コンフェティ
世界のエンターテイメントの“今”をお届け!

「レゴランド®・ジャパン・ホテル」「シーライフ名古屋」いよいよオープン!

来る4月1日に開園1周年を向かえるレゴランド®・ジャパン。
その宿泊施設として、レゴランド®・ジャパン・ホテルが2018年4月28日に愛知県名古屋市金城ふ頭にオープンします。

オープンに先駆けた報道向け内覧会が行われましたのでお伝えします。

名古屋臨海高速鉄道あおなみ線の金城ふ頭駅のホームからも大変目立つ、レゴランド®・ジャパンのゲートの真向かいに聳え立つ地上8階建て、252室の客室数を誇るレゴランド®・ジャパン・ホテル。

3月22日に行われたプレスプレビューでは、ホテルプロジェクトマネージャーの高野勉さんから、LEGOLAND Japan株式会社代表取締役 トーベン・イェンセン社長へレゴ®ブロックで出来た鍵の引渡し、HandOverKeyセレモニーが行われました。

HandOverKeyセレモニーの模様

トーベン社長は「レゴランド®・ジャパン・ホテルでは、是非ゆっくり泊まって、素敵な夢をいっぱい見てください。レゴ®の世界に入り込み、まるでそこの住人になったような、家族で忘れられない思い出を提供します。ここは子供達とその家族が主役です。ワクワクドキドキの最高が君を待っています。日本で唯一、一日中、レゴ®の世界を体験でき、家族で感動を共有できる。それがレゴランド®・ジャパン・リゾートなのです。名古屋の新しい観光スポットとして、名古屋を盛り上げて行きたいです!期待していて下さい。」と話されました。

セレモニーの模様を動画でお届け

その後の質疑応答にて、レゴランド®・ジャパンが開業1周年を迎えるが、このタイミングでホテルとシーライフがオープンする事により、レゴランド®・ジャパンにどのような影響が出るか?という質問に、「レゴランド®・ジャパンに対してだけではなく、名古屋の観光スポットとして、本当に盛り上がるようになってきたというか、レゴランド®・ジャパン・リゾートが皆の笑顔で溢れるように、頑張っていきたいと思います。レゴランド®・ジャパンを盛り上げるパワーになるのは間違いないと思います。子供、家族が一緒になって楽しめるリゾートは、レゴランド®・ジャパン・リゾートしかないと思いますので、本当に家族全員で来て頂いて、楽しんで欲しいと思います。」

また、今後、名古屋やレゴランド®・ジャパン・リゾートを発信していく上で、PR活動をどの様に行っていくかという問いに「開業1年目では、特にインバウンドのお客様が想定よりも多くお越しになりました。特に香港からのお客様が多く、他にも台湾、韓国、中国ですね。中国はやっぱり国が大きくてネットワークを作るのに時間がかかるんですけども、MerrinEntertainmentsグループのネットワークの力を使って、これからしっかり、レゴランド®・ジャパンと愛知県名古屋市の認知度を上げる為に頑張って行きたい。その他には、愛知県や名古屋市と一緒にプロモーションや展示会に参加して宣伝していきたいと思います。」と話されました。

質疑応答の模様を動画でお届け

ここからはホテル館内をご紹介!

レゴランド®・ジャパン・ホテル館内1階

エントランスを入るとドラゴンがお出迎え。レゴ®ブロックを使って遊べる柱、踏むと喋るブーブークッション等、来場者をレゴ®の世界へ誘います。受付後方には、7872体のミニフィグ達が皆さんをお出迎え。

1階奥には宿泊者のみ利用可能のウォータープレイエリアが。
水深60cmでお子様が安心して水遊び出来、季節天候に関係無く、レゴ®モデルに囲まれながら楽しめます。

また、実際に手に取った実体験で、楽しくレゴ®ブロックの作り方を学ぶ事が出来るクリエイティブワークショップも。(宿泊者のみ利用可)

勿論、レゴ®商品を幅広く取り揃えるショップも。
限定商品も4月下旬より発売開始予定。

レゴランド®・ジャパン・ホテル館内2階

2つのレストランをご紹介。

「ブリックス・ファミリーレストラン」

食べ放題形式の和食・洋食・中華等、100種類以上のお食事を家族皆で楽しめるファミリータイプのレストラン、「ブリックス・ファミリーレストラン」。

天気の良い日はプレイエリアもある、屋外テラス席でお食事を。

ブッフェエリアには、高さ60cmのお子様が御利用できるキッズカウンターを用意。
朝食時は和食・中華・アジアン。ウエスタンのバリエーション豊かな料理がずらり。ディナータイムは朝食時同様、100~120種の食材を使ったメニューをラインアップ。

ライブキッチンでは、目の前で焼き上がるビーフステーキや握り寿司が用意され、さらに、地元名古屋の料理を楽しめるように、ひつまぶしや名古屋コーチン親子丼、味噌カツ等、数種の名古屋めしを毎日日替わりで提供。

ヘッドシェフ堀田さんのオススメは、名古屋コーチンで出汁をとったフォーとの事。

「スカイライン・バー」

数々の美味しい前菜やディナー・メニュー、そして様々なビール・ワイン・スピリッツ等をお選びいただける、バー形式のレストラン、「スカイライン・バー」。

店内右手奥には、海外のマスター・モデル・ビルダーにより設計されたレゴ®ブロックのスカイラインと、シーライフ名古屋と共有する水槽を泳ぐ魚達が。子供達が遊び疲れて眠った後は、パパとママはゆっくりバーでお酒を楽しむ、という23時までディナータイム営業している当店ならではの楽しみ方もあります。

レゴランド®・ジャパン・ホテル館内客室

ここからは、レゴランド®・ジャパン・ホテル自慢の客室をご紹介。

各階により部屋構成は「テーマ・プレミアム・プレミアムプラス・スイート」の4つに別れ、5・6・7・8階はパークビューが設定されています。

テーマとプレミアムの違い

プレミアムルームはフルテーマの客室となり、テーマルームが子供用スペースのみ各テーマの壁紙で装飾されているのに加え、大人用スペースまで壁紙で装飾されており、レゴモデルの装飾もより多く施されています。

館内のエレベーターはランダムで選曲される懐かしのディスコミュージックに大人は思わずテンションが上がる事でしょう。廊下も壁やカーペットに至るまでレゴ®の世界観に隙は全く見られません。

アメニティのデザインはレゴランド®・ジャパン・リゾートのオリジナルとの事。

なお、3階の344号室は館内唯一のバリアフリールームとなっており、車椅子ゲストも快適なホテル環境となっています。

パイレーツフロア

3階と4階はパイレーツをテーマとしたフロア。
世界の海を探検し、海賊の壁や宝の地図が書かれている絨毯を辿って宝物を発見し、家に持ち帰る準備は出来るかな?

3階の廊下通路の一部には海賊船の船内から見える景色の如く、レゴランド®・ジャパンのエントランスを望む円形窓が設置されています。

そして、各客室のキッズルームにはトレジャーボックス(宝箱)が備え付けてあり、部屋に置かれているミッション・シートに記載されている問題を解き、番号を導き出してボックスの鍵を開けると中には素敵なお土産が。

トレジャーボックスの上に設置されているキャラクターは階によって異なり、何度も宿泊したくなる演出です。

アドベンチャーフロア

5階は、アドベンチャーをテーマとしたフロア。

宝探しの冒険家として、隠された黄金を探し当てる為、サソリ・トカゲ・ジャングルの動物達に気をつけながらエジプトを探検しよう。

部屋の中には、あの冒険家がつけていた帽子や、トレジャーボックスの上にあるのは何かの生き物の真っ赤な卵!?

その装飾のレベルの高さに子供達よりもパパやママが興奮してしまうかも。

キングダムフロア

6階と8階の半分はキングダムをテーマとしたフロア。
王と女王に相応しい、美しく飾られた壁や自分達の王国の記章からこれまでに成し遂げて来た数々の功績を思い出せる重厚なフロアの装飾が特徴の階です。

レゴ®ニンジャゴーフロア

7階はレゴ®ニンジャゴーの世界をテーマとしたフロア。
エレベーターを降りると、早速ウー先生がお出迎え。

ニンジャ達があちこちに散りばめられた客室内は正にアニメの世界観そのもの。
廊下の明かりは他の階と明らかに異なり、提灯には各ニンジャ達のエレメントが。

レゴ®フレンズ

キングダムフロアとフロアを共にする8階は、レゴフレンズをテーマにしたフロア。

鮮やかな壁の模様からレゴ®モデルまで、これらの部屋はレゴ®フレンズの彼女達5人が住むハートレイクシティそのもの。
レゴ®ブロックで作られたペット達や花飾り、蝶や花を見つけてみよう。

魅力いっぱいのレゴランド®・ジャパン・リゾートを彩る新ホテルに是非、泊まってみては?

【施設概要】

公式ページはこちら

名称:LEGOLAND® Japan Hotel
所在地:愛知県名古屋市港区金城ふ頭2-7-1
運営:LEGOLAND Japan株式会社
階数:地上8階
敷地面積:7,846.97㎡
延床面積:16,086.50㎡
客室定員:252室
収容人数:1,044名
予約開始:2017年12月1日(金)
宿泊開始:2018年4月28日(土)

<客室タイプ・室数・広さ。定員>
テーマ:50室:30.00㎡:4名
プレミアム:166室:30.00㎡:4名
プレミアムプラス:18室:30.00㎡:5名
スイート:18室:45.00㎡:5名

<通常客室販売料金>
テーマ:31,000円~
プレミアム:33,000円~
プレミアムプラス:40,000円~
スイート:53,000円~

※朝食代込
※シーズン・イベント等により、料金は変動します。

<レストラン営業時間>
◆ブリックス・ファミリー・レストラン
朝食7:00~10:30(ラストエントリー10:00)
おとな2400円こども1200円(宿泊代に含む)

ディナー18:00~21:00(ラストエントリー20:30)
おとな4000円こども2000円

※三歳以下のお子様は無料

◆スカイライン・バー
ランチ11:30~14:00

ティータイム14:30~18:00

ディナー18:00~23:00

LEGO, the LEGO logo, the Brick and Knob configurations,

the Minifigure and LEGOLAND are trademarks of the LEGO Group.

©2018 The LEGO Group.

LEGOLAND is a part of Merlin Entertainments plc.

 - レゴランド®︎・ジャパン