コンフェティ
世界のエンターテイメントの“今”をお届け!

「D23 Expo Japan 2015」〜東京ディズニーリゾート関連の公演・展示模様を中心にご紹介〜

2013年に日本で初めて開催され、今年で2回目となる究極のディズニーファンイベント「D23 Expo Japan 2015」が開催されました。

D23_4_1

ディズニーファンに贈る特別なショー&プレゼンテーションや、「Power of Story」のもと集う様々なストーリーを伝える展示など、すべてのディズニーをつなぐイベントの模様を、東京ディズニーリゾート関連の公演・展示模様を中心にお届けします。

※写真はクリックすることで全て拡大表示されます。

東京ディズニーリゾートスペシャルプログラム

舞浜アンフィシアターにて開催された特別公演「東京ディズニーリゾートスペシャルプログラム」。
今回は東京ディズニーシーをメインに構成され、前回の公演同様ファンの期待に応えた素晴らしい内容となりました。

_MYK8913_

公演は東京ディズニーランド5周年時に行われた第2パーク開発構想の会見映像からスタート。東京ディズニーシーオープンまでの軌跡を貴重な建設風景の映像などを交えながら振り返ったところで、株式会社オリエンタルランド代表取締役社長とパークオープン時の提督コスチュームをまとったミッキーマウス、ケープコッドにて使用されていたコスチュームをまとったミニーマウスが登場。

_MYK9000_

懐かしいコスチュームとの再会に会場からは歓声が上がりました。
パークの新要素や東京ディズニーシー15周年アニバーサリーの根幹を築くバッググラウンドストーリーのお話を聞くことができました。

時空を超えた旅

プロメテウス火山の地中深くにあるクリスタル。
これは冒険とイマジネーションを旅する人たちの思い出の結晶かもしれません、というナレーションと共にショーはスタート。

ポルト・パラディーゾ・ウォーターカーニバル

「ポルト・パラディーゾ・ウォーターカーニバル」より、ストーリーテラーやダンサーが登場し、パラダイスへ。
ポルト・パラディーゾを出航し、船が行き着いた先は100年前ののどかな港ケープコッド。この地を襲う嵐をいつか消すことができたら・・・と願う彼らが願いた地、ポートディスカバリーにストーリーは進みます。

ポートディスカバリー(ストームライダー)

ポートディスカバリーのテーマソングと共に、ストームライダーのキャストコスチュームをまとったダンサーと博士衣装のグーフィーが現れ、ストームライダーの偉大な功績を称えます。ストームライダー発進時の音楽、映像演出と共に、ステージは次のポートへ。

ロストリバーデルタ

「ミスティックリズム」の音楽に合わせ、グーフィー、探検家たちが力強いシーンを展開。
音楽はロストリバーデルタのテーマソングに移り、グーフィーはここで「活力」のクリスタルを授かります。

アラビアンコースト

全自動で回ることを喜ぶカガリービとキビータにより、スタート。
アラビアンコーストの王宮に伝わる伝説のアレをということで・・・「ボンファイアーダンス」の参加ダンスをみんなで踊ります。

_MYK9205

グーフィーはここで「友情」のクリスタルを授かります。

マーメイドラグーン

海と上と海の中が一つになった不思議な場所、マーメイドラグーンより、チップとデール、クラリス、「ファッショナブル・イースター」よりアクアホップな仲間たちが登場。「アリエルのシーサイドトレジャー」より、懐かしの音楽に合わせ、会場全体で踊りました。

ミステリアスアイランド

「ファッショナブル・イースター」のヒューゴー・ヴェルジュールが登場。
ドナルドとの再会を喜びます。

_MYK9300

スチームパンクをテーマに、会場は大盛り上がりに!

アメリカンウォーターフロント

アメリカンウォーターフロントのテーマソングと共に、「ニューヨーク・ハロウィーンフォーリーズ」のコスチュームを身にまとったミッキーマウスとミニーマウスが登場。この地でかつて繰り広げられたショーの思い出を振り返ります。

_MYK9373

タワー・オブ・テラーの音楽と共に、ステージはダークなムードに。不思議な仮面舞踏会をミッキーマウスが思い出しますが、ミニーマウスは思い出せません。ニューヨーク市保存協会よりマーク・オーメン、カミーラ・カーメンが登場し、もう一度、ファンタスティックなハロウィーンの世界、魅惑の夜の舞踏会「ミステリアス・マスカレード」へゲストを紹介します。

ステージ中央に懐かしのゴースト達が現れ、ゲストから歓声が上がりました。
ガイコツたちも参加した今夜だけのパーティー、ミニーはカミーラより「愛」のクリスタルを授かります。

海だけが知ってる物語

「BraviSEAmo!」より、Swept Awayを生歌(英語版)で披露。プロメテオ、ベリッシーを模した火と海のコスチュームをまとったダンサーも登場。
東京ディズニーシーではカウントダウンにて使用されていたWe Go On(日本語版)を「ミート・アンド・スマイル」のコスチュームをまとったキャラクターと共に歌います。

_MYK9721_

クリスタルの謎を解くフィナーレ

渡された3つのクリスタルの光に導かれ、クリスタルから聞こえたかのようにみんなの心を繋いだリズムが流れます。
「レジェンド・オブ・ミシカ」より、Feel The Loveを熱気あふれるキャラクター、ダンサーのダンスと共に。

光が一つになり、クリスタルの不思議な力が現れます。
これから先、ミッキーたちの旅に必要な何か、本当に大切なものを教えてくれた古びたコンパスを元に、旅を続けます。

時代はさかのぼり、「ポルト・パラディーゾ・ウォーターカーニバル・エテールノ」の感動的な音楽と主に、これからの旅への期待を歌います。

_RW17185さぁ旅立とう、夢の世界へ!

東京ディズニーシー15周年テーマソング
「When Yor Heart Makes a Wish」

東京ディズニーシー15周年テーマソング「When Yor Heart Makes a Wish」が初お披露目され、15周年コスチュームをまとったキャラクターたちが大集合。

不思議なクリスタルの光をたどる時空を超えた旅、パークの歴史をたどる素晴らしいショーとなりました。
冒険とイマジネーションの海でで作られたたくさんの思い出。
これらは素晴らしい輝きを持って、旅の行き先をこれからも教えてくれそうですね。

東京ディズニーリゾート特別展示

東京ディズニーランドホテルにて実施された東京ディズニーリゾート特別展示。今回は「THE ART OF IMAGINATION」と題して、来年迎えるアニバーサリーに向け、東京ディズニーシー15周年記念展示を実施しました。

D23_1_23

「東京ディズニーシー15周年“ザ・イヤー・オブ・ウィッシュ”」関連の展示

東京ディズニーシーでは、2016年 4月15 日(金)から2017年3月17 日(金)までの337 日間、東京ディズニーシーの開園 15 周年を盛大にお祝いするアニバーサリーイベント「東京ディズニーシー15 周年“ザ・イヤー・オブ・ウィッシュ”」を開催します。

D23_1_31

オープニングを飾る新規ショー「クリスタル・ウィッシュ・ジャーニー」に始まり、15 周年ならではの装飾などが加わった夏やハロウィーン、クリスマスのスペシャルイベントなど、たくさんの魅力的なプログラムを年間を通して展開します。

テーマ“ウィッシュ”について

“ウィッシュ”とは、未来を思い描き、向かっていくワクワクする気持ちそのものです。

D23_3_1

東京ディズニーシーでの新たな冒険の旅を通じて、ゲスト一人ひとりがもつ“ウィッシュ”がさらに強く光り輝くよう、1 年間にわたってミッキーマウスやディズニーの仲間たちがゲストをナビゲートし、キャスト全員でお手伝いをします。

D23_1_13

ディズニーシー・アクアスフィアへのデコレーション

東京デイズニーシーのシンボル、ディズニーシー・アクアスフィアにはみんなの“ウィッシュ”の力で、未来へと進む船が旅立っていく瞬間をイメージしたデコレーションを設置。

D23_1_24

これ以外にも、パーク内のは15年分の“ウィッシュ”が光り輝き、クリスタルとなった様々な色彩感溢れるデコレーションを展開するとのことです。船や航海にまつわるものがモチーフとなっており、アメリカンウォーターフロントにはミニーの“ウィッシュ”である”ラブ”をモチーフにした赤いクリスタルを中心に、天球儀を象徴としたクリスタルポイントが設置されるとのこと。アラビアンコーストには錨をモチーフにしたドナルドのクリスタルポイントが、ミステリアスアイランドには舵輪をモチーフにしたグーフィーのクリスタルポイントがあり、これらのデコレーションとゲストのウィッシュが共鳴する、インタラクティブな要素もあるとのこと。

クリスタルコンパス

“ウィッシュ”を輝かせる旅をナビゲートするコンパスをイメージしたアイテム。クリスタルコンパスで各エリアのデコレーション、クリスタルポイントを回ると楽しいい仕掛けがあるとのこと。

D23_1_14

15周年期間中は「ファンタズミック!」のショーでも演出に合わせて光り輝き、ショーをより一層楽しめるアイテムになるとのこと。

ぬいぐるみ

15周年期間限定で販売されるぬいぐるみの数々が展示されました。

D23_1_27

それぞれのウィッシュ・クリスタルをあしらったスペシャルコスチュームを着ています。ミッキー、ミニー、ドナルド、デイジー、グーフィー、プルート、チップ&デールが勢ぞろい。大きなサイズも販売されます。

グッズ用キービジュアルの展示

様々なグッズに使用される予定のキービジュアルが展示されました。

D23_1_15

「ビックバンドビート」

アメリカンウォーターフロントのブロードウェイ・ミュージックシアターで公演中の「ビッグバンドビート」が、2006 年 7 月の公演開始以来、初めてショー内容やコスチュームを一部変更してリニューアル。こちらのイラストが展示されました。

D23_1_28

「ビッグバンドビート」は、ビッグバンドの全盛期にあたる1920年代から 40 年代にかけて、世界中を熱狂させたスウィングジャズを中心としたレビューショー。

ビッグバンドの演奏をバックに歌うシンガー達の歌声、エネルギッシュなタップダンスのリズムが響くダンスナンバー、ミッキーマウスが迫力あるドラム演奏をするクライマックスシーンはそのままに、グーフィーが登場してジャズナンバーを歌い踊ったり、新しいコスチュームのミッキーマウスとミニーマウスがリズミカルなダンスを披露するシーンが加わるなど、新たな魅力を楽しめるとのこと。2016年4月15 日(金)から公演。

「アウト・オブ・シャドウランド」

ロストリバーデルタにある「ハンガーステージ」で新たにスタートするエンターテイメント「アウト・オブ・シャドウランド」は、影の世界に迷い込んだ主人公の少女メイが成長していく姿を描く、ハンガーステージのために書き下ろされたまったく新しいオリジナルストーリーのミュージカルショー。こちらのイラストが展示されました。

D23_1_29

内気な少女メイは邪悪なカゲドリに支配されている影の世界、シャドウランドに迷い込みます。そこで出会った青年ユウに導かれ、メイは自分でも知らなかった不思議な力でシャドウランドに光といのちを甦らせてゆきます。そして、不安や恐怖と戦いながらカゲドリを倒したメイは、ユウとシャドウランドが自信にあふれた新しい自分を教えてくれたことに気付くのです。

色鮮やかな映像と迫力あるライブパフォーマンスや、ダイナミックなシーンが次々と繰り広げられる、今までに体験したことのない世界を楽しみましょう。

新規ハーバーショー「クリスタル・ウィッシュ・ジャーニー」

「東京ディズニーシー15 周年“ザ・イヤー・オブ・ウィッシュ”」のオープニングを飾る、期間限定のハーバーショーです。

D23_1_30

“ウィッシュ”を輝かせる新たな冒険の旅へ期待に胸を膨らませるゲストの前に、クリスタルに導かれた、さまざまな願いを持ったディズニーの仲間たちが旅の案内役として登場し、15 周年の冒険の旅立ちを盛大にお祝いします。

プロモーションムービーの公開

15周年の見どころをまとめた映像が放映されました。

D23_9_08

D23_9_09

D23_9_10

D23_9_17

D23_9_12

D23_9_18

D23_9_16

D23_9_15

東京ディズニーシーの創造の源を探る

パークをかたちづくり彩る創造の源を知ることのできる特別な展示が行われました。初期のコンセプトアートから、最終デザイン、建設の模様まで様々なイラストや貴重な写真、映像でパークの源を学ぶことができました。

D23_1_32

D23_1_17

D23_1_16

テーマポートの創造の源を探る

東京ディズニーシーを構成する7つのテーマポートにまつわる貴重な資料が展示されました。

メディテレーニアンハーバー

D23_1_33

アメリカンウォーターフロント

D23_1_34

ポートディスカバリー

D23_1_35

マーメイドラグーン

D23_1_37

マーメイドラグーンシアター「アンダー・ザ・シー」で使用されたセバスチャンも展示。

D23_3_4

アラビアンコースト

D23_1_38

ロストリバーデルタ

D23_1_41

ミステリアスアイランド

D23_1_50

ジオラマで楽しむ東京ディズニーシー

パークの全貌を見下ろすことのできるジオラマが展示されました。
構想段階のジオラマのため、現在のパークと異なる点があり、パーク設計の変化を楽しむことができました。

D23_1_61

D23_1_47

D23_1_52

D23_1_49

D23_1_42

D23_1_39

技術者の視点で創造の源を探る

パークに欠かせない技術者の活躍。
普段は絶対に見ることができないパークを司る技術関連の書類、建物を構成する建築部材、植栽、エンターテイメントの構成に欠かせないコスチューム制作現場が展示されました。

“Technical Drawings”

D23_1_36

“Themed Port Landscaping”

D23_1_40

プロメテウス火山1/75模型

メンテナンス時の検証用に作成されたもの。

D23_1_46

D23_1_51

建築部材の展示

D23_1_44

D23_1_45

D23_9_01

MAKING BEAUTY

エンターテイメントの構成に欠かせないコスチュームを制作する現場を再現。

D23_1_53

パークで実際に使われているコスチュームを制作されている川本さんによる実演も不定期に行われました。

D23_3_2ミスティックリズムの帽子を制作する川本さん

D23_1_60

D23_1_55

D23_1_57

D23_1_54

D23_9_06

D23_9_04

D23_5_1

パークで使用された帽子の展示も。

D23_1_58

D23_6_1

D23_3_6

メイク道具の展示も。

D23_5_3

D23_5_2

コスチュームの展示

過去に東京ディズニーシーで開催せれていたエンターテイメントのコスチュームが展示されました。

D23_1_87

ショーの映像とともにコスチュームを間近で見ることができ、今は見ることのできないショーの思い出に浸ることができました。

レジェンド・オブ・ミシカ

D23_1_80

D23_1_86

D23_1_85

D23_1_77

D23_1_76

D23_1_75

D23_1_74

D23_1_73

D23_1_72

D23_1_71

D23_1_70

D23_1_69

D23_1_68

D23_1_67

D23_1_65

D23_1_88

D23_7_1

ミスティックリズム

D23_1_81

D23_1_82

D23_1_66

D23_9_05

D23_9_02

ポルト・パラディーゾ・ウォーターカーニバル

D23_1_64

ドラマティック・ディズニーシー2004
スタイル!

D23_1_84

ドラマティック・ディズニーシー2005
ウィッシュ

D23_1_78

D23_1_79

ミッキーとダッフィーのスプリングヴォヤッジ
イースター・イン・ニューヨーク

D23_1_83

D23_9_07

スター・ウォーズD23特別展 未来へつづく、銀河の旅。

12月の最新映画「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」公開を直前に控え、映画「スター・ウォーズ」の魅力と共に、世界のディズニーパークで好評を博している「スター・ツアーズ」を紹介するD23特別展が開催されました。

D23_1_89

D23_1_12

今回の「D23 Expo Japan 2015」における展示は「スター・ウォーズD23特別展 未来へつづく、銀河の旅。」と題して、通常の展示「スター・ウォーズ展 未来へつづく、創造のビジョン。」(全国巡回中の展示内容はこちら)とは異なる特別な内容で展開され、ルーカスフィルムとウォルト・ディズニー・イマジニアニングの技術の粋を集めた人気アトラクション「スターツアーズ」の開発背景なども展示されました。ここでは「スターツアーズ」関連の展示を中心にお届けします。

D23_8_2

パネル展示

「スターツアーズ」の貴重なメイキングピクチャーが展示されました。

D23_1_94

D23_1_92

D23_1_93

D23_1_91

D23_1_90

D23_9_03

実際に使用されていたアイテムの展示

D23_10_1

キャプテンレックス

D23_1_11

キャストコスチューム

D23_1_10

撮影用「スタースピーダー3000」

D23_1_09

グッズ

ごく短期間販売された「スタースピーダー3000」のトミカなども展示されました。

D23_8_1

【「スター・ウォーズ展 未来へつづく、創造のビジョン。」全国巡回スケジュール】

<松山展>
会場 : 愛媛県美術館
会期 : 2015年9月19日(土)~11月15日(日)

<横浜展>
会場 : そごう美術館
会期 : 2015年11月25日(水)~2016年1月5日(火)

<静岡展>
会場 : 静岡市美術館
会期 : 2016年1月23日(土)~3月27日(日)

<大阪展>
会場 : あべのハルカス美術館
会期 : 2016年夏(予定)

※その他 2017年春まで全国を巡回予定

取材協力:ウォルトディズニージャパン,株式会社オリエンタルランド

©Disney

© & TM Lucasfilm Ltd.

©2015 Lucasfilm Ltd. & TM. All Rights Reserved.

 - D23 EXPO Japan