世界のエンターテイメントの“今”をお届け!

News

舞台『メサイアー黎明乃刻ー』開幕!

「メサイア」は高殿円の小説「MESSIAH‐警備局特別公安五係」を原作とし、ドラマ・映画・舞台と様々なメディアへ展開しているメディアミックス・プロジェクト。

2019年9月、最新作となる『メサイアー黎明乃刻ー』が東京都文京区の東京ドームシティ シアターGロッソにて開幕します。

初回の公演に先駆け2019年9月5日(木)に公開ゲネプロが行われました。

【公開ゲネプロの様子】

おまえが、おれを人間にしたんだ

軍事協定「ワールドリフォーミング」の撤廃。
情報戦争は終わり、日本政府は公安五係の解体を決定。
雁木十三郎率いる公安七係は、北方連合と手を組み、チャーチの制圧に動く。

散り散りになるサクラ候補生たちへ伝えられた
一嶋からの最後の指令は、
「生きていてください」─

そして雛森千寿はメサイアである小暮洵と、
チャーチで対峙する事になる。

前作『メサイアトワイライトー黄昏の荒野ー』のラストシーンにおいて、百瀬多々良より発せられた「ワールドリフォーミング」の撤廃と公安五係の解体という衝撃的な言葉が脳裏に焼きついているファンも多いはず。約3年間続いたメサイア『刻』シリーズの完結編となる本作では、これまでのシリーズの集大成として、様々な事柄に一定の答えが出ます。
キャスト陣の決死の演技は、観る側もある種の”覚悟”を持って臨んで良いと言っても過言ではない程。疑いようの無い舞台「メサイア」の最高傑作を是非劇場で目に耳に、そして心に刻み込んでください。

 

【舞台『メサイアー黎明乃刻ー』公演概要】

公式サイトはこちら

<公演期間>
東京公演:2019年9月5日(木)~ 9月8日(日)
大阪公演:2019年9月13日(金)~ 9月16日(月・祝)
東京凱旋公演:2019年9月19日(木)~ 9月23日(月・祝)

<会場>
東京:東京ドームシティ シアターGロッソ
大阪:大阪メルパルクホール
東京凱旋:なかのZERO 大ホール

<公演時間>
約2時間30分(途中休憩無し)

<料金>
8,500円
(全席指定・税込)
※未就学児童入場不可

<出演者>
小暮洵:橋本真一
雛森千寿:山本一慶

御池万夜:長江崚行
杉浦レネ:近藤頌利
百瀬多々良:小谷嘉一
穂波葉礼:石渡真修
及川昴流:三原大樹

藤戸要:山崎大輝
ラスール・ミハイロヴィッチ・カレージン:菊池修司

雁木十三郎:大高洋夫

園之人:村上幸平
ガラ:輝馬
一嶋晴海:内田裕也

真生光郷之助:藤木孝

『アクションチーム』
細川晃弘
小笠原竜哉
久田悠貴
坂本和基
橋本征弥 
来夢
浦家賢士

<STAFF>
原作・ストーリー構成:高殿円「MESSIAH –警備局特別公安五係」(講談社文庫)
脚本:毛利亘宏(少年社中)
演出:西森英行(Innocent Sphere)
音楽:大内慶
演出助手:きまたまき
殺陣指導:六本木康弘
舞台監督:深見信生
美術:松本わかこ
照明:大波多秀起
音響:門田圭介
映像:ワタナベカズキ+CO2
衣装:鈴木マイク
ヘアメイク:工藤聡美
宣伝美術・写真:古田亘(ゴーグル)
宣伝制作:佐藤友紀(ゴーグル)
制作:戸田千遥(オデッセー)
アシスタントプロデューサー:森田家光(ダブルアップエンタテイメント)
共同プロデューサー:吉田啓昭(東映ビデオ)
プロデューサー:佐々木淳子(オデッセー)
エグゼクティブプロデューサー:中野久(ダブルアップエンタテイメント)、宇治重喜(ビザビジョン)
企画・主催:2019舞台メサイア黎明乃刻製作委員会(ダブルアップエンタテイメント/ビザビジョン/東映ビデオ)

©MESSIAH PROJECT
©2019 舞台メサイア黎明乃刻製作委員会

 - Stage