コンフェティ
世界のエンターテイメントの“今”をお届け!

ユニバーサル・スタジオ・ジャパン、不正転売への対策を強化

株式会社ユー・エス・ジェイは、 チケットの不正な転売行為によって生じる不利益からゲストの皆様を守るため、 転売禁止を徹底、 転売行為そのものを排除していく、と発表しました。

main-12-1024x683

転売行為に対してこれまでも再三警告を行って来たとのことですが、 事態を重く見て、 より実効性のある次の措置を講じ、 転売禁止を徹底するとのこと。

QRコードの無効化などを実施

転売が確認された各種チケット(スタジオ・パス、 ユニバーサル・エクスプレス・パス、 チェックイン・パス、 特別観賞エリア入場券など)すべてを、 11月1日(日)入場分よりQRコードを無効化するなどの方法によって、 パークで利用できなくします。

これにより、 より多くのゲストの皆様が適正な価格でパークをお楽しみいただけることを企図しているとのこと。

転売目的に年間約10億円のチケット買い占め

転売目的に買い占められたユニバーサル・スタジオ・ジャパンの各種チケットの総額は約10億円にのぼると見られ、 業者が転売のために発売された時点で早々に大量に買い占めるため、 買いたいチケットが買えない、 正規価格より不当に高い価格で取引されているといった事態が多数発生しています。

ゲストから「クールジャパンのチケットがソールドアウトで、 人気があるんだな程度に思っていたが、 販売目的で買ってる奴らが結構いると知って怒りを感じる」、 「子どもがせっかく楽しみにしていたアトラクションのエクスプレス・パスが、 チケット業者と思われる者が大量購入し、 2万~4万円もの値段で転売されている」、 「エクスプレス・パスがインターネットに大量に出回って高騰している。 転売目的で購入している輩がいるため、 子どもたちが行けない」といったコメントを多数寄せられているとのこと。

中には正規価格の約7倍という不当に高い価格で取引が成立した事実があり、 ゲストが不要なコストを支払い、 そのゲストの犠牲の上に転売業者が不当な利益を得ており、このような悪質な転売行為は、 パークを適正な価格で体験されたいと思うゲストの皆様にとって多大な迷惑となっている実態があります。

転売されたチケットを購入された方は、 11月1日(日)以降、 当該チケットをご利用できなくなるとのことですので、くれぐれもご注意を。

© & ® Universal Studios. All rights reserved.

 - ユニバーサル・スタジオ・ジャパン