世界のエンターテイメントの“今”をお届け!

News

舞台「カレイドスコープ-私を殺した人は無罪のまま-」開幕!

少女の死に疑問を抱く男女10人が、真実を求め互いに心理戦を繰りひろげながら、少女はなぜ死んでしまったのか?犯人は一体誰だ?といった最大の謎に迫ってゆく社会派サスペンス作品であり、現代社会に潜在する人の心の光と闇を鋭くえぐる舞台「カレイドスコープ-私を殺した人は無罪のまま-」。
演出にはミュージカルを得意と知る吉谷光太郎が、脚本には「劇団時間制作」を主宰する谷碧仁が人の奥底の心情心理を描いた完全新作を書き下ろします。
出演者には現在の演劇界を牽引する「山本裕典」、「桑野晃輔」、「磯貝龍乎」、「輝馬」、「山田ジェームス武」、「西丸優子」、「大島涼花」、「木村心静」、「君沢ユウキ」、「富田翔」の10名がミステリアスな世界を作り上げます。

2020年2月20日(木)、東京都新宿区の新宿FACEにおいて囲み取材と公開ゲネプロが行われました。

【囲み取材の様子】

囲み取材に登壇したのは、伊藤健一役の山本裕典さん、森田凌平役の富田翔さん、浅井幸助役の君沢ユウキさん、 夏樹陸役の桑野晃輔さん、そして演出を務めた吉谷光太郎さんの5名。

本作を演出しようとなったキッカケはなんでしょうか。

吉谷さん「新宿FACEで興行を行うという事は最初に決まっていて、その企画段階で何を行えば・・・という話になるんですけど、ちょっと特殊な空間なので、中々やれる事も限られているかなと思いつつも、せっかく劇場空間を自由に使えるという事で、せっかくだったらそれを活かしたモノをやりたいよねという風に思っていまして。普段キャストと稽古場で休憩時間とかに話をしたりする事があるんですけども、濃密な会話劇や役者のぶつかり合いみたいな事をやりたいね、という話はちょこちょこ聞いていて、せっかくだからそういう事をやれたら良いなと君沢君に相談した所、彼も同じ様な事を思っていて、それが発端となった形でこの密室劇をやりたいなというキャストさんに声掛けをしてやらせて頂いた
というのがキッカケになります。」

本作に対する意気込みや見所をお願いします。

桑野さん「普段はこの新宿FACEは格闘技場として使われているんですけど、今回も「格闘技」だと思っています。言葉のプロレスといいますか、本当に役者同士がぶつかりあえる良い環境の中でお芝居をさせて頂いてるなという実感をしますし、素敵なキャストの皆様や心強いスタッフの皆様に囲まれてやれる環境の中で幸せです。舞台も4面から観れる環境の中で、近い距離で僕達の表情だったり、空気感だったりを観たり聴いたり、体感したりして貰える空間があると思うので、是非一緒に熱くなって一緒に真実を探って頂いて傍聴者の一人として観客席に座って頂けるんじゃないかなって思っていて僕等もその熱意を皆で届けていきたいなという風に思っています。」

富田さん「舞台には色んなジャンルがあると思うんですけど、今回は演劇の中でもストレートとエンターテイメントの融合みたいな空間だと思っています。それは集まった役者の泥臭さだったりとか、そこに吉谷さんの熱量と、エンタメ性とかも全てが4面でさらけ出させる空間が一番の見所だと思っていまして、その中でこのメンバーだからこそ出せる空気感とか色んな話を皆でしたので、普通のステージだったら見えないような目線の合わせだったり、仕草だったりそこに生きている人物を皆さんが覗き見して頂ける様な、本当に目の前で起こっている事を感じて頂けるという所が見所だと思います。」

山本さん「今回の稽古は、最初の頃は本当に物凄いスピードで進んで行って、途中、本当に煮詰まった時もあって、正直、途中で逃げ出したくなったし、この役を降りて「また僕、役者を辞めるのかな」と思う位、苦しんだ一ヶ月間でしたね。でも形になって、この劇場に入って稽古をやっていったら、何だか自分一人で悩んでいた事、考えていた事って、結局皆からのパワーを貰って、それが力となってお客さんに届くんだなと日々感じていまして、まだそれはこれといってハッキリしたものは無いんですけど。吉谷さんがよく言われるんですけど、山本裕典が真ん中にいるというその意味を思いを枷に一個一個の公演に向き合って集中して、その時にしか出せない伊藤健一を演じられたらなと思う稽古場でした。」

君沢さん「吉谷さんが仰っていたんですが、新しい事、皆がやっていない事をやりたいという思いが凄く有って、今回なにをやるのかという事にあたって、歌もダンスも爆笑コントシーンも無いです。そういう意味では、普段僕達、2.5次元舞台というのを多くさせて頂いて、そういうのものがある環境の中でやらせて貰って、裕典君はドラマの中でやらせてもらっている武器を全部捨てて、生身の一人の人間となって皆さんの前に立つ事になると思います。そこで生まれる物が今まで観てきて下さったファンの皆様に対してこんな新しく面白い演劇もあるんだと。演劇、と一言で何時も言いますけども、そんな難しい物ではなく、体験しに来たら一緒に何かを感じられるもの、舞台ってなんだって一緒なんだという事を思ってもらえる最初の作品にしたいなと凄く思っています。近い距離から360度、どこからでも僕達の事が見えるので僕達も一切、油断が出来ないんですよ。ハッキリ言って水を飲むのも一苦労ですよ。声が枯れてもいいから皆さんに届けたいという思いがありますし、その距離で皆さんが本当に生きている姿、ドキュメンタリーを真横でモニタリングしてもらう、そんな舞台になっていると思います。是非、目撃しに来て下さい。」

吉谷さん「結果的に360度観れるステージにさせてもらったんですけど、それだけだと僕がやっている意味があまり無いなと思ってるので、カレイドスコープというタイトル通り、ステージに見え方が変化する様には作っていまして、役者の会話劇ではあるんですけども、見た目的にも楽しく作っているのでそのあたりも観て頂ければ良いなと思っています。見所は重たい感じの作品ではありますが、カーテンコールとかで皆がどう明るい感じへ切り替えていくのかという所が見所かもしれません(笑)。」

役を演じる上で苦労した点はありますか。

桑野さん「僕の演じる夏樹という役は観ていただいてナンボだと思っていて。普段、僕はあまり寝れない人間なんですけど、本当に稽古が日を追う毎にヒステリックな夢を見る回数が増えて来まして辛いです。それが一番苦労しました。」

富田さん「一番は精神力をどう保つかの所ですよね。重たい役なので、そこをどう保っていけるかという事と、それこそ皆との関係性を含め、裕典演じる健一との、劇団時代から十何年来の付き合いの中での関係性だったりとか。僕は娘がいる役で、でもその子は亡くなっちゃっているという事で娘役の木村心静ちゃんとの普段の関わり方とかは、ちょっと逆に僕の中では少し距離を置いたりとか、あまり馴れ合わないような、本当の娘と父親の関係が何処まで今回の舞台の中で出せるというのかという所は苦労した面だと思っています。」

山本さん「凌平への親友としての熱い思いというのは幾ら心で思っていても、お客さんに伝わるような表現の仕方だったりとか、そういう事が未だにもうちょっと良いものがあるんじゃないかと思っています。そこは追求していますし、一番しんどいのは毎日3.4ページ追加の台本が稽古の最後の1週間位、毎日来て頭の中の台本を継ぎ接ぎの様に切った貼ったする作業は円形脱毛症になるんじゃないかという程で、途中僕も台本を捨てて今日のこの囲み取材が引退会見になるんじゃないかなという程キツかった。でも一人でも多くの方に観て貰いたいです。」

君沢さん「ここにいる役者達が凄いのは、皆最後まで諦めずに上を目指してもっと作品を良くするにはどうするのかと、普段のスタンスから一歩前に出て現場でディスカッションを目茶苦茶していました。そういう意味では本当に体力を使うし、ここまでやって来たという自信は無茶苦茶ありますので今、目茶苦茶幸せです。」

稽古場で楽しかったエピソードはありますか。

君沢さん「重い話なので、楽しくやらないとアイディアも出てこないじゃないですか。そのバランスじゃないですけど、みな結構ふざけてましたよね。」

富田さん「稽古場でふざけきらないと本番に出ちゃうと思ってね。そういう意味では君沢ユウキという人物が居て、吉谷さんも凄く明るく稽古場ではスベッて下さるので。」

君沢さん「皆腕のある人達なので、ボケてツッこんでのラリーがね。そこで楽しんでアップをして「・・・やるか~」と稽古場に入るみたいな。」

最後に来場者へのメッセージをお願いします。

山本さん「本当に悩み抜いて考え抜いて、キャスト、スタッフさん全員で作って来た作品だと思います。一人一人のその思いが乗っかる作品だと思いますので、本当に一人でも多くの人に足を運んで貰いたいし、一人でも多くの方に何かを感じ取って帰って頂きたいなって思います。15公演の長丁場になりますが、怪我無く、日々成長して良い物を作って行けれる様に僕等一同、頑張っていきますので、是非、劇場に足を運んで下さい。」

【公開ゲネプロの様子】

ある日、別荘で首を吊って亡くなっていた森田かすみが発見され、夏樹陸が容疑者として浮かんできた。しかし、他殺と見られたその事件は「自殺」と判断され、夏樹には無罪判決が下った。

「判決・・・無罪」

娘を失い、気持ちの整理をつけることができない森田凌平は、時間が止まったような生活を送るようになった。

それから半年後の冬、凌平の身を案じた親友の伊藤健一により「凌平の為に真実を追求する」という名目で、判決に疑問を持った10人がかすみの亡くなった別荘に集められた。

そして始まる、あの時のあの場所で一体何が起きたのかという話し合いが・・・。

事件と裁判の一部始終を追いかけている新聞記者の浅井幸助。
凌平の会社の元弁護士で今は検事の馬場貴明。
いつもかすみを見守っていた中学校の担任、影山雄太。
事件の被害者に寄り添う活動をしている五十嵐智久。
世間体を気にする凌平の姉で、かすみの叔母でもある鯨井祥子。
祥子の娘で、かすみを妹のように思っていた鯨井久美。

自殺か?それとも他殺なのか?
各々が主張する推論と矛盾に閉ざされた空間で、凍てついた感情だけが過ぎてゆく。

一体どれだけの沈黙が続いたのだろうか・・・。
時計の針は無情にも正確に時間を刻んでいく・・・。

謎に包まれた事件の真相を巡り、
集まった10人のむき出しの感情と本心を鋭く暴いていくサスペンス密室劇。
残酷なパラドックスの果てに導き出されるテーゼを知ったとき、
人は本当の優しさの意味を知る。

【「カレイドスコープ‐私を殺した人は無罪のまま‐」公演概要】

公式サイトはこちら

<公演期間>
2020年2020年2月20日(木)~3月1日(日)

<会場>
新宿FACE

<公演時間>
約1時間50分(途中休憩無し)

<料金>
7,000円
(全席指定・税込・ワンドリンク制)
※当日は別途ワンドリンク代として500円がかかります

<出演者>
伊藤健一: 山本裕典
夏樹陸: 桑野晃輔
五十嵐智久: 磯貝龍乎
馬場貴明: 輝馬
影山雄太: 山田ジェームス武
鯨井祥子: 西丸優子
鯨井久美: 大島涼花
森田かすみ: 木村心静
浅井幸助: 君沢ユウキ
森田凌平: 富田翔

<STAFF>
脚本:谷碧仁(劇団時間制作)
演出:吉谷光太郎
音楽:tak
美術:池田ともゆき
照明:仲光和樹
音響:ヨシモトシンヤ(sacra sound)
衣裳:摩耶(摩耶デザインオフィス)
ヘアメイク:太田夢子(earch)
舞台監督:田中力也
演出助手:國重直也
票券:Mitt(ミット)
宣伝美術:佐藤哲寛(ViAKi DESIGN)
宣伝カメラマン:内田紘倫(The VOICE MANAGEMENT)
主催・企画・製作:ポリゴンマジック

© ポリゴンマジック

 - Stage