世界のエンターテイメントの“今”をお届け!

News

ハイパープロジェクション演劇「ハイキュー!!」〝飛翔〞いよいよ開幕!

2012年より集英社発行の「週刊少年ジャンプ」に連載中の高校バレーボール漫画「ハイキュー!!」。
漫画家、古舘春一による、コミックスシリーズ累計発行部数3,500万部を突破した大人気作品で2014年から2016年かけてはTVアニメが放送し、2020年1月からは第4期が放送予定です。
2015年11月には主人公の日向翔陽役に俳優の須賀健太を向かえた「ハイパープロジェクション演劇「ハイキュー!!」」を初演。大きな話題となりました。

そして2019年11月、烏野高校排球部に新キャスト陣を向かえた、「新生烏野」が始動する
シリーズ8作目となる新作公演「ハイパープロジェクション演劇「ハイキュー!!」〝飛翔〞」が公演されます。
2019年11月1日(金)初回の公演に先駆けて東京都文京区のTOKYO DOME CITY HALLにて囲み取材と公開ゲネプロが行われました。

【囲み取材の様子】

登壇したのは、日向翔陽役の醍醐虎汰朗さん、影山飛雄役の赤名竜之輔さん、月島蛍役の山本涼介さん、山口忠役の織部典成さん、田中龍之介役の鐘ヶ江洸さん、西谷夕役の北澤優駿さん、縁下力役の中谷優心さん、木下久志役の長田翔恩さん、澤村大地役の日向野祥さん、菅原孝支役の一ノ瀬竜さん、東峰旭役の福田侑哉さん、そして、演出・脚本を務めたウォーリー木下さんの12名。

本作への意気込みをお願いします。

醍醐さん「精一杯頑張りたいと思います。よろしくお願い致します。」

赤名さん「今回がお芝居の舞台は初めてなのですが、キャスト一同と色んな方に助けられて良い物が出来たと思います。早く観て欲しいです。楽しみにしていて下さい。」

山本さん「今回でシリーズ8作目という事で、今まで出ていた人達の分の気持ちを背負って、精一杯頑張りたいなと思います。」

織部さん「「新生烏野」として今日から初日の幕が上がるわけなんですけども、今までやって来た事を、皆で切磋琢磨して作り上げて来た物を皆さまにお披露目出来たらなと思います。タイトルにもある様に、飛翔できる様に頑張って行きたいと思います。」

鐘ヶ江さん「稽古でやるべき事は全部やって来ました。後は本番をやるだけだと思っています。楽しみにしていて下さい。」

北澤さん「何て言うんですか、前しかみえないというか、後ろが見えないです。行ってきます!」

中谷さん「今回の現場は、本当に出来ない事も出来る事も、やった事が無い事が沢山有ったので、皆で引っ張りながら、引っ張られながら頑張って来た稽古期間だと思います。僕自身も初日を楽しみにしているので、皆さまに楽しんで頂けたらと思います。」

長田さん「今回、僕は今までに無い、「木下久志」という役をやらせて頂いて本当に光栄だと思います。新生烏野が一丸となって戦う姿を皆さま、是非ご覧下さい。」

日向野さん「約1ヶ月半ずっと稽古をして来て僕達一丸となって挑むんですけども、兎に角観て下さる方に心が動く感動を持って帰って貰える様に精一杯頑張ります。」

一ノ瀬さん「皆で楽しんで全員バレーをやっていけたらなと思います。」

福田さん「本日、11月1日、初日を迎えるという事にならび、原作コミックスの40巻が同日発売しました。その表紙が東峰旭です!この仲間なら初日をまず、乗り越えられると思いますし、一つ一つ丁寧にやっていきたいと思います。」

「新生烏野」としての改めての意気込みはいかがでしょうか。

醍醐さん「前回のキャストから一新して烏野は全員新しくなったんですけど、演じる人が違うので、勿論全く同じ物は生まれないんですけど、演出家のウォーリーさんも一緒ですし。舞台の演出も結構、変わった所もあるんですけど、スポーツ物ならではの熱量であったりだとか躍動感であったりだとかというのは、前回からしっかりと引き継がせて頂いて僕達は作ったつもりなので、胸を張ってお届け出来ると今は思っています。早く初日が始まれば良いのになと思っています。」

前述の通り、赤名さんは舞台作品に初出演ですが心境をお願いします。

赤名さん「お芝居の経験は本当に殆ど無かったんですけど、自分がこの演劇「ハイキュー!!」に貢献出来る部分であったり、逆に皆さんに助けて貰う部分であったり、それが良いバランスで自分も濃い1ヶ月半の稽古期間になったと思っています。もう楽しみで、”ゲネプロをしたくない位”、初日を早くやりたいです。」

演出家としての見所はどこでしょうか。

ウォーリーさん「先ず、物語が烏野が宮城県代表に決定した後の話で、次はいよいよ日本一を目指す、その前夜…というのが今回の物語です。丁度、彼等が新生烏野として集まって来て新しいグループを作る話と、とてもリンクした台詞も沢山あって、毎回、演劇「ハイキュー!!」は演劇とバレーボールの中間みたいな事をやっているんですけども、そういう「あっ、新しい物が生まれるな」という事が客席まで伝われば、物語が面白いと思うので。それと、美術・振付・映像が刷新をして、音楽も全曲が新曲なんですけど、それが外に出てくる見え方というかビジュアルも「こういう切り口でバレーボール、烏野の演劇を作る事が出来るんだ」という、沢山の発見があった稽古場でしたので、お客さまも作品を見て「まだまだ演劇 ハイキュー!! から新しい事は生まれるんだな」と思って貰えると思います。」

「新生烏野」は初顔合わせのキャストも多いかと思いますが
チームワークを上げる為にした事は何かありますか。

赤名さん「稽古終わりに毎回10分位、「定例会」と称して烏野メンバーで集まって話していました。」

醍醐さん「僕、竜之輔と今一緒に住んでいて。」

赤名さん「僕が虎汰朗の家に居候しているんです。」

醍醐さん「居候し始めてから、ガッと仲良くなったよね。」

赤名さん「居候のキッカケは僕の家より虎汰朗の家の方が稽古場から近かったからです。」(一同爆笑)

長期公演ですがチームワークを深めたり、メンバー同士でイベントなどはありますか。

醍醐さん「どうなんでしょう?皆、自然と一緒にいる内に仲良くなったなと感じです。無理に誰かと話そうとかはしていなくて、けど、嫌いな人は一人も居ないですし、こんなに仲が良いのって凄く珍しい事なんじゃないかなって思う位、チーム・仲間という感じがします。」

特に注目して欲しいシーンはどこでしょうか。

醍醐さん「劇中、どこかのシーンで皆が120%で汗をかくシーンがあるんですけど、そこは本当にお芝居じゃなくて、気持ちでやっている部分なので、前回の想いを引き継いでいる気持ちだとか、今、僕達が舞台にかける思いみたいなのを必死に汗をかいて表現している魂のシーンなので、そこは皆様に受け取って頂いたら、幸せなのかなって思います。」

最後に来場者に向けてメッセージをお願いします。

ウォーリーさん「演劇「ハイキュー!!」8作目ですけども、今までの温故知新というか、今までの熱量は引継ぎつつ、新しいキャストが新しいドラマを作っていますので、今回、試合のシーンは少ないですけども、演劇として楽しめる所が沢山有ると思いますので、是非、初めましての方もここから観て頂けたら嬉しいです。」

醍醐さん「泣いても笑っても今日、幕は開くので、僕達に出来る事は全てやって来たつもりです。後はこの熱量を皆さまに届けるだけなので、受け取って欲しいですし、伝わったら嬉しいなと思います。楽しみにしていて下さい。」

【公開ゲネプロの様子】

幼い頃に見た 小さな巨人 に魅せられ、バレーボールを始めた少年・日向翔陽。

しかし憧れの烏野高校排球部に入部した彼を待ち受けていたのは、中学最初で最後の試合で惨敗した天才プレイヤー・影山飛雄の姿だった。最初は反目し合っていた二人だったが、様々な困難を前に少しずつ互いを認め合っていく。烏野高校排球部は、激戦の末に白鳥沢学園高校を倒し、春の高校バレー全国大会・宮城県代表の座を掴んだ。

春高が迫る中、烏野に思わぬ報せが届いた・・・。影山に全日本ユース強化合宿、月島には宮城県1年生選抜強化合宿、それぞれに招集がかかる。焦る日向は宮城県1年生選抜強化合宿に押しかけるも、ボール拾いをすることに!?日向、影山、そして烏野は更なる成長を遂げ、春高全国大会を迎えることができるのか!?

バレーボール 排球
コート中央のネットを挟んで 2チームでボールを打ち合う
ボールを落としてはいけない 持ってもいけない
3度のボレーで攻撃へと繋ぐ球技である

飛べ、新生烏野!

前々作〝最強の場所(チーム)〞にて春高バレー宮城県代表決定戦は烏野高校の勝利で幕を閉じ、いよいよから春高バレーの全国大会が始まる……その一ヶ月前~大会前夜が描かれるのが今作「〝飛翔〞」。
演劇「ハイキュー!!」の過去の公演と比較してもドラマ描写が多く含まれており、全国大会へ向けて様々な新キャラクターが登場し、物語に厚みを出しています。

そして今回演出面での最大のトピックスはやはり上下動する6枚のLEDパネル。今作では、
一切のプロジェクション投影を廃し、映像による演出が取られています。
流れる映像で特徴的なのは「ハイキュー!!」の原作漫画のコマが使用されているという事。
特に今作のテーマである「繋ぐ・受継ぐ」を象徴する間違いなく鳥肌もののシーンがいきなりオープニングからLEDパネルとステージに現れます。瞬き厳禁の必見シーンをお見逃し無く。

【Blu-ray&DVD発売決定】

ハイパープロジェクション演劇「ハイキュー!!」”飛翔”のBlu-ray&DVDが2020年4月22日(水)に発売決定。
詳しくはこちら

 

【ハイパープロジェクション演劇「ハイキュー!!」〝飛翔〞公演概要】

公式サイトはこちら

<公演期間>
東京公演:2019年11月1日(金)~11月4日(月・休)
大阪公演:2019年11月9日(土)~11月16日(土)
宮城公演:2019年11月22日(金)~11月24日(日)
東京凱旋公演:2019年12月6日(金)~12月15日(日)

<会場>
東京:TOKYO DOME CITY HALL
大阪:大阪メルパルクホール
宮城:多賀城市民会館大ホール(多賀城市文化センター内)
東京凱旋:日本青年館ホール

<公演時間>
約2時間30分(20分間の途中休憩を含む)

<料金>
東京・東京凱旋公演
:S席9,000円 A席7,000円
大阪・宮城公演
:9,000円
(全席指定・税込)
※未就学児童入場不可

<出演者>
『烏野高校』
日向翔陽:醍醐虎汰朗/
影山飛雄:赤名竜之輔/
月島蛍:山本涼介
山口忠:織部典成
田中龍之介:鐘ヶ江洸
西谷夕:北澤優駿
縁下力:中谷優心
木下久志:長田翔恩
澤村大地:日向野祥
菅原孝支:一ノ瀬竜
東峰旭:福田侑哉/

『烏野高校 マネージャー』
清水潔子:大久保聡美
谷地仁花:山本樹里/

『烏野高校 顧問・コーチ』
武田一鉄:鎌苅健太
烏養繋心:小笠原健/

『青葉城西高校』
金田一勇太郎:坂本康太
国見英:神田聖司/

『白鳥沢学園高校』
天童覚:加藤健
白布賢二郎:佐藤信長
五色工:菊池修司/
鷲匠鍛治:川下大洋/

『伊達工業高校』
青根高伸:新井將
二口堅治:木村敦
作並浩輔:廣野凌大
黄金川貫至:羽富琉偉/

『井闥山学院高校』
佐久早聖臣:つわぶき峻/

『鴎台高校』
星海光来:輝山立/

『稲荷崎高校』
宮侑:松島勇之介

『新山女子高校』
天内叶歌:橋爪愛

<STAFF>
原作:古舘春一「ハイキュー!!」(集英社「週刊少年ジャンプ」連載中)
演出・脚本:ウォーリー木下
音楽:和田俊輔
振付:梨本威温(EMPTY INC)
共同脚本:入江おろぱ
美術:柴田隆弘
照明:佐藤公穂
音響:大木裕介
映像:大鹿奈穂
衣裳:小林菜摘(ダダグラム)
ヘアメイク:松下よし子(アトリエレオパード)
演出助手:溝端理恵子
振付助手:田野邉拓哉(EMPTY INC)
舞台監督:小林広道(DDR)
デザイン:江口伸二郎/告原小百合(SENRIN)
宣伝写真:三宅祐介
票券協力:サンライズプロモーション東京
制作:ネルケプランニング
監修:集英社(「週刊少年ジャンプ」編集部)
協賛:ファミリーマート
協力:一般社団法人 日本2.5次元ミュージカル協会/モルテン/ミカサ
主催:ハイパープロジェクション演劇「ハイキュー!!」製作委員会(TBS/ネルケプランニング/東宝/集英社/キューブ)

Ⓒ古舘春一/集英社
Ⓒ古舘春一/集英社・ハイパープロジェクション演劇「ハイキュー!!」製作委員会

 - Stage