コンフェティ
世界のエンターテイメントの“今”をお届け!

16周年を迎えたユニバーサル・スタジオ・ジャパンを魅る 〜今後の展開編〜

ユニバーサル・スタジオ・ジャパンは昨年15周年を迎え、〝やり過ぎ′′をテーマに様々なアトラクションやショー・エンターテイメントを1年間実施しました。

2016年度の来場者数は3月17日(金)に過去最高となる1390万人を超え、最終的な来場者数は1460万人となり、昨年比5%と伸びとなり、これにより、3年連続で過去最高の年間入場者数(2014年度入場者数1270万人、2015年度入場者数1390万人)を更新しました。

株式会社ユー・エス・ジェイ執行役員・オペレーション本部長の村田篤平氏

コンフェティでは2回に渡り、ユニバーサル・スタジオ・ジャパンの今後の展望と訪日外国人向け施策を探っていきます。1回目となる今回は、株式会社ユー・エス・ジェイ執行役員・オペレーション本部長の村田篤平氏へのインタビュー模様を交えながら、パークの行方お届けします。

最高来場者数を更新した要因について

村田執行役員(以下:村田氏):「2016年3月31日(木)に15周年を迎え、アニバーサリーイベント、リボーンを1年間展開した。1年間で15のエンターテイメントを展開する予定だったが、最終的には17のエンタメを行うことができた。」と述べました。

AKBもユニバーサル・スタジオ・ジャパンへ

最大の要因はザ・フライング・ダイナソー

村田氏:「これら17のエンタメが受け入れられたことが記録更新の要因だと考えている。若い女性を中心に人気を博した世界最長、最大落差を誇るザ・フライング・ダイナソーが最大の要因でしょう。」

DSC_0238ザ・フライング・ダイナソー

15周年施策やシーズナブルイベントも好調

村田氏:「そして、これまでのパークのパレードの中で一番盛り上がった15周年記念のリ・ボーンパレードは小さなお子様から、お年寄りまで幅広いゲストに楽しんでいただけた。夏、ハロウィーン、クリスマス、そしてクールジャパンなど、シーズナブルのイベントも様々な層に受け入れていただけた。」

DSC_0061ユニバーサルRE-BOOOOOOOORN(リ・ボーン)・パレード!

nao2クリスマスショー「天使のくれた奇跡」

17のコンテンツはコンフェティでもご紹介して参りましたが、年間を通し、いずれも世界最高の名にふさわしいエンターテイメントとなっておりました。

入場料の値上げの影響

村田氏:「入場料の値上げをただ単にしているだけでなく、パークの魅力を上げ、体験価値が上がっているので、値上げをしている。今年度、入場者数が過去最高を記録したように今の所、影響はない。引き続き、消費者の方が何を望んでいるか、常に突き詰めていく。ゲストの期待度も上がっているので、答えられるようにして行く。」

main-5

周年イベント後の寄り戻しにも耐える施策を

村田氏:「周年の翌年は落ちるというのは、一般的にテーマパークで言われていることではある。もちろん、そのような過去の分析データがあることは分かっているので、来年度はそうならないように強化した施策を打ち出していく。」

今後のパーク展開について

村田氏:「2017年はやりすぎをさらに超え、限界突破をし、今まで以上に世界最高のエンタメを提供して行く。ドラクエを始め、ミニオンの新エリア、ハリーポッターの新ショーも春からスタートする。そのあとも昨年を超える施策を提供して行く準備をしている。」

ミニオン・パークイメージ
詳細はこちら

ハリー・ポッターエリアの新ナイトショーイメージ
詳細はこちら

パーク来場者数の成長幅に関して

2015年度の来場者数は2014度比100万人増だが、2016年度は2015年度比70万人増となりました。これは成長率が鈍化しているのではないか?との問いに対し村田氏は以下のコメントをしました。

村田氏:「ハリー・ポッターのエリアが2014年度にオープンした。大型投資だったこともあり、ここで入場者数が大きく伸びた。これによってベースの数値が大きくなっているので、全体のパーセントとしての伸び率は小さくなると思う。我々としては引き続き、成長して行くように施策を考えている。」

シーズナブルなイベント展開もするハリー・ポッターエリア

パークキャパシティと第2パーク構想

成長率の鈍化に関して、パークキャパシティの限界及び今後の展開について問われると「キャパシティに関して、アトラクションやエリア展開をまだまだできるので、上を狙って行く。2020年前にオープンする任天堂のエリアを含め、キャパシティの増大に関しては不可能なものではないと考え、計画している。2020年前後には年間来場者数1600~1700万くらいの体制を作ろうとしている。」とコメント。

main-2任天堂のエリア
詳細はこちら

村田氏は「まだ使っていないバックヤードなどを使い引き続き拡張展開をする。大規模な第2パークなどはまだ考えていない。」ともコメントをしました。

コムキャストとの関わりについて

米ケーブルテレビ大手のコムキャストによって買収されたユニバーサル・スタジオ・ジャパン運営会社の株式会社ユー・エス・ジェイ。コムキャストとの関わりについて問います。

日本もユニバーサル・スタジオ共通ロゴに。

村田氏「コムキャスト、ユニバーサルNBCは日本だけでなく、オーランド、ハリウッドといったユニバーサル・スタジオを重要な事業として強化・展開・投資している。日本のさらなる成長についてもコミットメントを取っており、ミニオンパークや任天堂エリアなど、大型の投資を今後も継続して行っていき、今まで以上に中長期的な視野で、パークの運営をしていけると思っている。」

日本独自展開のイベントの今後

コムキャストによる買収によって、ユニバーサル・スタジオ・ジャパンで現在展開している国内コンテンツとのコラボレーションについて、一部で心配されている縮小等はありえるのか、を伺いました。

『ユニバーサル・クールジャパン2017』

名探偵コナンなど、国内ブランドとコラボしたユニバーサル・クールジャパン
詳細はこちら

村田氏は「ユニバーサル・クール・ジャパンのような日本発祥で成功している独自のパークイベントについて理解を頂いている。そして、今後もサポートをして頂けるとのことだ。」と述べ、今後も国内コンテンツとのコラボレーションを楽しめることになりそうです。

他のアジアのユニバーサル・スタジオとの連携

村田氏「シンガポール、そして今後オープンする北京も含め、我々はユニバーサル・スタジオのファミリーパークですので、様々な連携をして行く。投資等も共通でできる大型のものなど、連携をして行くことになるだろう。」

株式会社ユー・エス・ジェイとして株式上場の可能性は低くなった?

株式上場については「これはコムキャストと取引の途中。100%の持株になる、という合意をしているが、現状で株式上場に対する具体的なコメントはできない。」とのことで、詳細について今後の発表を待ちたいと思います。

『やり過ぎ限界突破の1年 開幕宣言セレモニー』

アニバーサリー翌年となった2017年のユニバーサル・スタジオ・ジャパンは「やり過ぎ限界突破」をテーマに、15周年の〝やり過ぎ′′を超え、その限界を突破する様々な施策を3月17日(金)より続々と実施しています。

今後はパークキャパシティを増大する投資、ユニバーサル・スタジオ・ジャパン以外のユニバーサル・パークとの連携の強化を行い、今まで以上に世界最高を届けてるテーマパークとなることでしょう。

インタビュー模様を動画でお届け!

HARRY POTTER characters, names and related indicia are © & ™ Warner Bros. Entertainment Inc.
Harry Potter Publishing Rights © JKR. (s15)
©AKS
原作/青山剛昌「名探偵コナン」(小学館「週刊少年サンデー」連載中)
©2017 青山剛昌/名探偵コナン製作委員会
©CAPCOM CO., LTD. ALL RIGHTS RESERVED.
©諫山創・講談社/「進撃の巨人」製作委員会
©カラー
TM&©TOHO CO., LTD.
書・紫舟 画・茂本ヒデキチ
Despicable Me, Minion Made and all related marks and characters are trademarks and copyrights of Universal Studios.
Licensed by Universal Studios Licensing LLC. All Rights Reserved.
TM & © 2015 Sesame Workshop

© 2015 Peanuts Worldwide LLC
© 1976, 2015 SANRIO CO., LTD. APPROVAL NO. EJ5100701
© 2015 MARVEL
T2®-3D ©StudioCanal S.A.
© Walter Lantz Productions LLC
® & © Universal Studios & Amblin Entertainment
© & ® Universal Studios. All rights reserved.

 - ユニバーサル・スタジオ・ジャパン