コンフェティ
世界のエンターテイメントの“今”をお届け!

東京2020マスコットデザインラッピングバス運行開始!

東京都は、東京2020オリンピック競技大会の2年前にあたる平成30年7月24日から、一層の大会気運の醸成を図るため、大会アンバサダーとなる東京2020マスコットを活用した東京都の取り組みの皮切りとして、マスコットデザインラッピングした都営バスの運行を開始します。運行開始にあたって2018年7月24日(火)、都庁第一本庁舎2階正面玄関にて出発式を開催しました。

定刻になると、都庁正面玄関に青とピンクの目に鮮やかな大きくマスコットがデザインされたバスが都庁通りより登場。関係者一同に拍手で迎えられます。

今回の出発式の主催者である小池百合子東京都知事は「皆さん御暑ございます。御集り頂きまして誠にありがとうございます。今日7月24日は、2020年の7月24日に東京オリンピックが開会する丁度、2年前にあたる訳でございます。そして2年前のこの日、都営バスがこの様にラッピングされました。名前が決まったばかりのミライトワ・ソメイティ、それぞれ、オリンピック・パラリンピックのマスコットをあしらったこのラッピングバスが先ずは2台、これから都内を走る事となります。これから順次、台数を増やしていって、そして機運を益々高めて行きたいと思っております。また地下鉄の大江戸線もラッピングされた列車が走ります。東京2020大会に向けて皆で快適に走っていきたいと思います。どうぞ宜しくお願いします。」とコメント。

続いて、ラッピングのデザイン制作に協力した東京2020組織委員会からゲストとして、山本隆副事務総長より「今日は東京2020マスコットをあしらったラッピングバスを造って頂き本当に有難うございました。一昨日の日曜日に満を持して現実世界に元気に飛び出してきたミライトワとソメイティでございますけれども、今日から都営バスと大江戸線に乗って都内を駆け巡る事が出来る事を本当に嬉しく思っております。今日此処にはこれませんでしたけど、当人達は大変喜んでおります。これからこのラッピングバスに乗った方、あるいは街で見かけた方々が2年後に益々期待を寄せてくれる事を期待しております。これからチケットや聖火リレー、ボランティア等、多くの都民の方にますますご参加頂かなければいけない事が目白押しでございます。私達もこのワクワク感を大切にして東京都と連携をしっかりとって、大会準備に邁進していきたいと思います。今日は有難うございました。」とコメント。

そして、元オリンピアンで北京2008大会、ロンドン2012大会に出場され、現在は組織委員会で活躍の伊藤華英さんは「御暑い中お集まり頂き有難うございます。初めてこのバスを観たんですけど、大変可愛くて嬉しく思います。また、名前の表示もして頂いて本当に嬉しく思っております。やはり、アスリートや国民の皆様もこのバスを見てオリンピックが近づいてくる、という事が分かるバスなんじゃないかなと思いますし、アスリートも街を歩いていて、このバスが通ったら、「ああっ、オリンピックが近づいてきたな」と緊張感を持てるんじゃないかなと、思っております。やはりアスリート達は未だ見えない会場をイメージしながら、自分達がそこで活躍するんだという事を思い描きながら、日々練習しておりますので、その中のイメージのひとつになるのは間違いないかなという風に思います。本当に今日はおめでとうございます。」と話されました。

そしてフォトセッション後、関係者と集まったバスファンに見送られながら、ラッピングバスは方向幕が指すとおり、「東京2020大会」へ出発して行きました。

東京2020マスコットデザインラッピングバスを魅る

今回、出発式に登場したのは、新宿営業所所属の日野エルガ(C-A589)。
LED方向幕の表示は勿論、「東京2020大会」。

側面のラッピングはミライトワとソメイティが対になる様デザインされ、降車ドアには、東京2020オリンピック、パラリンピックのロゴが。

後部のラッピングはマスコット二人の全身シルエット版。
都営バスのマスコットキャラクター「みんくる」と並んでいる所がチャームポイントでしょうか。

なお先述の通り、都営交通を活用したその他の取組として、2018年7月24日(火)から8月27日(月)まで、都営大江戸線において、東京2020マスコットのメディアライナー(広告貸切電車)も1編成運行します。

これから都内中を走り回る東京2020オリンピック・パラリンピックマスコットのラッピングバス、是非ご乗車を。

【ラッピングバス概要】

<期間>
2018年7月24日(火)から東京2020大会終了時まで

<運行台数>
18台(営業所・支所:各1台)2018年8月末完了予定

※2018年7月24日時点では、2台運行

©Tokyo 2020
Copyright © 2016 Bureau of Transportation. Tokyo Metropolitan Government. All Rights Reserved.

 - スポーツ