コンフェティ
世界のエンターテイメントの“今”をお届け!

「30種のスパイス・ラージカレー、 ソーセージとフライドポテトのチーズソース添え」を食す

東京ディズニーリゾート30周年アニバーサリーにちなんで、30種類のスパイスを用いたカレーライスが東京ディズニーランドのカレーハウス「ハングリーベア・レストラン」に登場しました。

その名も、「30種のスパイス・ラージカレー、 ソーセージとフライドポテトのチーズソース添え」

辛さのセレクトは出来ず、大きさもラージのみの提供。価格は980円。

DSC_4136

見た目の迫力としては「東京ディズニーリゾート」ナンバー1かもしれません。

まずは、30種類のスパイスを使ったカレーのルーに注目してみましょう。

30種類は一味唐辛子,オレガノ,黒コショウ,クローブ,シナモン,タイム,ターメリック,パプリカ,コリアンダー,クミン,キャラウェイ,タラゴン,バジル,カスリメティ,白コショウ,アジョワンシード,アニスシード,オールスパイス,ガーリック,カルダモン,ジンジャー,スターアニス,陳皮,ディルシード,ナツメグ,フェンネルシード,セージ,セロリシード,ローレル,フェヌグリークとなっており・・・初めてお目にかけるスパイスも多数含まれております。

このカレーのベースはビーフ、ポーク、チキンのブイヨンがベースになっており、特に「○○カレー」という物ではないそうです。30種類のスパイスの他にはりんご、ワインなども含まれており、ルーの固さは通常の「ハングリーベア・レストラン」のカレーと同様でした。カレーには肉などの大きな具材は入っておらず、純粋にスパイスで味が作られています。

実際に食べてみた所、一口目は通常の「ハングリーベア・レストラン」のカレーとは明らかに違う味の深みを感じる事ができ、この時点では辛さはあまり感じられませんでした。二口目からは「辛めのカレー」と紹介されているだけのパンチの効いた味わいになり、思わず汗が出る事も。ただ辛いだけでなく、旨さがあっての辛さなので、とてもご飯が進みます。カレーは大好物なのでよく食べますが、文章で表す事の出来ない独特な味の深みはここでしか食べられない唯一無二の存在かと思います。余談ですが、辛さとしては東京ディズニーシーの「カスバ・フードコート」にて開催されていた「カリーブッフェ」にて提供されていた「グリーンカレー」より辛さが抑えられていました。

次に、カレーの上にトッピングされているものを見ていきましょう。

DSC_4142

カールしたフライドポテトに焼いたソーセージが盛りつけられており、ボリューム満点。

上に掛かるソースはチェダーチーズに卵を混ぜて作った特製のチーズソースとの事です。このチーズソース、かなり濃いめの味になっており、 フライドポテトやソーセージと絡めるととても美味しく頂けます。チーズソースとポテトだけ別売りして欲しいぐらい、美味しいです。

この価格でこのボリューム、パークに入る度に食べたくなる新メニューの登場です。

期間限定でなく、レギュラー商品化を希望します!

DSC_4151

・「ハングリーベア・レストラン」入り口

こちらの商品は2013年4月11日〜2014年3月20日まで、東京ディズニーランド「ハングリーベア・レストラン」にて販売されます。

※情報は2013年4月11日現在のもので、予告なく内容が変更、または品切れの場合がございます。ご了承ください。

©Disney

 - 東京ディズニーランド, フード, 30th , , , ,