コンフェティ
世界のエンターテイメントの“今”をお届け!

『ウィザーディング・ワールド・オブ・ハリー・ポッター』新ナイトショー開催!

ユニバーサル・スタジオ・ジャパンは『ウィザーディング・ワールド・オブ・ハリー・ポッター』に夜空一面をかつてない圧倒的なスケールの魔法で包む、オープン以来最大のナイトショー(名称未定)が4月21日(金)〜11月5日(日)の特定日に開催します。

ハリー・ポッター初の壮大なスケールのナイトショー

『ウィザーディング・ワールド・オブ・ハリー・ポッター』で行われるショーとしては初めてプロジェクション・マッピングを使用。エリアにそびえ立つホグワーツ城と手前に広がる黒い湖「ブラックレイク」、そしてこれらを包む空間までもが舞台となり、オープン以来最大スケールのショーに。

ホズワーツ魔法魔術学校の生徒が想像を遥かに上回る壮大な魔法をホズワーツ城にかけると、力強く光り輝き、夜空に今までに見たことのない光景をもたらします。さらには、映画にも登場した吸魂鬼「ディメンター」が「ホグワーツ城」の周りを空高く飛び、冷気を放つと「ブラックレイク」の水面を凍りつかせます。空中を全て巻き込み、魔法界の光景が次々と現実のものとなり、ゲストは続々するほどの圧倒的な感動を目の当たりにできます。

3月16日(木)時点では有料、無料問わず鑑賞券等を提供する予定はないとのことです。
また、1日あたりの公演数など詳細は4月14日(金)に発表されます。

『ワンド・マジック』に新要素も!

ゲスト自身が呪文を唱えて火を出したり、雪を降らせることができる『ワンド・マジック』にも新たな魔法が登場。ゲストは「マジカル・ワンド・マップ」をもとに、魔法を探す間もホグワーツ特急のコンダクターやホグワーツ城など、魔法界にしかない光景に出会うワクワクをエリア全体で楽しむことができます。

そして、世界観に浸る中で、マジカル・ワンド(杖)を使って呪文を唱えて魔法をかけると、主人公ハリー・ポッターさながらに、本当に魔法が使えた喜びを味わうことができます。

™ & (C) Warner Bros. Entertainment Inc.  Harry Potter Publishing Rights (C) JKR. (s16)

 - ショー