earthは、パソコンからはChromeブラウザで、スマートフォンからはアプリをダウンロードして利用できます。

Google Earth Voyager「東京2020 オリンピック聖火を追いかけよう!」サイトはこちら

【Instagram(インスタグラム)東京2020 オリンピック聖火リレースタンプ】

スタンプの例(福島県) © Tokyo 2020

スタンプの例(東京都) © Tokyo 2020

2020年3月26日(木)から、Instagram ストーリーズで使える「東京2020オリンピック聖火リレースタンプ」の提供を開始します。
聖火リレースタンプは、全国47都道府県を回る東京2020オリンピック聖火リレーのコンセプトに合わせ、「都道府県ごとに景勝地や方言を取り入れたミライトワ」のデザイン、全141種類(各都道府県3種)の予定です。各スタンプは聖火リレーのスケジュールに合わせて順次利用できるようになります。例えば3月26日から28日までは福島県でリレーが行われるため、期間中に福島県内にいるInstagram 利用者のスタンプトレイに、福島県デザインの聖火リレースタンプが表示されます。
他のInstagram 利用者がスタンプを使って投稿したストーリーズを通じて、現地にいないInstagram 利用者でもそのスタンプが使えるようになります。
また、スタンプを使った投稿は「#聖火リレー」のハッシュタグストーリーズに集約されるため、日本各地や世界中の利用者が、聖火ランナーへの応援やオリンピックへの期待感をInstagramでシェアしている様子を楽しむことができます。聖火リレースタンプは、聖火リレー期間中およびオリンピック大会終了(2020年8月9日(日))まで利用可能です。

© Tokyo 2020

 - life