コンフェティ
世界のエンターテイメントの“今”をお届け!

『LEGO® City Beach Party』プレスプレビュー開催!

愛知県名古屋市北区金城ふ頭のLEGO®LAND Japanに昨年4月のオープン以来、初となる新アトラクション、「LEGO® City Beach Party」が2018年6月30日(土)にオープンします。

それに先駆け、報道向けのプレスプレビューが6月28日に行われましたので、お伝えします。

セレモニーの模様

MCの開会の挨拶に続いてLEGOLAND Japan株式会社PRマネージャーの平野由紀子さんより、「この、『LEGO® City beach party』は皆さんが思いっ切り水に濡れて楽しめるアトラクションです。ウォーター・エリアの「スプラッシュ・パッド」は、上から下から横からも水を浴びて遊べるアトラクションになっており、アトラクションの最高部にある大きな四角いバケツには、約1.2トンの水が貯められ、満水になると、それを報せる鐘が鳴り、いつバケツが倒れるか分からないドキドキ感を味わえます。スプラッシュ・パッドの向かい側には、「ビルド・ア・ボート」があり、レゴ®・ブロックを使ってオリジナルの船を作って、水の上を流して遊ぼうというアトラクションになります。」と、新アトラクションの概要説明がありました。

報道公開が終了すると、この日はオープンに先駆け、LEGO®LAND Japanの地域貢献の一環として、同じ名古屋市港区に所在する、名古屋市立大手小学校の西川和幸校長先生と2年生の生徒81名がゲストとして特別招待され、LEGOLAND Japan株式会社代表取締役トーベン・イェンセン氏と共にエリア後方より入場。

先ずは、トーベン社長より「皆様、こんにちは。Let`s Beach Party!!熱い中、お集まり頂きましてありがとうございます。トーベン・イェンセンです。『LEGO® City Beach Party』は、LEGOLAND® Japanが2017年4月1日にオープンしてから初めての新しいアトラクションになります。熱い夏に思いっきり水に濡れて遊んで欲しいと思い、準備しました。今日は大手小学校の子供達と一緒に新アトラクションのオープンを迎える事が出来、とっても嬉しいです。LEGOLAND® Japanはキッズとファミリーの笑顔になれる場所でありたいと思いますので、期待して下さい。「I Love LEGOLAND!!!」ありがとうございます!」とレゴ®・シティエリアを震わせる、恒例の雄叫びと挨拶に続き、大手小学校の皆へのプレゼントとして、夏をイメージしてレゴブロックで製作された、スイカのモニュメントがトーベン社長から西川校長にプレゼントされました。

西川校長からは「本日はお招き頂きまして誠にありがとうございます。そして、こんな素敵なスイカのプレゼント。思わず、食べたくなりました。ありがとうございます。子供達はとっても楽しみに、楽しみにしていましたので、本当にこの後がワクワクしています。どうぞ宜しくお願いします。」とコメントされました。

続いてフォトセッション。
その前に子供達には、『LEGO® City beach party』のエリア限定発売となる、「こどもカクテル」が手渡され、皆早く飲みたくてしょうがない様子。バディとレベッカも登場し、全員にカクテルが行き渡ると、全員で「LEGO!」の掛け声と共にカクテルを掲げて乾杯のフォトセッション。

撮影後、早速カクテルを飲んだ子供達からは、美味しい!の声が沢山出ていました。

そして、いよいよアトラクション入場へ。

MCと会場全員で5からのカウントダウン。そして「LEGO!」の掛け声と共に、トーベン社長と西川校長の音頭でスプラッシュ・パッドへ、81名の子供達が一斉入場。

アトラクションの様々な仕掛けやスライダーで遊びながら楽しんでいました。

囲み取材の模様

エリア内にてトーベン社長の囲み取材が行われました。

Q1:オープンから1年3ヶ月での新アトラクション導入だが、このタイミングで新しいアトラクション、というのは、どういった意味が?

「これから熱い夏に入る所で、本当に子供達が思いっきり水遊び出来るようなアトラクションは、是非、LEGOLAND® Japanに持ってきたいと思ったんですね。それがこのビーチ・パーティです。子供達の笑顔を見て下さい。イイでしょう~。」

Q2:水遊びがテーマのアトラクションは何時頃からアイデアが出たのか?

「去年の夏頃だったんですが、一部アトラクションでは水遊びが出来たんですが、ただ、もうちょっと何か有った方が良いと思って、今年の夏の前に是非、オープン出来る様に計画を立てて来たんです。」

Q3:ホテルとSEALIFEに続いて、というタイミングになるが?

「おかげさまでホテルとSEALIFEはグランドオープンが上手く出来、GWは満室を頂いて、これからビーチ・パーティも出来て、夏の準備は完璧に出来ているんじゃないかと思っています。」

Q4:この施設は他の国にも有るアトラクションという話を聞いたが、夏には人気になるのか?

「日本でも、どの国でも、子供達は公演で水遊びするのが好きじゃないですか。それをテーマパークらしい形としてこの『LEGO® City Beach Party』を導入する事にしたんですね。期待している通りに子供達は思いっきり水遊びしてくれているのが本当に嬉しいです。」

Q5:ホテルとSEALIFEが出来て、LEGOLAND® Japan Resortとして、初の夏を迎える意気込みは?

「キッズとファミリーが一緒に一日楽しめるようなテーマパークであって、ただ遊ぶだけでは無く、LEGOの体験が出来て物を作ったり、色んな遊び方が出来るテーマパークですから。ただ、やっぱり熱い夏ですから、水遊びも出来る天候になってきたので、非常に夏の準備は完璧に出来ていると思っております。ここ名古屋は物作りの地域であるので、レゴ®・ブロックを使ってモノを作って、そこに子供達の色々なクリエイティブな考え方を使えるような場所であると思います。」

Q6:新アトラクションへの投資金額と、それによってどんな効果が期待できるか?

「ごめんなさい。金額は正直覚えていないんですね。ただ、去年初めての夏を迎えてお客様から一番多かった声が、日陰が足りないとか、もっと水遊びでクールダウンような場所があった方が良いという事で、ゲストの期待に応える為にこの投資をしたんですね。それは数字よりもゲストの満足感に応える為に作ってきました。」

Q7:去年の夏休みと比べ、どれ位来場者が増えてくれたら嬉しいか?

「去年の夏も非常に色々なキャンペーンをやってきたので、去年の数字超えは、かなり高いハードルになってきたんですけども、今年も同じ数字を取ってやっていきたいと思いますので、皆さん遊びに来て下さい。」と話されました。

スプラッシュ・パッド

最大水深約10cmのプール内に聳え立つアトラクションの中には3機のウォータースライダーと無数の仕掛けが用意され、子供達のテンションを高めます。

高さ5mの位置に設置された巨大バケツからは最大1200ℓの水が一気に流され、大人も興奮する程の水量が落ちてきます。熱い夏の時期に思い切り濡れて楽しみましょう。

ビルド・ア・ボート

レゴ®・ブロックで車を作って走らせる事が出来る、LEGOLAND® Japan内にあるビルド・アンド・テストが夏仕様になってビーチ・パーティエリアに登場。

水路の途中に設置された4箇所のレゴ®・ブロックのたまり場で台船を使い、自分だけの一隻を作り上げ、上流のスタート地点から水の上を走らせる事が出来ます。途中には様々な仕掛けも。

なお、エリア内設備として、男女共、30個のロッカー(有料)を備えた更衣室、屋外シャワー、大人も入れる全身ドライヤー(有料)が設置されています。

夏メニューも

6月30日(土)より、夏限定のフードメニューが登場。
詳しくはこちら

【アトラクション概要】

名称:『LEGO® City Beach Party』(レゴ®・シティ・ビーチ・パーティ)
期間:2018年6月30日(土)~終了日未定
場所:レゴ®・シティエリア
面積:1090㎡
最大定員:100名(当面は整理券による入場対応)
年齢制限:無し(6歳未満の子供のスプラッシュ・パッドへの入場は16歳以上の保護者同伴必須)
更衣室:およそ大人で定員5名
ロッカー:男女共に各30個(1回200円1サイズのみ)
シャワー:更衣室左側壁沿いに2本
全身ドライヤー:300円(約3分・100円硬貨のみ対応)

『スプラッシュ・パッド』
アトラクション全高:約6.5m
最大水深:約10cm
ウォータースライダー:3機(身長102cm以上利用可)
大バケツ:最大水量1200ℓ作動間隔:3~5分(不定期)

『ビルド・ア・ボート』
アトラクション全長:11m
最大同時発走:4レーン

『ブリックール・サマー』
開催日:7月の土日祝日のみ、一日3回
所要時間:約15分

©2018 The LEGO Group

 

 - レゴランド®︎・ジャパン