コンフェティ
世界のエンターテイメントの“今”をお届け!

15周年を迎えたユニバーサル・スタジオ・ジャパンを魅る

開園15周年を迎えたユニバーサル・スタジオ・ジャパン。
続々と投入される施策によって、来場者数を伸ばし、今年度は過去最高を記録するなど、大きく飛躍しています。

zou5「USJ15周年グランドオープン前夜祭」詳細はこちら

今回は、ユニバーサル・スタジオ・ジャパンを司る人物へのインタビュー模様を交えながら、今後のパークの行方を探っていきます。

連続する施策が大ヒット

人気コースター「ハリウッド・ドリーム・ザ・ライド」を逆走させて以後、投入する施策がヒットを続けています。

main-4ハリウッド・ドリーム・ザ・ライド~バックドロップ~

キッズ向けエリアの「ユニバーサル・ワンダーランド」では、季節問わず快適にパークを楽しめるような優先チケットを配布するなどし、パーク滞在環境の改善策も盛り込まれ、ヒットしました。

main_000239-1024x682ユニバーサル・ワンダーランド
「エルモのゴーゴー・スケートボード」

「ユニバーサル・ワンダーランド」詳細はこちら

映画の世界に入り込める「ウィザーディング・ ワールド・オブ・ハリー・ポッター」のオープンはテーマパーク業界に大変刺激的なものになりました。革新的な技術によって、誰もが驚く魔法体験を可能にしたライド、ハリー・ポッターの「ハリーポッター・アンド・ザ・フォービドゥン・ジャーニー」はアジア圏唯一無二の存在となり、ユニバーサル・スタジオ・ジャパンの地位を確かなものとしました。

main-3「ウィザーディング・ ワールド・オブ・ハリー・ポッター」

日本のテーマパークならではな施策、「ユニバーサル・クール・ジャパン」も忘れてはいけません。
我が国が誇るコンテンツを巧みに用い、国内のみならず、海外のファンからも好評を得ました。

main2「ユニバーサル・クール・ジャパン」

「きゃりーぱみゅぱみゅXRライド」は世界で初めてゴーグルを着用し、映像を見ながら走行するコースターとして展開されるなど、ゲストに刺激を与えました。

TAK_1336

「きゃりーぱみゅぱみゅXRライド」詳細はこちら

ハロウィンやクリスマスなど、同じような施策になりがちな毎年恒例のシーズナブルイベントへも挑戦的な施策は続きます。

テーマパークが提供するショーなどのエンターテイメントは舞台やコンサート異なり、来場者であれば観覧可能なものとなっています。テーマパークとして、ショーエンターテイメントは利益を生み出しにくいものですが、手を抜くことなく展開されています。

nao2「天使のくれた奇跡」

「天使のくれた奇跡III~The Voice of an Angel~」の詳細はこちら

生演奏や生歌に没入感溢れる世界観をくりひろげられるプロジェクションマッピングを加え、空飛ぶ光などを投入した世界最高のクリスマスショー、「天使のくれた奇跡」シリーズは記憶のみならず、心に残るショーエンターテイメントとなりました。

cc1ゾンビモブ

「スペシャル・ゾンビ・モブ2015」詳細はこちら

「ハロウィンといえばUSJ!」の掛け声によって行われた3000人のゲストによるゾンビモブといった大規模なメディア施策、「Enya」や「LIBERA」など人気アーティストによるイベントを連続して行い、多くの人の目につくイベントを連続し実施したことも記憶に新しいと思います。

en5「Enya」が奇跡のクリスマスステージを実施

「Enya」のステージ詳細はこちら

lib4一夜限りのクリスマスコンサート『LIBERA Christmas Concert in Universal Studios Japan』

『LIBERA Christmas Concert in Universal Studios Japan』詳細はこちら

15周年は15の「やりすぎ」エンターテイメントを投入

コースター逆走後に連続して投入された施策により、パークの状況は一変し、攻めの体制に入ったユニバーサル・スタジオ・ジャパン。

DSC_0006

15周年はその勢いを止めることなく、15の「やりすぎ」エンターテイメントを投入します。

うつ伏せぶら下がりコースター「ザ・フライング・ダイナソー」

アニバーサリーの目玉として、うつ伏せぶら下がりコースター「ザ・フライング・ダイナソー」が登場しました。
座って乗車していたコースターがうつ伏せになる瞬間は誰もが「やりすぎ」と思うことでしょう。

DSC_0238

テーマパークのスリルライドはマイルドなことが多いですが、「ザ・フライング・ダイナソー」はスリルライド好きな世代スリル・シーカー層も満足できるようなライドとなっています。

030719「ザ・フライング・ダイナソー」プロジェクトリーダー 近藤正之氏

「ザ・フライング・ダイナソー」プロジェクトリーダーの近藤氏は「他のパークにはない、USJならではな体験にするため、フライングコースターとして世界最長、世界最大高低差37.8mという規模になりました。」とコメントし、世界最高にこだわるユニバーサル・スタジオ・ジャパンらしいコースターとなっています。

「フライング・ダイナソー」のステージ詳細はこちら

「ユニバーサルRE-BOOOOOOOORN(リ・ボーン)・パレード!」

ショーエンターテイメントの目玉として、お昼のパレードが登場しました。
パレードの常識を覆す泡や見たことのない量とも言える紙吹雪の噴射により、刺激溢れるパレードとなっています。

DSC_0061

生歌や生演奏など、ユニバーサル・スタジオ・ジャパンならではなパレードの構成にも注目しましょう。

DSC_0054

伸び続ける入場者数

連続して投入された施策が功をなし、来場者数は右肩上がりで推移しています。
15周年イベントスタート前に過去最高の入場者数1270万人を突破したパークは今年度、1350万人強の入場者数で来期を迎えることとなりそうです。この数値は10周年時の入場者数870万人と比べ、150%の比となっています。

030781270万人を突破し、セレモニーを実施

「年間最高入場者数更新記念セレモニー」詳細はこちら

関西国際空港にて日本国に入国する渡航者数が国内すべての空港の中で1位を記録するなど、関西圏は海外からの需要が国内最高となっています。関西圏は日本らしい雰囲気を堪能できる京都・奈良、近代的な日本、そしてショッピングも楽しめる大阪・神戸と観光地が集結しており、その中でユニバーサル・スタジオ・ジャパンは「世界最高」のテーマパークとして人気を博しています。

030724来場者数1270万人を突破し、インタビューに答える執行役員・オペレーション本部長の村田篤平氏

このような関西圏の情勢も入場者数に影響しており、「海外渡航者のパーク入場者数は増え、前年比170〜180%の130万人を記録した」と株式会社ユー・エス・ジェイ 執行役員・オペレーション本部長の村田氏は語ります。「海外渡航者数が前年比比150%と言われる中、興味を持っていただけるゲストが増えており、アジア諸国をはじめとする海外におけるマーケティングを強化している」とのことです。

030718

入場者数が増えすぎてパークの快適性が失われているのではないかとの質問に対し、村田氏「来年度以降もさらに入場者数が増える見込みとなっていますが、入場者数にとらわれることなく、来場者に満足していただけるパーク作りを目指す」と村田氏はコメント。

今後の施策と展望

15周年を迎えたパークはさらなる発展を見込み、様々な施策を検討中です。

DSC_0006

今年30周年を迎える人気ゲームシリーズ「ドラゴンクエスト」とのコラボがスクウェア・エニックスから発表。時期は未定ながら、株式会社ユー・エス・ジェイ 執行役員 マーケティング本部長の森岡氏は囲み取材時に「ドラゴンクエストは私も大ファン。作る側としてファンが何を求めているかわかっているので、期待してほしい。」とコメント。

株式会社ユー・エス・ジェイ執行役員 マーケティング本部長の森岡毅氏

「ドラゴンクエスト」の施策は森岡氏肝いりの企画となりそうです。

今後のパーク施策に関してこの他にも様々な報道がされていますが、特に「任天堂プロジェクト」に対し株式会社ユー・エス・ジェイ 広報室長の高橋氏は「任天堂プロジェクトの進捗に関してお話するのは時期尚早な段階」とコメント。今後を見据えたパークの大型施策、今後の発表が楽しみですね。

大阪を飛び出して・・・

株式会社ユー・エス・ジェイのユニバーサル・スタジオ・ジャパン以外の施策として報道されている「沖縄プロジェクト」に関して執行役員・オペレーション本部長の村田氏は「沖縄プロジェクトは様々な可能性を引き続き検討している段階」とコメント。
030724

まだ検討段階である、と決定事項は無いとしながらも、開発の可能性を匂わせました。

開園15周年当日、2016年3月31日の模様

開園15周年当日、2016年3月31日は大量の紙吹雪が舞う中、パークを支えている数多くのクルーたちに出迎えられました。

数百人のクルーとのハイタッチでお祝いムード一色のエントランス。

魅力的な施策の数々によって、来場者が増え続けるユニバーサル・スタジオ・ジャパン。
世界最高をお届けするパークだからこそ可能な刺激的な施策の数々が来場ゲストの欲求に合致したこともあり、好循環を生み、逆走からの逆転劇を果たしました。

DSC_0010

ユニバーサル・スタジオ・ジャパンが今後も進化を止めないパークであり、刺激溢れる世界最高のテーマパークでありますように。

HARRY POTTER characters, names and related indicia are © & ™ Warner Bros. Entertainment Inc.
Harry Potter Publishing Rights © JKR. (s15)
©カラー ©諫山創・講談社/「進撃の巨人」製作委員会  ©ASOBISYSTEM
©CAPCOM CO., LTD. ALL RIGHTS RESERVED. 書・紫舟
Despicable Me, Minion Made and all related marks and characters are trademarks and copyrights of Universal Studios.
Licensed by Universal Studios Licensing LLC. All Rights Reserved.
TM & © 2015 Sesame Workshop
© 2015 Peanuts Worldwide LLC
© 1976, 2015 SANRIO CO., LTD. APPROVAL NO. EJ5100701
© 2015 MARVEL
T2®-3D ©StudioCanal S.A.
© Walter Lantz Productions LLC
® & © Universal Studios & Amblin Entertainment
© & ® Universal Studios. All rights reserved.

 - アトラクション, ショー