世界のエンターテイメントの“今”をお届け!

News

ミュージカル「忍たま乱太郎」パフォーマンス&トークイベント開催!

東京都千代田区の東京ミッドタウン日比谷にて開催中の日比谷エリアを中心に繰り広げる観劇フェスティバル「Hibiya Festival」。その中で日比谷ステップ広場に屋外ステージを特設。街に開かれた天井のない劇場となって、多様なジャンルのステージパフォーマンスを連日無料で公演するHibiya Step Show。その5/2(木・祝) の「2.5次元ミュージカルデー」に、ミュージカル「忍たま乱太郎」のパフォーマンス&トークイベントが開催されました。

最初に一般社団法人 日本2.5次元ミュージカル協会 広報担当の挨拶が。
2.5次元ミュージカル作品の年間動員数は220万人を超え、年間公演作品数は170作品以上。海外からの人気も高く、ブロードウェイでの完売公演実績もある2.5次元ミュージカル。その中から、今回はミュージカル「忍たま乱太郎」の忍術学園6年生の面々がオンステージ。

立花仙蔵役の湯本健一さん、七松小平太役の木村優良さん、潮江文次郎役の渡辺和貴さん、中在家長次役の新井雄也さん、食満留三郎役の秋沢健太朗さん、善法寺伊作役の反橋宗一郎さんが夫々の自慢の武器を手にステージに登場。本公演で流れる新曲をバックに鮮やかな殺陣を展開します。

パフォーマンス終了後、早速「皆さん楽しんでますか!」と会場を盛り上げる6年生の面々。

先ずは各登壇者の挨拶と自身が使用する武器の説明から。

湯本さん「今回、私が使わせて頂きますのは、「焙烙火矢」という、今で言う手榴弾の様な爆弾です。爆弾に縄を付けたような武器を舞台ではどんな風に振り回していけるのか、よろしくお願いします。」

渡辺さん「僕の武器は長い「袋槍」というものなんですけど、長いので当たらないかなと皆、心配だった。思うんですけど、僕も凄い心配しながらですね…」

反橋さん「結構俺らも怖いよ。」

渡辺さん「ゴメン。当たったら御免という感じで。ダンスの時も凄く大変そうだなと思っていたんですけど、本当に大変です。頑張ります!」

新井さん「僕の武器は「縄鏢」という、紐の付いた苦無なんですけども、まぁ、扱いが凄く難しくて、6人の武器の中で一番扱いが難しいんじゃないかなと思いますね。如何思いますか?」

一同「そんな事無いんじゃないかと思いますね。似たような武器有るし」

新井さん「毎日練習して少しずつ、本番ではもっと上のパフォーマンスが出来る様に頑張ります。」

木村さん「皆さんこんにちわ~!!パフォーマンス冒頭、実は僕、苦無を落としまして。見てました??細かい事は気にするな!という事で、僕は苦無を使う訳ですけども、劇場に入るまでにより精密に迫力のある苦無捌きが出来る様に頑張りますので、そこら辺も楽しみにしていて下さい。」

秋沢さん「僕が使用していた武器の名前は「鉄双節棍」と言いまして、カタカナでいうと「ヌンチャク」。この武器はブンブンと振り回して、相手の武器を”チャンチャン”やって。兎に角、強いです。私は強いです!そして、「勝負だ!」という言葉が僕の口癖なので、私生活でもずっと「勝負だ!」と言っております。という訳で皆さん、劇場では僕と一緒に勝負して下さい!」

反橋さん「僕の武器は「包帯」です。以前はふんどしです。というのも僕は武器ではなく、「技」なんです。その辺の身の回りにあるモノ全て武器に出来るので、なんでも与えて貰えれば武器にしますのでその際は宜しくお願いします。」と個性的な6名。

そして、本作第10弾より初参加となる、湯本さん、新井さん、木村さんの3名に本作の芝居に入るにあたり、役作りや大変であった所は?という問いに
湯本さん「僕のチャームポイントなんですけど、「髪の毛」の扱い方。ダンスだったり、太刀回りだったり、歴代の先輩方もこれは大変だったとお伺いしたんですけど、仙蔵のチャームポイントである髪の毛を、如何綺麗に出来るかというのが凄く研究中でございます。」

新井さん「長次はですね、喋らないし、動きもそんな大きくないので、細やかなお芝居でやっていければ良いなというのと、やっぱり根は凄く優しい中在家先輩だと思いますので、そういう部分も舞台上で現せたらなと思います。」

木村さん「長次と真逆で僕は目茶苦茶ダイナミックに動いてて、ずっっと動き回っているので。僕が演じる小平太の体力が凄まじいので、それに負けない位、木村優良を対抗して行きつつ、誰よりも動き回って最後の最後まで。「あっ、皆さんもうあと”2本位”やりましょうよ」位の余裕が、最終的には言える位、体力向上を目指して行きたいと思います。」と述べる新人3名に対し、

先輩となる3名からは
渡辺さん「各キャラクターはそれぞれが研究して来ていると思いますので、後は忍たまの世界観に入って兎に角、楽しんで貰えれば、それが一番お客さんにも伝わるかなと思うんですけども。兎に角、皆(劇場に)来てくれれば分かりますよ。」

秋沢さん「ミュージカル「忍たま乱太郎」って、凄く長く続いているミュージカルなので、僕は第7弾再演の公演から参加させて頂いているんですけども、その時もお客様も含めて、自分の役作りを一生懸命すれば、受け入れて下さるというのが凄く嬉しくて、もっと頑張ろうという風に思えたので、そういった所に一人一人のキャラクターに対する思いに僕等も協力出来る事があれば、キチンと一緒に寄り添っていきたいと思いますし、今回の作品の中で「対抗戦」というのが実は有るので、その中でのキャラクターの描き方とかも魅力になっておりますので、僕からのアドバイスというと、「そのまま貫いて行って下さい」というような感じでございます。」

反橋さん「僕が先ず思ったのは歌が皆上手いという。皆、音もとれますし、ダンスも元々踊れますから、ミュージカルとして一段階上のミュージカルを見せて行けるんじゃないかなという期待が今、持てていますので、その辺を楽しみにして頂けたらなと思っています。役作りはそのままいってくれれば大丈夫です。」とのアドバイスが。

第10弾作品ということで、これまでとは何処が違う?との問いには、
反橋さん「今まではメインとなるのが、前回の公演で言えば五年生、今回は六年生に戻って六年生主体で話が進んで行くんですけど、六年生で行動するんじゃなくて、「委員会」で行動するので、僕で言えば保健委員である乱太郎との絡みとか、そういうのが各々の楽しみであるので、そういうのを今までステージ上で見せた事はあまり無かったので、僕がアニメを見ていて、「あっ、このシーン良いシーンだな」という所にちょっと近い物が至る所にあったりとか、原作ファンの方が「うわっ、これ見たことある!」となってくれるようなシーンが沢山有るんじゃないかなというのは思っています。」

渡辺さん「今まで六年生だと「い組」「ろ組」「は組」でペアになったりする事が多かったんですけど、今回は学園長先生の思いつきでペアが変わったりもするので、仙蔵と僕は敵同士というのもあったりで。」

反橋さん「「は組」としても、今まで見せた事の無い関係性がちょっと台本を見た時ビックリしたもんね。「これをやるんだ…」という感じがありましたから。僕等自身もやっていて楽しめているし、「忍たま乱太郎」は一度はテレビで通ってきたと思うんですけど、そこを経て舞台を見て頂いてもっと楽しめる、アニメと違う六年生主体の話で大人も楽しめるんだという作品になっていますので、是非、見た事が無い人も一度劇場に足を運んで頂けたらなと思っております。」と話します。

そして最後に、「忍ミュ」では恒例となった出演者と客席とのコール&レスポンス。
各登壇者と観覧席との見事な掛け合いでイベントは終了しました。

【ミュージカル「忍たま乱太郎」パフォーマンス&トークイベント概要】

<日時>
2019年5月2日15:00開始

<会場>
東京ミッドタウン日比谷 日比谷ステップ広場

<出演者>
『忍術学園六年生』
立花仙蔵:湯本健一
七松小平太:木村優良
潮江文次郎:渡辺和貴
中在家長次:新井雄也
食満留三郎:秋沢健太朗
善法寺伊作:反橋宗一郎

【ミュージカル「忍たま乱太郎」第10弾~これぞ忍者の大運動会だ!~公演概要】

公式サイトはこちら

<公演期間>
東京公演:2019年5月10日(金)~5月26日(日)
大阪公演:2019年5月31日(金)~6月2日(日)
愛知公演:2019年6月8日(土)・9日(日)

<会場>
東京:東京ドームシティシアターGロッソ
大阪:森ノ宮ピロティホール
愛知:春日井市民会館

<公演時間>
未定

<料金>
7,800円(全席指定・税込)

<出演者>
『忍術学園六年生』
立花仙蔵:湯本健一
潮江文次郎:渡辺和貴
中在家長次:新井雄也
七松小平太:木村優良
食満留三郎:秋沢健太朗
善法寺伊作:反橋宗一郎

『忍術学園五年生』
久々知兵助:山木透
尾浜勘右衛門:佐藤智広
竹谷八左ヱ門:栗原大河

『忍術学園四年生』
平滝夜叉丸:樋口裕太
綾部喜八郎:大谷誠
田村三木ヱ門:三井淳平
浜守一郎:高畑岬

『忍術学園一年生(A)』
猪名寺乱太郎[A]:津山晄士朗
摂津のきり丸[A]:川尻拓弥
福富しんべヱ[A]:岡野凜音

『忍術学園一年生(B)』
猪名寺乱太郎[B]:石川雄己
摂津のきり丸[B]:室伏佑哉
福富しんべヱ[B]:田中誠人

※【大阪公演一年生キャスト】[A]:津山晄士朗/川尻拓弥/岡野凜音
※【愛知公演一年生キャスト】[B]:石川雄己/室伏佑哉/田中誠人

『忍術学園くの一』
ユキ:秋山みり

『ドクタケ忍者隊』
稗田八方斎:幹山恭市
キャプテン達魔鬼:高橋光
ドクタケ忍者隊弐:小笠原竜哉
ドクタケ忍者隊参:伊藤俊
ドクタケ忍者隊肆:石黒鉄二
ドクタケ忍者隊伍:来夢
ドクタケ忍者隊陸:開沼豊

『暗殺者』
海松万寿烏:当銀大輔
翁長卓:土寿烏

『忍術学園関係者』
大川平次渦正:迫英雄
土井半助:一洸
山田伝蔵:今井靖彦

【STAFF】
原作:尼子騒兵衛著「落第忍者乱太郎」よりアニメーション「忍たま乱太郎」
脚本・作詞・演出:竹本敏彰
音楽監督・作曲・編曲:玉麻尚一
振付:佐々木有子 RYOJI
殺陣:高橋光
殺陣監修:今井靖彦
キャラクタービジュアルアドバイザー:馮啓孝
東京・大阪公演主催:ミュージカル「忍たま乱太郎」製作委員会
愛知公演主催:公益財団法人かすがい市民文化財団

©尼子騒兵衛/NHK・NEP
©ミュージカル「忍たま乱太郎」製作委員会

 - Stage