コンフェティ
世界のエンターテイメントの“今”をお届け!

空飛ぶ「ミニオン・パーク」、「JALミニオンジェット」お披露目!

日本航空とユニバーサル・スタジオ・ジャパンはパークに新登場した世界最大のミニオン・エリア「ミニオン・パーク」内の大人気アトラクション「ミニオン・ハチャメチャ・ライド」に、JALが協賛したことを記念し、2017年7月27日(木)より、特別塗装機「JAL ミニオンジェット」(エンブラエル190型機(E190)・JA248J)を国内線に就航。

就航を記念してセレモニーも開催

「JAL ミニオンジェット」は、「ミニオン・ハチャメチャ・ライド」と、大量に発生するミニオンたちの様子が描かれた特別塗装機で、大阪(伊丹)発着路線中心に運航します。

エンブラエル190型機(E190)とは

ブラジルの航空機メーカー「エンブラエル社」が製造する「E190」は短距離輸送用ターボファンエンジン搭載航空機(リージョナルジェット)の一種。

リージョナルジェットは50名〜100名が搭乗可能で、地域間の輸送手段として経済的に優れています。開発の進む国産旅客機、三菱リージョナルジェットことMRJも「E190」と同様の部類に入ります。

曲面ガラスを採用し、しなやかな曲線で美しい機首部

「E190」はダブルバブル構造という丸を二つ重ねた胴体の形が特徴的で、胴体内径の違いから、座席幅、通路幅、天井高、足元居住性に優れています。

エンジン排気ノズルの縁を波型にすることで騒音を低減している

主脚は内側に折りたたまれるが、完全に格納されないため、ホイールカバーを備える

JALグループの国内線用機材では初めて、電源コンセントも装備。JALグループのリージョナルジェットとしては初の上級クラス「クラスJ」も搭載し、手持ちのスマホやタブレットでビデオプログラムが楽しめるなど、大型機同様の移住性が魅力の機体です。

「JAL ミニオンジェット」となるJA248Jは日本へ到着したばかりの新造機。

初便出発の模様

2017年7月27日(木)、大阪(伊丹)空港14:20発―宮崎空港15:25着のJAL2437便として、初フライトを迎えました。

ミニオンたちにお見送りされるサプライズも!

定刻11分遅れの14時31分に出発、9分後の14時40分に77名(うち幼児2め)の乗客を乗せ、宮崎空港へ向けて離陸しました。

笑顔を乗せて、離陸する「JAL ミニオンジェット」。

「夏休み!ミニオンに会いに行こう!」キャンペーン

7月21日(金)から8月31日(木)までの期間において、ユニバーサル・スタジオ・ジャパン「ミニオン・パーク」に設置されているマイルタッチ機にタッチいただいたゲストを対象に、抽選で素敵なプレゼントが当たるキャンペーンを実施。

【「JALミニオンジェット」概要】

機材:エンブラエル190型機 (以下「E190」、機体番号:JA248J)
運航:株式会社ジェイエア
全長:36.2m/全高:10.6m/全幅:28.7m、座席数:95席(クラスJ:15席、普通席:80席)

<E190就航路線>
大阪(伊丹)=秋田、仙台、新潟、長崎、宮崎、鹿児島
新潟=札幌(新千歳)線
東京(羽田)=宮崎、南紀白浜線(8月予定)

・E190就航路線は、今後順次拡大予定
・特別塗装機の運航路線や便名は、運航日前日の夕方にJALホームページで公開
・当日の状況により、運行路線は変更となる可能性があります。

<特別塗装機の初便>
2017年7月27日(木) JAL2437便 大阪(伊丹)発 14:20―宮崎着 15:25

Despicable Me, Minion Made and all related marks characters are trademarks and copyrights of Universal Studios. Licensed by Universal Studios Licensing LLC. All Rights Reserved.
TM & © Universal Studios. All rights reserved.

 - ユニバーサル・スタジオ・ジャパン