コンフェティ
世界のエンターテイメントの“今”をお届け!

USJにて新作「ジュラシック・ワールド」スペシャルイベント開催!クリス・プラットさんは『ブルー』とあのシーンを再現!

1990年にアメリカの小説家、マイケル・クライトンによって原作の小説が発行され、スティーヴン・スピルバーグ映画監督が1993年に映画化。

当時最先端技術であったCG(コンピューター・グラフィックス)による、恐ろしくリアルな映像表現や、アニマトロニクスによる、息吹を感じる恐竜達の姿に人々は魅了され、世界中での爆発的ヒットにより、瞬く間に当時の映画興行収入世界一に上り詰めた、映画史に燦然と輝くSF恐竜映画「ジュラシック・パーク」。

1997年に「ロスト・ワールド/ジュラシック・パーク」、2001年には「ジュラシック・パークⅢ」が公開され、映画における地位を不動のモノとしました。

それから14年後の2015年、前三部作と同じく、イスラ・ヌブラル島を舞台に、恐竜テーマパーク「ジュラシック・ワールド」で架空の恐竜、インドミナス・レックスが起こすパニックを描いた「ジュラシック・ワールド」が公開され、全世界興行収入は16億7000万ドルを突破し、ユニバーサル・ピクチャーズ作品における、北米オープニング成績の第一位を記録。日本国内においても国内累計興行収入は95.3億円に達し、2015年の国内公開映画での最高興行収入の作品となりました。

そして『ジュラシック』シリーズ誕生25周年という節目を迎える2018年、シリーズ新3部作の第2章『ジュラシック・ワールド/炎の王国』が、7月13日(金)にいよいよ日本公開となります。

前作に引き続き、主要キャストは、恐竜と心を通わせる主人公オーウェン役にクリス・プラット、「ジュラシック・ワールド」の運営責任者であったクレア役にブライス・ダラス・ハワード。

監督は『怪物はささやく』で素晴らしい手腕を発揮し、ゴヤ賞9部門を受賞した鬼才、J・A・バヨナが大抜擢。
前作の監督であり本作では製作総指揮・脚本を務めるコリン・トレボロウ、そしてトレボロウと共に製作総指揮を務める『ジュラシック』シリーズの生みの親スティーヴン・スピルバーグが作品を更に“進化”させています。

待望の新シリーズ第2作の日本公開を記念し、2018年6月28日(木)、ユニバーサル・スタジオ・ジャパンにて、『ジュラシック・ワールド/炎の王国』のスペシャルイベントが行われました。

スペシャルイベントの模様

スペシャルイベントはユニバーサル・スタジオ・ジャパンのジュラシック・パークエリアにて、シリーズ最新作のワールドツアー最終地として開催。

『ジュラシック・ワールド/炎の王国』のトレーラー映像を上映後、ステゴサウルス、トリケラトプスといった草食恐竜が登場。

続いて、『ジュラシック・ワールド』シリーズにて主人公を務めたクリス・プラットさん、ブライス・ダラス・ハワードさん、フアン・アントニオ・バヨナ監督、製作総指揮を務めたコリン・トレヴォロウさんの豪華4名が勢揃い。

映画ファンの子どもたちを引き連れ、ロストワールド・レストランから登場すると、大きな歓声があがりました。

質疑応答の途中、突然不穏なBGMが…。
颯爽と肉食恐竜のヴェロキラプトル『ブルー』が現れ、草食恐竜たちは怯えます。

SONY DSC

主人公のクリス・プラットさんは子どもと共に『ブルー』と心を通わせ静止させました。
作中にてクリス・プラットさん扮するオーウェンがヴェロキラプトルの『ブルー』と心を通わす“あの名シーン”を再現。

名シーンの再現に会場は拍手と歓声に包まれました。
ユニバーサル・スタジオ・ジャパンのジュラシック・パークエリアだからこそ可能な空間と演出により、最高のイベントとなりました。

 

夜のパレードへ特別出演!

20時15分スタートの新ナイトパレード、『ユニバーサル・スペクタクル・ナイトパレード~ベスト・オブ・ハリウッド~』に本日のみクリス・プラットさん、ブライス・ダラス・ハワードさん、フアン・アントニオ・バヨナ監督、製作総指揮を務めたコリン・トレヴォロウさんの豪華4名が特別出演しました。

この模様は追って詳細にお届けします。

全世界待望の続編がいよいよ7月13日(金)より全国ロードショー!
待ちきれませんね!

あらすじ

テーマパークであり豪華リゾート地であった「ジュラシック・ワールド」が、解き放たれた恐竜達によって破壊された事件から3年が経っていた。イスラ・ヌブラル島はいまや人々から忘れ去られ、島に残った恐竜たちはジャングルの中、自力で生き延びていた。島の休火山が再び活発な活動を始めた時、オーウェン(クリス・プラット)とクレア(ブライス・ダラス・ハワード)は、この壊滅的な規模の災害から島に残った恐竜達を救い出そうと行動を開始する。

オーウェンはジャングルの中で行方不明になっているヴェロキラプトルのリーダー格ブルーを救うという使命感に駆られている。その一方、クレアは恐竜達の保護を訴え、それが自分の使命だと感じている。

溶岩が降り注ぐ不安定な状態の島に到着した彼らは、地球全体を人類が有史以来経験した事もない危険な状態に戻してしまうような〈陰謀〉を暴いていく。

驚愕と冒険、スリル、その全ての代名詞とも言える、映画史上最も高い人気と成功を誇るシリーズが、再びあの愛すべき登場人物と恐竜達を携え、これまでに無いほどの圧倒的な力と恐怖をもたらす新種とともに、全く新しい映画イベントとして帰ってきた。

【『ジュラシック・ワールド/炎の王国』作品概要】

公式ホームページはこちら

<公開日時>
2018年7月13日(金)全国ロードショー

<配給>
東宝東和

<上映時間>
128分

<原題>
JURASSIC WORLD:FALLEN KINGDOM

<CAST>
オーウェン・グレイディ:クリス・プラット
クレア・ディアリング:ブライス・ダラス・ハワード
イーライ・ミルズ:レイフ・スポール
フランクリン・ウェブ:ジャスティス・スミス
ジア・ロドリゲス:ダニエラ・ピネダ
ベンジャミン・ロックウッド:ジェームズ・クロムウェル
エヴァーソル:トビー・ジョーンズ
ケン・ウィートリー:テッド・レヴィン
イアン・マルコム:ジェフ・ゴールドブラム
ウー博士:B・D・ウォン
アイリス:ジェラルディン・チャップリン
メイジー・ロックウッド:イザベラ・サーモン

<STAFF>
監督:J・A・バヨナ
脚本:デレク・コノリー、コリン・トレボロウ
キャラクター原案:マイケル・クライトン
製作:フランク・マーシャル,p.g.a,パトリック・クローリー、ベレン・アティエンサ,p.g.a.
製作総指揮:スティーヴン・スピルバーグ、コリン・トレボロウ
共同制作:トーマス・ヘイスリップ
撮影:オスカル・ファウラ
プロダクション・デザイン:アンディ・ニコルソン
編集:ベルナ・ビラプラーナ
音楽:マイケル・ジアッキノ
ジュラシック・パークテーマ曲:ジョン・ウィリアムズ
衣装:サミー・シェルドン・ディファー
キャスティング:ニナ・ゴールド
視覚効果:デヴィッド・ヴィッカリー、アレックス・ヴトケ
アニマトロニクス&特殊効果スーパーバイザー:ニール・スカンラン

© Universal Pictures

 - ショー