世界のエンターテイメントの“今”をお届け!

News

東京コミコン2019 11月22日(金)~11月24日(日)開催決定!

株式会社東京コミックコンベンション(代表取締役社長:胸組光明)は、2019年11月22日(金)~11月24日(日)までの3日間、幕張メッセ(千葉市美浜区)にて「東京コミコン2019」を開催することを発表いたしました。
今年で4回目となる東京コミコンは、1回目の2016年は3万人を動員、2回目となる2017年には
ハリウッド俳優のマッツ・ミケルセン氏をはじめ、アメコミ界の重鎮であり“レジェンド”とも呼ばれるスタン・リー氏なども来日し、4万人以上を動員。さらに昨年の2018年にはトム・ヒドルストン氏、エズラ・ミラー氏らビッグスターが多数来日し、撮影会やサイン会に加えてステージイベントにも登場すると多くのファンで会場が埋め尽くされ、3日間の来場者数も63,146人と過去最高を記録しました。
今年も各種展示やハリウッドスターたちとの撮影会&サイン会を企画、さらに昨年までにはなかったイベントも予定されており、ますます大きな盛り上がりが期待されています。
今後の情報につきましても決定次第、随時ご案内いたしますのでお見逃しなく!

【東京コミコンとは】

最高のテクノロジーと最高のポップ・カルチャーが融合した日本の新しいコミコンの誕生!
マーベル・コミックの編集委員であり、マーベル・メディアの名誉会長を務めた、「スパイダーマン」や「X-メン」などのコミック原作者としてアメリカ漫画業界に変革をもたらした
「ポップ・カルチャーの父」スタン・リーと、アップル共同創業者の一人で「テクノロジーの王」といわれているスティーヴ・ウォズニアックとの出会いが、「東京コミコン」の始まりです。

最高のテクノロジーと最高のポップ・カルチャーを融合させたコミコンを当初はウォズの住むシリコンバレーで開催し、真にグローバルな祭典にしたいというウォズの意向があり、「そうであれば日本を巻き込まなければならない」と東京での開催を決定。
そして、2016年12月「東京コミコン2016」として実現され、大盛況の内に幕を閉じました。
「シリコンバレーコミコン」と対をなす「東京コミコン」は、アメリカンスタイルをベースとしながらも、テクノロジーとポップ・カルチャーの祭典として、既存のコミック・映画・アニメーションあるいはゲームショーなどのイベントとは一線を画し、革新性と楽しさを共有する空間を創出。ファミリー層からご年配の方まで、全世代を通じて楽しんでいただける知的好奇心を刺激するイベントです。最高のポップ・カルチャーと最高のテクノロジーを融合させた第4回「東京コミコン2019」がいよいよスタートします。
さらにバージョンアップした東京コミコンに是非ご期待ください。

【東京コミコン2019オフィシャルサイトリスタート】

開催日が正式に発表されるに当たり、「東京コミックコンベンション2019」オフィシャルサイトも
リニューアルスタートいたします。今後、新情報を順次アップしていきますので、ご期待下さい。

http://tokyocomiccon.net/

※今後、GW頃を目標に、http://tokyocomiccon.jp/ へURLが変更になる予定です。
それまでは、上記URLにて情報を開示していきます。
皆様にはご迷惑をおかけいたしますが、ご理解を頂けますと幸いです。

【東京コミコン2019開催概要】
名称:東京コミックコンベンション2019 (略称:東京コミコン2019)
会期:2019年11月22日(金)~11月24日(日
会場:幕張メッセ国際展示場9・10・11ホール
主催:株式会社東京コミックコンベンション、東京コミックコンベンション実行委員会
見込み来場者数:約8万人(3日間)
イベント内容:最新技術を使った様々なゲームや体験、コミックや映画の最新情報、
アメリカや世界の製品やレア物グッズ展示、ハリウッドスターとの撮影会・サイン会、ポップカルチャーやテクノロジー分野のリーダー・インフルエンサーによるパネルディスカッション、コスプレコンテスト、ライブパフォーマンス、企業出展(今後発売予定の製品や試作品の出展等)、個人で活動している漫画家やアニメーターの作品展示「アーティスト・アレイ」など。

 - life