コンフェティ
世界のエンターテイメントの“今”をお届け!

コカ・コーラによる初のロボットがパーク登場!

ユニバーサル・スタジオ・ジャパンのハピネス・カフェにコカ・コーラによる初のロボット「CoRoBo(コロボ)」が12月25日(日)までの期間限定で登場します。

corobo1

「CoRoBo(コロボ)」とは?

「CoRoBo(コロボ)」とは”Coca-Cola Robot”を略したもので、アメリカのコカ・コーラ社により2014年〜15年に開発され、日本向けに名付けられました(アメリカではCobot)。

触れ合いや会話を通じて人々を笑顔にする”お客様触れ合い型ロボット”で、現実とデジタルをテクノロジーの力で融合し、コカ・コーラ製品を体験できます。Wi-Fi、Bluetooth、RCによって操作社によりリモートコントロールされ、様々な表情をLEDライトで表現し、音声やサウンドによってゲストとコミュニケーションをとります。

ユニバーサル・スタジオ・ジャパンでの「CoRoBo(コロボ)」

ユニバーサル・スタジオ・ジャパンオープン15周年記念キャンペーンとして、パーク内「ハピネス・カフェ」にて「CoRoBo(コロボ)」2台とMC1名が”クルー”として登場し、ショーを行います。

corobo2

店内を動き回り、「Are You Happy?」と問いかけながら「CoRoBo(コロボ)」はゲストの笑顔を撮影。撮影した写真は店内のスクリーンやモニターに投影され、インタラクティブなコミュニケーション体験ます。

また、ショータイム以外にも登場し店内のテーブルを周回し、「CoRoBo(コロボ)」に内蔵されたコカ・コーラのラッキー缶をプレゼントします。ラッキー缶にはタオルやポーラーベア、トートーバックやカップが入っています。

今までにないユニークなコミュニケーションをユニバーサル・スタジオ・ジャパンで楽しみましょう。

 - ショー