世界のエンターテイメントの“今”をお届け!

News

ANA、オール2階建ての大型旅客機「フライング・ホヌ」をハワイ線へ投入

ANAはオール二階建て、世界最大の旅客機エアバスA380型を日本の航空会社として初めて受領し、5月24日(金)より成田=ホノルル線に投入します。

ANAはエアバスA380型を3機発注し、全機成田=ホノルル線に就航。
3機ともハワイで神聖な生き物として愛されるウミガメをモチーフとした特別塗装機「FLYING HONU(フライング ホヌ)」とし、3機それぞれに異なるカラーと表情のデザインを施します。

機首に1匹、機体後部に2匹、合計3匹のウミガメ「ホヌ」が描かれる

今回、ANAが受領した1号機(JA381A)はハワイの「そら」をイメージし、ANAのコーポレートカラーでもある「ANAブルー」を再送した爽やかな塗装に。2号機(JA382A)はハワイの「海」をイメージした「エメラルドグリーン」塗装に、3号機(JA383A)はハワイの「夕陽」をイメージした「サンセットオレンジ」塗装になる予定です。

成田到着の模様

2019年3月20日(水)、エアバス本社のあるフランス・トゥールーズのエアバスデリバリーセンターにて受領し、現地時間16時21分にNH9398便として出発。16時43分に離陸し、約40名のスタッフとともに成田空港へ向けデリバリーフライトを開始。

シベリア上空を超える12時間8分のロングフライトの後、多くの航空ファンそして報道陣に迎えられながら同日日本時間12時51分に成田空港A滑走路へ着陸。朝から小雨降りしきる曇り空でしたが着陸時には青空が見え、ハワイのような空模様の中、日本初飛来となりました。

消防車の放水アーチによるお出迎えとともに807番スポットへ。

12時58分にスポットインし、到着セレモニーへと進行します。

到着セレモニーの模様

セレモニーはドアオープンからスタート。

ANAホールディングス株式会社 代表取締役社長の片野坂真哉氏とエアバス・ジャパン株式会社 代表取締役社長のステファン・ジヌー氏が降機。

左:ANAホールディングス株式会社 代表取締役社長 片野坂真哉氏
右:エアバス・ジャパン株式会社 代表取締役社長 ステファン・ジヌー氏

続いて、フランス・トゥールーズより操縦してきたANAフライトオペレーションセンター所属の機長 古川 理氏らが降機しました。
古川機長の手には「FLYING HONU(フライング ホヌ)」1号機の模型が。

中央:ANAフライトオペレーションセンター所属 品質企画部 機長 古川 理氏

「FLYING HONU(フライング ホヌ)」1号機の模型には関係者のサインも

ANAホールディングスの片野坂社長は「搭乗した瞬間からハワイを感じられる機内になった。飛行中、非常に機内が静かで、今すぐにでも皆様に体感してもらいたい。」、「新規導入のフットレストをあげるとベッドになるカウチシートも体験したが、とても快適だった。」とコメント。

カウチシート「ANA COUCHii」

機内座席配置図

エアバス・ジャパン株式会社のステファン・ジヌー社長は「もっと乗っていたいと思える飛行機・機内になった。どのクラスの座席もゆったりとしており、広いパーソナル空間を提供できる。」、「3機のA380型機によってANAのハワイ線の座席供給量を2倍にできる。今後ともANAのサポートをしっかりと行い、さらなるステージへ進んでいきたい」と述べました。

ANAフライトオペレーションセンター所属の古川 理機長はセレモニー後の囲み取材で「成田は風が強かったが、不安を感じることなく着陸できた。パイロットは小型機のA320からA380に移行する。A320のパイロットはシミュレーター7回と座学の合計45日の訓練で移行できる。A320の操縦性がA380にも通用する。操縦席の高さは慣れが必要だが、操縦の機敏性などは同じなので、A320からA380に移ってもあまり違和感なく操縦できる。」とコメントしました。

「FLYING HONU(フライング ホヌ)」は5月24日(金)より、成田=ホノルル線にて週3往復(火・金・日出発)運行を開始し、第2号機が投入される7月1日(月)からは週10往復運行する予定です。

大型機の投入により座席供給量が増加し、ハワイが今まで以上に身近になるかもしれません。
「FLYING HONU(フライング ホヌ)」を用いたANAとハワイという新しいブランディング。
ANA HAWAii、今後の展開、楽しみですね。

 

 

 

 

 - life