コンフェティ
世界のエンターテイメントの“今”をお届け!

『スポル品川大井町』プレオープンイベント&オープニングセレモニー開催!

東京2020オリンピック・パラリンピック開催に向けスポーツ気運が高まる中、JR東日本は8月11日(土・祝)に様々なスポーツを体験できる「スポル品川大井町」をオープンします。

JR京浜東北線『大井町駅』のすぐ近く、約24,000㎡もの広大なスペースに8種類のスポーツを含む13の施設が配置され、人工ウエーブの発生するサーフィン施設をはじめ、テニスコートやバスケットボールコート、フットサルコート、ボルダリング施設、アーチェリー施設及び競技人口増加中のパデルのコート等を設置。

また、スポーツ施設以外にも、人気のシンカリオンとコラボしたお子さまが遊べるキッズランド、バーベキューやカフェメニューが楽しめる飲食店も施設内に併設する等、大人から子どもまで楽しめる、一大エンターテインメント空間が出現。

「スポル」はオリンピック発祥の地、ギリシャの言葉で「スポーツ」を意味しています。また「スポーツする」を動詞化し、現代風用語としての定着、若者の支持も期待しています。未来を担う子どもたちに、ここでしか味わえない貴重な体験を提供し、スポーツをはじめるきっかけや将来の夢を見つけてもらえる、魅力的な施設です。

8月11日からオープンに先駆け、2018年8月10日(金)報道向けのオープニングセレモニーと内覧会が行われました。

オープニングセレモニーの模様

オープニングセレモニーは、先ず、東日本旅客鉄道株式会社東京支社事業部事業部長竹島博行さんからの挨拶でスタート。

竹島さん「本日は暑い中、お集まり頂きありがとうございます。JR東日本としましては、この施設に3つの意味を込めて開発させて頂きました。一つ目は東京2020オリンピック・パラリンピックに向けてスポーツ機運、もしくは大会機運を皆様と一緒に盛り上げていこうという意味合いでございます。2つ目ですが、この品川という都心の一等地かつ、駅から5分という場所にこのような施設を作りましたので、気軽な形でスポーツに親しんで頂く、もしくは、此処をきっかけに様々なスポーツを始める、愛好者になって頂ただければ良いなと思います。何よりも、今はまだ小さなお子様がこの施設を通じて将来、トップアスリートになるような、夢を見れるような施設になれば良いと思います。3つ目は、やはりこの地に沢山のお客様に御来場頂きまして、品川エリアが魅力的で賑わいのある沿線魅力が高まれば良いかなと思います。」と挨拶されました。

続いては、来賓代表として、スポーツ庁長官の鈴木大地さんの挨拶。

鈴木長官「先ずは、スポル品川大井町オープン、誠におめでとうございます。我々スポーツ庁は、成人のスポーツ実施率を高めて行こう。こういう目標を掲げています。スポーツ基本計画というモノを纏めていまして、その中で成人が週1回以上スポーツをする人を65%にしていこうという風に思っています。その為には身近にスポーツをやる場が無いといけない。その場をどんどん提供して行こうと思っています。勿論、公共のスポーツ施設を作ってまいりますし、学校等のスポーツ施設をどんどん開放してスポーツをやる人が身近に出来るそういう場をもっともっと提供して行こうと思っています。オリンピック・パラリンピックまであと2年、そしてもう一年すると、ラグビーのW杯も日本で始まります。このスポーツ大会の波に乗り、どうか皆さんが“やるスポーツ”、こういった事にも力を注いで、日本は“見る・支える”だけでは無く、自らがスポーツをする。そういう国になってもらいたいとおもっております。」とコメント。

続いて、JR東日本スポーツ株式会社代表取締役社長、江藤尚志さんの挨拶。

江藤さん「この度、2年前からの構想が実りまして、このような形で皆様の前にご披露する事が出来ました。一週間前に私もこちらの施設を拝見させて頂いたんですけども、実はまだまだ工事の途中で御座いました。実は皆様が座っているこの場所は1966年に作られた、国鉄職員の社宅の跡地なんです。6棟12階建てから成る720世帯、およそ3000人が生活をしていた場所であります。それから役半世紀、この場所がスポーツを中心に愛されてこれからも末永く愛される事をお祈りします。」とコメント。

続いては各施設のスペシャルサポーターの登壇。

プロサーファーの糟谷修自さん、前田マヒナさん、アトランタオリンピック・女子バスケットボール元日本代表の原田裕花さん、一般社団法人日本パデル協会副会長の玉井勝善さん、サッカーコーチのへスース・アルマンサさん、そして最後に登壇するのは元プロテニスプレーヤーの伊達公子さん。各界の名手達が並びます。

伊達さんは「いよいよこの大井町にスポルがオープンします。開業を心待ちにしていましたけども、本当に完成して、これからこの場所で皆さんと一緒に出来ると思うと非常に嬉しく思っています。」とコメント。

オープニングセレモニー終了後は、鈴木スポーツ庁長官の人工サーフィン体験へ。

長官曰く、20年ぶりのサーフィンとの事ですが、練習もそこそこに見事にライドオン。
デッキのギャラリーを大いに沸かせていました。

体験後の囲み取材で「今日の暑さの中、水に入れるだけでとても気持ちよかったです。更にこういう人工的なサーフィンの体験は初めてだったんですけど、こんな都会でサーフィンができるというのは画期的だと思いますし、これからどんどんこのような施設を使って、色んな人がサーフィンをして欲しい。皆さん、僕ヘタクソだと思ってたでしょ?意外に難しい。でも、おじさんが、「下手くそでもスポーツにチャレンジして良いんだ」というのを今回のチャレンジで訴えたかったんです。」と鈴木長官は語られました。

ここからは「スポル品川大井町」の各施設をご紹介します。

スポーツエリア

メインのスポーツエリアから詳細にご紹介。

サーフィン

2020東京オリンピック大会から、新たに正式種目になるサーフィン。
ドイツの世界的人工サーフィンブランドである「citywave」社の造波システムがアジア初上陸。初心者向けの小さな波から、プロも楽しめるハイクオリティな波まで、波のサイズは自由自在。サーフボードやウエットスーツのレンタルも用意され、手ぶらで体験することができ、専門インストラクターによるレクチャーがあるので、子供たちやサーフィン経験がない方でも安心・安全に楽しめます。

また、プールサイドのデッキでは、食事やドリンクも楽しむことができ、そこはまるで南国リゾートの様相。他施設と共有のシャワーや更衣室(ロッカールーム)も完備しています。

プレスツアーでは小学生の子供達が体験してる時間帯に取材出来た為、スペシャルサポーターの前田マヒナさんの見事な模範演技や、citywaveTokyo所属のプロサーファーによる子供達への“歓迎”も。

インストラクターの指導に真剣に応える子供達。

詳細はこちら

ボルダリング

都心では珍しい「青空の下の本格ボルダリングウォール」が誕生。
スポーツクライミングは2020東京オリンピック追加種目<複合種目(ボルダリング・リード・スピード)>でもあり、中でもボルダリングの認知度はここ数年で急上昇しており、国内競技人口は約60万人(推計)と言われています。

難易度に変化を持たせた壁は高さ5メートル、幅20メートルのド迫力。
初心者から上級者まで存分に楽しめ、スポルではレンタルシューズも用意、手ぶらで気軽にチャレンジすることができます。

最大同時挑戦人数は5名。最も急な角度のコースは実に最大傾斜120度という難コースです。

詳細はこちら

バスケットボール

今、最も熱いバスケットボール競技<3×3(スリーバイスリー)>のコートを2面用意。
2つのコートを同時利用すれば5人制バスケットボールのプレーも可能。ストリートコートでは「3on3(スリーオンスリー)」の愛称で親しまれ全世界で日常的に行われていましたが、2007年世界統一のルールが設けられ、<3×3(スリーバイスリー)>として「正式競技種目」となり更に拡大し、2020東京オリンピックで、新たに正式種目となりました。

バスケットボールの新たな楽しみ方として大きな可能性を秘めた<3×3(スリーバイスリー)>、世界各地で盛んに大会やイベントが開催されており、スポル内でも実施を目指しています。

サッカーエリアと同じく、東急大井町線の高架線路に最も近いバスケットコート。
およそ、これまで日本では見ることの出来なかった開放的な都市型屋外<3×3(スリーバイスリー)>の試合が楽しめます。

詳細はこちら

サッカー/フットサル

サッカーエリアではスポーツコミュニケーションの新定番としてすっかり定着したフットサルコートを3面ご用意。3面を同時に使用すればミニサイズながらサッカーグラウンドとして使用し試合も可能です。

さらにスポルでは、世界最強と言われるあの名門クラブ“FCバルセロナ”のサッカースクール「バルサアカデミー」を特別開設します。
他にもジェクサーが展開する『ストライカー』や『テクニック』などの専門的なサッカースクール「Jexer Football Academy」も開設予定です。

詳細はこちら

テニス

世界四大大会の一つ、全米オープンで使用されているブルーのコートカラー。
伊達公子が監修した本格的な4面のインドアハードコートでは、テニスの醍醐味が思い切り体感できます。また、魅力あふれるイベントや特別企画もお届けしていきます。

またスポルでは、テニスを一緒に楽しむ相手を探すことができる画期的なマッチングサービス「TenniSwitch(テニスイッチ)」と連携!

日時、人数、エリア、技術レベルなどから、自分にあったプレー相手やイベントを探して参加したり、自らイベントを開催して参加者を募集したり、活用次第でテニスの楽しさが大きく広がります。

詳細はこちら

パデル

テニスとスカッシュのハイブリットスポーツと言えるパデルは、40年ほど前にスペインで生まれたスポーツで、現在ではスペインでの競技人口400万人超えの国民的スポーツとなっています。2対2のダブルスのみでプレーし、コートのサイズは10m×20mでテニスコートの約半分。

また、テニスやスカッシュと異なり、周囲はガラスやフェンスの壁で囲まれ、壁にボールが当たってもプレーを続けることが出来ます。パデルはラケットも短く、サーブも下からですのでテニスのような高度な技術を習得していなくても、年齢や性別を問わず幅広い人々が気軽に楽しめる生涯スポーツと言えます。

詳細はこちら

ソフトボール

2020東京オリンピック種目として復活したソフトボール専用のバッティングセンター。
ソフトボール特有のスローピッチレーンと、速球レーンがあり一部のレーンではあの上野由岐子投手の映像からボールが放たれ、まるで上野投手と対決しているような体験を味わえます。

打席までの距離が野球よりも近く、その体感スピードは野球以上とも言われています。
3つの打席があり、内二つは上野投手の映像から放たれる、70km./h・90km/h・110km/hの三つの球速のストレートがランダムに飛んでくるチャレンジングなレーン。見事に上野投手の投球を打ち返し、ホームランパネルに当ててみましょう。

詳細はこちら

アーチェリー

2020東京オリンピック種目のアーチェリー。年齢・性別を問わず、気軽に楽しめるアーチェリーは生涯スポーツとしても人気が高まっています。初心者でも楽しめる距離に的を設置しており、スタッフからのレクチャーも受けられるので本格的にアーチェリーを体験できます。

的の位置は時間帯により異なる(5m~30m)場合があり、距離によって的のサイズも異なります。
アーチェリーの弓本体、弓矢共にサイズ、強度別に3種類ご用意。大人から子供まで楽しめます。

詳細はこちら

スポーツスタジオ

テニスのトッププレーヤーとして活躍した伊達公子が、『クオリティ』にこだわってプログラムをセレクト。ヨガ、コンディショニング、フィットネスをはじめ、フィジカルからメンタルまで、多彩なプログラムが勢ぞろい。

60坪の面積の大スタジオでジュニアから大人まで、スポーツの魅力を実感できます。

詳細はこちら

エンターテイメントエリア

スポーツエリアよりもライトに身体を動かす体験ができます。
レストランやBBQができるエリアも!

脱出アトラクション

「スポルアカデミー」そこは全世界に優秀なアスリートを輩出するために設立されたスポーツ専門アカデミー。
しかし、その実態は、、、、。 悪徳理事長が支配する悪の巣窟「ブラックスポル」だった。

制限時間内に脱出できなければ理事長に捕らわれ強制労働が待っているという!
脱出経路は全部で6コース。ファーストステージからファイナルステージまで各コースには一筋縄ではクリアできない様々なトラップや謎解きが多数仕掛けられている。

しかもその内容は随時変化していく。君たちに求められるのは「体力」「知力」そして「運」。どれが欠けてもファイナルステージをクリアすることは出来ない!「Escape From Black SPORU」この悪の巣窟から君たちの脱出成功を祈る!

詳細はこちら

キッズランド

毎週土曜朝7時からTBS系列にて放送中のテレビアニメ「新幹線変形ロボシンカリオン」をテーマにした小さなお子さま向けのキッズスペースです。

ボールプールやすべり台など、スポルでしか味わえない楽しい遊具が満載の特別な空間で思いっきり楽しみましょう。

なお、報道内覧会日、及び開業初日はステージにてシンカリオンE5はやぶさのグリーティングが行われました。

詳細はこちら

O₂カプセルBOX

NASA 宇宙センターの中にある気圧室の原理を採用したO₂カプセルBOXです。

体に気圧をかけることでわずかな時間で疲労回復や急速睡眠を促す製品で、サッカーの香川真司選手をはじめ、プロ野球チーム、オリンピック代表選手、スポーツ選手が利用して有名になった商品ですが、一番の効果は急速睡眠です。
2時間入ると5,6時間ぐっすり寝たのに匹敵します。

O₂BOX(6名用)とO₂カプセル(1名用)を用意。
珍しいボックスタイプでは家族や友人、カップルと一緒に楽しく疲れた身体を癒すことが出来ます。

詳細はこちら

メインダイニング

メインダイニング1階(70席)ではお食事やCAFÉの利用が可能。
メインダイニング2階(96席)では手ぶらBBQ(食材持込不可)をお楽しみいただけます。

頼もしいキッチンのスタッフが作る極上の素材で美味しい一時を。
「THE BBQ BEACH」BEACHゾーン、CAMPゾーンでは食材持ち込み自由なBBQ利用が可能です。

詳細はこちら

テープカットセレモニーの模様

翌日の8月11日(土)には、同じくステージにてテープカットセレモニーが行われ、竹下博行さん、佐々木穂高さん、そしてなんとシンカリオンE5はやぶさの3名(?)によるテープカットが行われ、さっそく来場者は各施設へと足早に向かって行きました。

いよいよオープンした都市型複合スポーツエンターテイメント施設、期待大です。

【スポル品川大井町概要】

公式ホームページはこちら

<営業期間>
2018年8月11日~2021年(予定)

<所在地>
東京都品川区広町2丁目1-19

<営業時間】>
月~土曜日:7:00~23:00
日曜日:7:00~21:00

※種目により異なります。また営業時間は変更となる可能性があります。

<施設利用料>
入場無料

※各施設は利用料が必要となります。
※金額は種目により異なります。

©SPORU SHINAGAWA OIMACHI. All rights reserved.
©プロジェクトシンカリオン・JR-HECWK/超進化研究所・TBS

 - スポル