世界のエンターテイメントの“今”をお届け!

News

アイ★チュウ ザ・ステージ ~Rose Ecarlate ~ 開幕!

2015年6月26日よりAndroid版、同年7月3日よりiOS版のサービスが開始され、現在100万ダウンロードを突破した、恋愛リズムアドベンチャーゲーム、「アイ★チュウ」。

ストーリーは、とある有名事務所「エルドール」が設けた学園。その名は「エトワール・ヴィオスクール」。その学園はアイドルの卵を育成し、一人前のアイドルにする学園。同期の子たちと勉強を学び、先輩たちからのサポートを受け、そしてアイドルとしての心構えを知っていく。
そうした様々な経験を経て、アイドルになることを認められる。彼らの教師であり、プロデューサーであるゲームユーザーは、彼らを一人前のアイドルとして成長させていきます。

2017年8月~9月にかけて、東京・サンシャイン劇場、大阪・サンケイホールブリーゼにて、ゲーム「アイ★チュウ」を舞台化した『アイ★チュウザ・ステージ~Stairway to Étoile~』が上演され、大盛況の内に千秋楽を迎え閉幕、さらに2017年11月、ZeppTokyoにて、ライブイベント『LIVE!! アイ★チュウThe Stage ~étincelle~』を開催。2018年2月、待望の再演である『アイ★チュウザ・ステージ〜Stairway to Étoile 2018〜』が上演され、拍手喝采と共に全公演を終了しました。同年7月には、東京国際フォーラムホールCにおいて第二回ライブイベント、「LIVE!!アイチュウザ・ステージ〜Les quatre saisons〜」を開催、大きな盛り上がりを見せ、さらに12月にはアイ★チュウザ・ステージとしては初のファンミーティングとなる「アイ☆チュウ ザ・ステージ 1st Fan Meeting」を閉館直前のAiiA 2.5 Theater Tokyoにて開催し満員のファンを魅了しました。

そして2019年4月、待望の新作公演「アイ★チュウ ザ・ステージ ~Rose Ecarlate ~」が東京都足立区のシアター1010より開幕します。
初日の公演に先立ち、2019年4月20日(土)に公開ゲネプロが行われました。

【公開ゲネプロの様子】

F∞F(ファイアーフェニックス)のもとに新作映画のテーマ曲タイアップと、出演の話が舞い込んできた。

しかし、そこに現れた特別講師を名乗る男によってオファーは白紙に。

公開オーディションという形で、ほかのアイチュウたちとその座を争うことになった。

そして次々に訪れる逆境。彼らは乗り越えることができるのか?そして栄冠の行方は…!?

公開ゲネプロにはゲーム内先行で発売されたSS席の購入者の中から抽選で選ばれたプロデューサー(ファン)が来場。
本公演と何ら変わらぬ…というよりも、更に熱気の強い劇場内は盛り上がります。

ゲネプロ公演では事前に出演が知らされていなかった須永風汰さん演じる『I♥B』のラビが登場。
「深海マーメイド」の一小節を歌い、会場を大いに沸かせます。

前作、「Stairway to Étoile」に比べ、シリアスな方向へと舵を切る本作。演出・脚本を務める伊勢直弘さんは「今回、アイチュウ達は「ある試練」を通して「此れまで」と「これから」を繋ぐ「今」を見つめて貰う機会を描いた」とのコメントが出されており、逆境に立ち向かうアイチュウ達の奮闘を描きます。

カーテンコールでは、愛童星夜役の川井雅弘さんより「僕達、明日から初日を迎えます。29日の東京千秋楽までは先ず、兎に角、全速前進ハイスピードで駆け抜けて行きたいと思いますので、応援の程、宜しくお願いします!」と挨拶し公開ゲネプロは幕を閉じました。

アイチュウ達を輝きを是非、目に焼き付けに劇場へ。

【「アイ★チュウ ザ・ステージ ~Rose Ecarlate ~」公演概要】

公式サイトはこちら

<公演期間>
東京公演:2019年4月21日(日)~4月29日(月・祝)
大阪公演:2019年5月10日(金)~5月12日(日)

<会場>
東京:シアター1010
大阪:サンケイホールブリーゼ

<公演時間>
約2時間30分(20分間の途中休憩を含む)

<料金>
東京 :S席9,800円(1階席、2階席1列)A席6,800円(2階席2列~4列)
大阪:S席9,800円(1階席、2階席1列~7列、バルコニー席1階)A席6,800円(2階席8列~13列、バルコニー席2階)
◆S席特典内容
非売品ブロマイド(原作イラストとアイチュウキャストの2枚組)1セット(ランダム/全12種) 特典ブロマイドはこちら
※特典は観劇当日の引換になります。
※特典ブロマイドの会場での販売はありません。
※アイチュウキャストの特典ブロマイドにはランダムでキャスト直筆サイン入りのものが含まれています。
※全席指定・税込
※未就学児童入場不可

<出演者>
『F∞F』
愛童星夜:川井雅弘(Candy Boy)
湊奏多:大原海輝
御剣晃:小波津亜廉

『Lancelot』
轟一誠:吉岡佑(メンズヘラクレス)
赤羽根双海:坂垣怜次
三千院鷹通:黒貴

『RE:BERSERK』
エヴァ・アームストロング:吉田大輝
山野辺澪:伊地智頼統(JBアナザーズ)
十文字蛮:雨坂亮汰

『POP‘N STAR』
華房心:設楽銀河
神楽坂ルナ:前嶋曜(JBアナザーズ)
及川桃助:古賀瑠

『舞台オリジナルキャスト』
池袋太陽:大場達也
中田忍:大神拓哉
アシスタント:船橋拓幹
黒野幕男:和泉宗兵

『スペシャルゲスト』
日替わりで三期生キャストがゲスト出演。
出演日はこちら

『Twinkle Bell』
枢木皐月:石渡真修
枢木睦月:宮城紘大

『I♥B』
ノア:佐川大樹
レオン:結城伽寿也
黎朝陽:登野城佑真
ラビ:須永風汰
リュカ:田中晃平

『ArS』
日下部虎彦:綾切拓也
桃井恭介:神越将
鳶倉アキヲ:菊地燎
海部子規:山内圭輔
折原輝:荒一陽
若王子楽:岸本卓也

<STAFF>
原作:恋愛リズムアドベンチャー「アイ★チュウ」(リベル・エンタテインメント)
脚本・演出:伊勢直弘
音楽:早川大地
美術:加藤藍子
大道具制作:黒沢みち(東宝舞台)
舞台監督:臼田典生
舞台監督助手:濱中陽子、大熊雅美、埴生志朗
映像:中野保、山川憲司、岸部秀彦
照明:七鳥則道、高橋一郎、神山やよい、土田美月、山岡靖典
音響:鳥羽正生、高木佳未、高松祐太、高橋美咲
演出助手:丹治泰人(SPM)、石井麻莉(SPM)
衣装:木鋪ミヤコ(doldol dolani)
衣装制作:大屋博美(doldol dolani)
ワードローブ:松村美幸、上野沙織
ヘアメイク:片山昌子
公演へアメイク:松本智菜美、堀奈津子、関根千穂、清水亜莉沙
メイク協力:プロメイク舞台屋、THE FACE MAKE OFFICE
小道具:岩本彩香(有限会社アトリエカオス)
振付:Tsuuu(HIGH ENERGY)
歌唱指導:高橋秀幸
撮影:8FACTORY,LLC
宣伝プロデューサー:近藤彩夏
宣伝:雲林院康行、佐藤知子、川島弓奈(キョードーメディアス)
宣伝美術:EKコーポレーション
宣伝写真:間仲宇
WEB制作:ヒラクト
票券:緑川明美、田熊沙織
制作:黒川明子、山崎彩加、竹田梨乃、永友善隆
キャスティング・制作プロデューサー:柳谷江似子(EIMI)
マーチャンダイズディレクター:星野亮、小柳卓史
レーベルディレクター:今宮環
レーベルセールスプロモーション:雪元彩絵子
レーベルモーションプランニング:長谷川裕子
レーベルヘッド:木谷徹
プロデューサー:伊藤舞、小坂純
チーフプロデューサー:久保寺良一、矢崎潤、竹沢寿之
制作:エルアンドエル・ビクターエンタテインメント/キョードーファクトリー
協力:キョードー大阪(大阪公演)/サンケイホールブリーゼ(大阪公演)/ムービック/一般社団法人日本2.5次元ミュージカル協会/アバンセ/アミュレート/ヴィズミック/えりオフィス/As around/五社プロダクション/SUNBEAM/シーフォー/JBAレーベル/ジョビィキッズ/J’s PRODUCE/スターダストプロモーション/スペースクラフトエンタテイメント/青年座映画放送/タイムリーオフィス/テアトルアカデミー/テレビ朝日ミュージック/トキエンタテイメント/長良マネジメント/BACSエンターテイメント/舞夢プロ
主催:アイ★チュウ ザ・ステージ製作委員会(リベル・エンタテインメント/ビクターエンタテインメント/キョードーファクトリー/足立区シアター1010 指定管理者(東京公演))

© I★Chu the stage 2019

 - Stage