コンフェティ
世界のエンターテイメントの“今”をお届け!

劇団四季『アラジン』出演候補者オーディションを実施

ディズニーミュージカル『アラジン』<2015年5月24日(日)より電通四季劇場[海](東京・汐留)にて上演>は、今年3月にブロードウェイで開幕したばかりの、最新ヒットミュージカルです。

ブロードウェイオリジナル公演より※「Photo by Deen van Meer(c)Disney」のクレジットを付記ください。James Monroe Iglehart, Adam Jacobs and the original Broadway company of ALADDIN. Photo by Deen van Meer
©Disney

1992年公開の劇場版長編アニメーションを基に創作されたミュージカル。砂漠の王国アグラバーに住む貧しくも清い心をもった青年アラジンと、その王国の姫ジャスミンとの恋模様を軸に、ランプの精ジーニーや、王国の支配を企む邪悪な大臣ジャファーら数々の登場人物とのエピソードが織り込まれたストーリーは、エンターテインメント性に溢れています。ミュージカルでは、このアニメーションのストーリーラインを踏まえ、脚本、楽曲、舞台美術等々のあらゆる分野で、演劇的創造に満ちたダイナミックでゴージャスな工夫を施しました。 劇団四季での公演を前に、出演候補者のオーディションが行われました。

会場の様子

今回はメイン、アンサンブル全キャストを、四季所属員に限らないオープンオーディションとして公募。約1500通の書類応募があり、書類審査の結果約500名合格。その中からさらに予備審査を通過したメインキャスト候補者約60名が、本日と明日18日(火)の本選に臨みます。 本日の本選1日目には、アラジン役、ジーニー役、ジャスミン役を含む計5役のメインキャストの歌唱/台詞審査を実施。ブロードウェイ公演オリジナルスタッフらと、日本版製作チームの四季俳優 加藤敬二らが審査を行いました。なおジーニー役については外部受験者として、芋洗坂係長さん(タレント)と大至さん(同/元力士)もこの本選に挑戦しました(全ての合否結果は後日発表)。

芋洗坂係長さんコメント

ジーニー役を受験された芋洗坂係長さん

「知人にそそのかされて受けました。ですが、四季に乗り込むにはまだ早かった、特に歌唱ですね。出来は70点くらい。でもディズニーの審査員の方々に笑ってもらえてよかったです」

大至さんコメント

ジーニー役を受験された大至さん

「大きくてコミカルで、ジーニーは魅力的なキャラクター。知人のすすめもあって受けました。大変緊張しましたが、土俵に向かう気持ちで臨みました」

来年春の公開、楽しみですね!

製作発表会の模様はこちら

出演候補者情報はこちら

【劇団四季最新ミュージカル『アラジン』オーディション 実施概要】

<本選>
11月17日(月)18日(火)

メインキャスト9役(アラジン、ジャスミン、ジーニー、ジャファー、イアーゴ、 カシーム、オマール、バブカック、サルタン)の本選オーディションを、2日間実施。

<本日の受験者>
アラジン役候補7名、ジーニー役候補7名、ジャスミン役候補8名、 ジャファー役候補 5名、イアーゴ役候補6名

<来日スタッフ>
スコット・テイラー(演出補)
マイケル・コザリン(音楽監督)
クリフォード・シュワルツ(プロダクションスーパーバイザー)
アン・クォート (アソシエイトプロデューサー)

<書類応募総数>
約1500通

<書類審査通過>
約 500名

<予選審査通過者>
約 100名/アンサンブル 約40名、メイン 約60名

 協力:劇団四季

 ©Disney

 - 劇団四季 ,