コンフェティ
世界のエンターテイメントの“今”をお届け!

海遊館初プロデュース「生きているミュージアム NIFREL(ニフレル)」2015年11月19日(木) グランドオープン

株式会社海遊館(大阪市港区)が、「EXPOCITY」〔三井不動産株式会社(東京都中央区)が開発中〕に開設準備中の新施設『NIFREL(ニフレル)』の開業日が2015年11月19日に決まりました。

img_69191_1

『NIFREL(ニフレル)』は水族館、動物園、美術館のジャンルを超えて、まるでアートを楽しむかのように、生きものや自然の魅力を直感的により身近に楽しめる工夫を凝らした施設です。
コンセプトは「感性にふれる」。
地球が育む多様ないのちと個性を、「いろ」「わざ」「すがた」「WONDER MOMENTS」「みずべ」「うごき」「つながり」の7つのテーマで表現。
生きものたちと、今までにない造形物、照明、映像、音楽が融合する空間展示(インスタレーション)で、子どもはもちろん大人の感性も刺激し、心を豊かにします。

海遊館が魅せる新しい生きものへの視点

ダイナミックな海の姿を25年にわたり見せてきた「海遊館」。
彼らがプロデュースする新たな展示は、海遊館など生きものの展示で多く用いられている「環境再現型」とは異なります。
アートを楽しむかのように、直感的により身近に楽しめる新しい視点で「生きものを魅せる」展示が行われます。

ひとりひとりの感性「にふれる」7つのゾーン

ニフリルは7つのゾーンで構成されています。
それぞれの暮らす環境に合わせて、色彩や形状、特別な能力などを身に付けた生きものたちの個性や不思議な魅力をニフレル独自の視点で切り取り、7つに分けました。
「いろ」「わざ」「すがた」「WONDER MOMENTS」「みずべ」「うごき」「つながり」の7つの「にふれる」テーマで表現されています。
「感性は1人ひとりちがう」という考えから、インタレーション(場所や空間全体使った体感型の現代アート作品に用いられる手法)を用いて、ひとりひとりの感性に訴えかけます。
さらに、館内のカフェやショップ、フォトスポットに至るまで、様々な「にふれる」体験を楽しめる内容を予定。
どこを切りとっても、「感性にふれる」ことができます。
また、それぞれの展示を魅せてくれる飼育員はキュレーターと呼ばれ、人と生きもの、人と自然、人と人とを繋ぐ役割を担います。
キュレーターと生きものの関わり合いをご覧いただきながら、生きもの本来の姿や特徴を楽しくご紹介します。

いろにふれる

img_69191_2

ゆるやかに色が変化していく世界。
ここでは思わず意識が色に集中してしまいます。
水のゆらぎを感じる蓋のない13台の水槽には、美しい透明の水の中で泳ぐ、あか、あお、きいろ、色鮮やかな魚たち。
この世で一番美しい色は、一体何色でしょうか?
生きもの例:バイカラードッティーバック、ニシキテグリ、シロボシアカモエビ

すがたにふれる

img_69191_3

終わりなく光のドットが続く空間のなかに不思議な姿が浮かび上がります。
水の中の一見無機的だけれど美しい造形物と、姿かたちが不思議な生きものの個性が調和し、私たちを魅了します。
生きもの例:チンアナゴ、ミノカサゴ、ボロカサゴ

WONDER MOMENTS (ワンダーモーメンツ)

img_69191_4

吹き抜けの大きな空間に浮かぶ直径5mの球体とフロアに描かれるのは、アーティスト松尾高弘氏が描く光のインスタレーション。
「自然現象の美しい瞬間」を切り取った映像と音楽が融合するこれまでにない光のアート空間です。
まるで光のシャワーのように身体や手のひらに映像が降り注ぎ、1人ひとりの中にある心地よい記憶やイマジネーションに訴えかけます。

みずべにふれる

img_69191_5

木立を連想させる室間をぬけると一転、光が差し込む、広く開放的な空間へとつながります。
水辺の環境に適応してきた、大きな生きものたちの暮らしを目のあたりにしながら、その迫力に大きく心が躍らされ、驚きと感動をもたらすことでしょう。
生きもの例:イリエワニ、ミニカバ、マルメタピオカガエル、アカハライモリ

うごきにふれる

img_69191_6

ここは生きものたちの遊び場です。そこに私たちがお邪魔させてもらうことにしました。
1本の小川を隔てて向こう側が生きものたちの、こちら側は生きものと私たちのエリアです。
生きものが暮らす世界に入り込む体験は、視覚的な体験とはまた違う感動を与えてくれることになるでしょう。
生きもの例:ワオキツネザル、オニオオハシ、カピバラ、フラミンゴ

その他、「わざにふれる」「つながりにふれる」のゾーンが登場します。

ニフレル概要
名   称:NIFREL(ニフレル)
開業予定日:2015年11月19日
所 在 地:大阪府吹田市千里万博公園2-1 EXPOCITY内ニフレル
交   通:大阪モノレール「万博記念公園駅」徒歩2分
構造規模 :S造(一部SRC造、RC造)3階建
建築面積 :約3,500平方メートル(約1,060坪)
延床面積 :約7,200平方メートル(約2,180坪)
設計施工 :竹中工務店

 - ミュージアム