コンフェティ
世界のエンターテイメントの“今”をお届け!

劇団四季『ライオンキング』日本公演、総入場者数1,000万人を達成!

劇団四季のミュージカル『ライオンキング』は、4月24日(金)昼の大阪公演をもって、日本公演総入場者数1,000万人を達成しました。

0427_1045_1979_2LW27

1998年の初演以来、東京、大阪、福岡、名古屋、札幌の5都市で上演。現在は、東京と大阪(梅田/大阪四季劇場)にてロングラン公演が続いており、5都市すべての街で、連続ロングラン記録を樹立してきました。1,000万人という観客動員数は、国内演劇作品の中では最多記録となり、1998年の 日本初演から約16年4ヶ月(9849回目)での達成とのことです。

本編終了後には、その感謝とご報告を兼ねて、ムファサ役・内田 圭さんより、ご挨拶がありました。

ムファサ役 内田 圭さんのご挨拶

「本日はご来場いただき、誠にありがとうございます。 1998年に東京で開幕いたしました『ライオンキング』日本公演は、本日の大阪公演をもちまして、1,000万人目のお客様をお迎えすることができました。これもひとえに皆様のあたたかいご支援の賜物と、出演者・スタッフ一同、心よりお礼を申しあげます。 これからも1回1回の舞台を精一杯つとめてまいります。 どうぞ、引続きご声援賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。」

ご挨拶の後、1,000万人目の観客(荻田洋子様 京都府木津川市在住)に対し、舞台上で花束を贈呈しました。
荻田さんは、今回が初めての『ライオンキング』の観劇で、一緒にご来場されたお嬢様のからの「母の日」のプレゼントだったとのことで「1,000万人目に選ばれて、大変びっくりしましたが、本当に良い思い出になりました」 「(この作品で)シンバの成長物語を観たが、同時に、娘の成長を観た思い。かつて私がこの子を  遊びに連れていくなど、色々な体験をさせたが、今は逆。とても幸せだと思う」とコメントしました。

セレモニーも実施

また終演後に行われたセレモニーでは、シンバ役の南 晶人さんより出演者全員のサインが入ったポスターを、ナラ役の朴 悠那さんより、共同主催:阪神電気鉄道株式会社様ご提供の “ザ・リッツ・カールトン大阪ペア食事券”と『ライオンキング』オリジナルグッズを贈呈いたしました。

0427_1191_2092_2LW27

大阪公演は4月25日(土)からは更なる延長分2015年8月1日(土)~11月29日(日)計117回公演の一般発売を開始。
今後も『ライオンキング』から見逃せません!

公演公式ページはこちら

©Disney

 - 劇団四季