コンフェティ
世界のエンターテイメントの“今”をお届け!

史上最多・最恐の“やりすぎハロウィーン”を開催!

開業15周年を迎えたユニバーサル・スタジオ・ジャパンは “RE-BOOOOOOOORN(リ・ボーン)! さぁ、 やり過ぎよう、 生き返ろう。 ”をテーマに、 様々な“やり過ぎ”エンターテイメントをお届け中。

2016年9月9日(金)からは、 秋のシーズナル・イベント『ユニバーサル・サプライズ・ハロウィーン』をスタートします。

昼は仮装で自分を解き放ってはじける大熱狂、 夜はホラーによる恐怖の連続で絶叫リミットが崩壊し、 恐怖が興奮に変わる、 15周年限定の“やりすぎハロウィーン”をお届けします。 昼から夜まで1日中ハイテンションで過ごすことができる、 最前線のハロウィーン・イベントをお楽しみいただけます。

『ハロウィーン・ホラー・ナイト』

15周年限定の『ハロウィーン・ホラー・ナイト』は、 パーク史上最多・最恐10のバリエーションと圧倒的なスケールで、 ゲストにかつてない恐怖体験を続々とお届けします。

main (1)

パーク史上最多&最恐10のバリエーションと圧倒的なスケールで展開する※1『ハロウィーン・ホラー・ナイト』 は今年、 ついに9/10(土)からの期間中全日開催します!※2

新演出『ストリート・ゾンビ』

パークのあらゆる場所で、口や身体から大量の血や体液を撒き散らしながら迫ってくるゾンビに襲われ、普段ありえないほどの大絶叫でスッキリできる『ストリート・ゾンビ』。今年、ゲストはリアルなゾンビ地獄の恐怖から逃げ回るだけでなく、自分の力で脱出しなければならない切迫感ある状況に追い込まれていきます。命からがら自分の力で脱出したゲストは、今までに味わったことのない究極の達成感と満足感を味わいます。

新登場『Jホラー・エリア』

パーク史上初、純国産ホラーの恐怖をユニバーサル・スタジオ・ジャパンが徹底的にこだわり、世界最高クオリティで創りだしたエリア。

sub1 (1)

鳥居をくぐったら、その先には朽ち果てた廃村が。ゲストは人形にまつわる不気味な儀式を目の当たりにし、自らも祟られるかもしれない恐怖に襲われます。

アトラクションも盛りだくさん!

これまでもゲストの皆様の大絶叫を引き起こしてきた、 殺人鬼たちが容赦なく襲いくるホラー・メイズも含め、 史上最多・最恐10の最恐ホラーのフルコースに拡大し、 ゲストの絶叫リミットは崩壊寸前!15周年だけの“やり過ぎハロウィーン・ホラー・ナイト“で大絶叫し、 さらには究極のスッキリ感を味わっていただけます。

新登場『祟TATARI ~生き人形の呪い~』

Jホラー・エリアの村の奥には、“いわくつき”を含めて多くの人形が供養のために奉納されている「淡嶋神社※3」よりお預りした人形が出迎えるウォークスル―・メイズ『祟TATARI ~生き人形の呪い~』が登場。ゲストは与えられたミッションを遂行するべく、神社内に足を踏み入れます。ゲストと一緒に遊ぼうと人形が夜な忍び出てきたり、奇怪な現象が次々と降りかかり、ゲストはじわじわと押し寄せてくる戦慄の恐怖体験から逃れられなくなります。

新演出『トラウマ2 ~最恐実験病棟~

昨年リタイア続出の強要型メイズが、今年は完全新作として装い新たに登場。閉塞空間内で、ゲストは手足の自由を奪われた完全拘束の状態で、超絶恐怖体験を味わいます。

sub2 (1)

自分自身が人体実験の対象となり、次から次へと襲いくる脳裏に刻みこまれるほどの恐怖は、ゲストを自身の死を覚悟するほど逃げ場のない極限状態に追いつめていきます。本アトラクションはR15指定のため、参加には別途チケット購入および誓約書の提出が必須となります。トラウマになってもご了承いただける人のみ、恐怖の限界を超える体験にチャレンジすることができます。

新登場『エクソシスト ~悪魔祓いの館~

不気味な舘の中で、ゲストは幼い少女に憑依した邪悪な悪魔と、悪魔祓いを行うことになった人間との壮絶な戦いに巻き込まれていきます。

sub3 (1)

邪悪な悪魔の声、異常な方向に回転する首、階段を異様な姿で降りてくるさまなど、一度見たら二度と忘れることの出来ない世界中の人々を震撼させたあの恐怖シーンの数々を、ユニバーサル・スタジオ・ジャパンによる世界最高のクオリティで忠実に再現します。

『エルム街の悪夢 ザ・メイズ2』

悪夢の世界に引きずり込まれたゲストは、神出鬼没の残忍なフレディから死ぬ気で逃げ惑う、本気の絶叫体験を味わうことが出来ます。

sub4 (1)

チャッキーのホラー・ファクトリー 3

『チャッキーのホラー・ファクトリー 3』では、荒廃したおもちゃ工場で凶暴化したチャッキーが、みたびゲストを恐怖のどん底へ突き落とし、「次は私がチャッキーに殺される」と信じて疑わないほどの、究極の切迫感を呼び起こします。

sub5 (1)

学校の怪談 ~呪われたアトラクション~

次々に起こる奇怪な現象に息もつけぬほどのハラハラドキドキの恐怖体験を味わうことができます。今年は、シネマ4-Dシアターとバックドラフトの2つのアトラクションで展開します。

sub6 (1)

貞子 ~呪われたアトラクション~

大人気『貞子』のアトラクションが今年も登場します。いつものアトラクション(ターミネーター 2:3-D)がホラーへと一転する、ハラハラドキドキの身の毛もよだつ恐怖体験をお楽しみいただけます。

sub7 (1)

昼は仮装!
15周年だけのやり過ぎエンターテイメントの連続で“超熱狂”!

9/9(金)より、大熱狂の『昼のやり過ぎプロダクト』を毎日開催!

新演出
ユニバーサル・リ・ボーン・パレード~ハロウィーンver.

15周年の大人気パレードが、この秋だけのやり過ぎ連続のハロウィーン・バージョンとなって登場。ゲストは、容赦なく降りかかる大量の泡や、想像を絶する量の紙吹雪など、あり得ない“やり過ぎ”演出に思わず巻き込まれて、大人も子どもも“超”熱狂、叫んで踊って本気で自分を開放します。

sub8 (1)

「ミニオン」「エルモ」などのパークの人気キャラクターや総勢100名を超えるエンターテイナーが集結する圧倒的なスケール感に、自分も巻き込まれ、みんなで一体となって熱狂できるパレードです。

新演出『 リ・ボーン・パーティ ♯仮装で熱狂』

思い思いの自由な仮装で参加し、いつもと違う自分になって、ハロウィーンの渦に身を任せて身も心もはちゃめちゃに巻き込まれる仮装パーティ。

sub9 (1)

軽快なリズムに合わせてダンスしたり、やり過ぎゲームや写真撮影など、大人も子どもも一体となって大熱狂モーメントでは心の底からリ・ボーン出来る!当日の仮装&熱狂キング・クイーンも選出されるインタラクティブなエンターテイメントです。

新登場『“やりすぎ“トリック・オア・トリート』

例年、ご家族連れに好評の『トリック・オア・トリート』に今年は目を疑うほどの大量のお菓子がなだれ落ちてくる『“やりすぎ”トリック・オア・トリート』が新たに登場!

sub10 (1)

「トリック・オア・トリート(お菓子をくれなきゃいたずらするぞ)!」を合言葉に、夢にまでみたお菓子の山からお菓子をつかみとれば、子どもたちのとびきりの笑顔が溢れ出します。

※かぼちゃのポシェットを持ったクルーによる『トリック・オア・トリート』も毎日パークワイドで10時から17時まで開催しています。

※1 ユニバーサル・スタジオ・ジャパン史上最多数のホラーコンテンツでお届けします
※2 『ハロウィーン・ホラー・ナイト』は、 9/10(土)から11/6(日)の期間、 毎日開催します
※3 協力:淡嶋神社(和歌山県)
日本国内に1,000社余りある、淡嶋神社系統の神社の総本社。人形供養の神社としても有名で、日本全国から年間約40万体もの人形が供養のために送られてくる。今回ユニバーサル・スタジオ・ジャパン®に協力した理由として「人形は人に見てもらい遊んでもらうために生まれてきており、人形たちにとって、多くの人たちに遊んでもらうことは良い供養にもなる。」と淡嶋神社/前田光穂宮司よりコメントを頂いている。

Despicable Me TM & © 2015 Universal Studios. All Rights Reserved.
©1995 常光徹・日本民話の会/講談社・ポプラ社/東宝
©2013 Universal Home Entertainment
A NIGHTMARE ON ELM STREET and all related characters and elements © & ™ New Line Productions, Inc. (s16)
THE EXORCIST and all related characters and elements © & ™ Warner Bros. Entertainment Inc. (s16)
©KADOKAWA ©2013「貞子3D2」製作委員会

 - アトラクション, ショー