コンフェティ
世界のエンターテイメントの“今”をお届け!

スペクタクル・キャッスルライブショー 『戦国・ザ・リアル at 大坂城』公演中!

ユニバーサル・スタジオ・ジャパンは、 2016年12月16日(金)~2017年3月12日の期間限定(除外日あり)で特別史跡「大阪城」にて期間限定で開催する世界初のスペクタクル・ライブショー『戦国・ザ・リアルat大坂城』を『ユニバーサル・クールジャパン』として開催します。

『ユニバーサル・クールジャパン』は、世界中から人気を博している日本発の “クール”なエンターテイメント・ブランドを 一同に集結させ、その世界をリアルに体感できるアトラクションへと進化、そのブランドの魅力を国内外へ発信するイベントです。

この冬、大阪城に“エンターテイメント特区”出現。

スペクタクル・ライブショーでは、特別史跡「大阪城」に映し出される大迫力のプロジェクション・マッピング、幅36mにも及ぶ壮大なステージの上で繰り広げられる戦国武者たちの壮絶な合戦、数百発の豪華絢爛なパイロ(演出用花火)などにより、真田幸村の気概や勇敢さと想像を遥かに超える華やかで壮麗な演出と大迫力の特殊効果により、込み上げるほどの感動と興奮を体験できます。

本編を動画でお届け!

プレビューの模様

『戦国・ザ・リアル at 大坂城』の舞台にかがり火が灯り、 荘厳な茶室を再現したプロジェクション・マッピングが投影されると、 グランドオープンに先駆けて特別に招待された約2,000名のゲストは、 一堂に息をのみました。

お城・キャッスルを前にしたスペクタクルショーはユニバーサル・スタジオ・ジャパンだからこそ可能なハイクオリティで繰り広げられます。

スケールの大きいステージダンスに加え、語り部による歌や殺陣など迫力がある演出を繰り広げます。

大阪の陣をテーマに真田幸村の生き様を描いたストーリーがクライマックスにたどり着くと、 豪華絢爛な演出用花火が城を包み込むように打ちあがり、 ゲストの歓声はカーテンコールが終わるまで続き、 大阪城に“エンターテイメント特区”が出現しました。

本編を動画でお届け!

戦国時代を彷彿とさせる城下町『楽市楽座』エリア

『戦国・ザ・リアル at 大坂城』では、多数の屋台がずらりと軒を連ね、まるで戦国時代の城下町にタイムスリップしたかのようなフード、グッズを体験できる『楽市楽座』を、広大なスケールで展開。

14の屋台が軒を連ねる『楽市楽座』には、ユニバーサル・ スタジオ・ジャパンならではのアイデアと創造力を体現した、あったかフードが勢揃いします。城下町らしさを感じられる装飾やこの時代ならではのユニークな販売方法にも注目しましょう。

真田幸村の出身地でもある信州の名物料理「おやき」に真田家家紋の六文銭、豊臣秀吉の馬印として有名な瓢箪をあしらった『戦国おやき(真田 肉みそ、豊臣 あんこ)』、出汁を注ぐとパチパチと戦国時代の合戦をイメージさせる音とともに大阪名物のたこ焼きを楽しめる『3種のたこ焼き (たこ、鴨、ご飯)』、寒い夜にぴったりな『6種の具入り あったか六文銭汁』などをバラエティ豊富なフードメニューも楽しめます。

『戦国おやき(真田 肉みそ、豊臣 あんこ)』

『六文銭焼』

 『戦国・ザ・リアル at 大坂城』は、 『ユニバーサル・クールジャパン2017』の一環として展開しており、 日本が誇る特別史跡「大阪城」*4を背景に、 「壮麗なプロジェクション・マッピング」「圧倒的な臨場感を誇るライブ・ショー」「夜空を彩る豪華絢爛な花火」の融合により織りなされる世界初のスペクタクル・ライブショーと、 戦国時代の城下町を彷彿とさせる「楽市楽座」、 『大阪城天守閣 特別展示』など、 圧倒的なスケールで展開するエンターテイメントです。  ユニバーサル・スタジオ・ジャパンは関西ひいては日本の観光業界を盛り上げていく、とのことです。

 - アトラクション, フード