コンフェティ
世界のエンターテイメントの“今”をお届け!

「テディ・ルーズヴェルト・ラウンジ」フードサービスキャストが「ヨコハマカクテルコンペティション 2015」に出場し銅賞を受賞!

東京ディズニーシーのレストラン「テディ・ルーズヴェルト・ラウンジ」に勤務するフードサービスキャスト鈴木章浩さんが7月26日(日)に神奈川県横浜市で開催された 「ヨコハマカクテルコンペティション 2015」に出場し、栄えある銅賞を受賞しました。

ヨコハマカクテルコンヘ゜ティション2

「ヨコハマカクテルコンペティション 2015」は、日本のバー発祥の地である横浜で、2006年から開催されている著名なカクテルコンペティションのひとつ。開催されたコンペティションには、約250通の応募の中から事前の書類審査を通過した 80 名の参加者がステージ上で華麗なパフォーマンスとともにオリジナルのカクテルをつくり、技術を競い合いました。

ヨコハマカクテルコンヘ゜ティション1鈴木章浩さん

2012年に続き2回目の同コンペティション参加となった鈴木章浩さんは「ステージでは緊張で手が震えてしまったこともあり、まさか自分が受賞できるとは 思っていなかったので、大変驚きました。支えてくれた仲間や上司に感謝したいです。 東京ディズニーシーのレストランは、小さなお子さま連れのご家族のご利用も多いため、幅広いゲストと触れ合えることが楽しく、これからもたくさんのゲストから”おいしい”と言っていただけるよう頑張ります。」とコメントしました。

気になるレシピは?

今回、銅賞を受賞したのはカクテルは「Escort」というタイトルのもの。
ここからはレシピをご紹介します。

「Escort」レシピ

「ヨコハマカクテルコンペティション 2015」より、公開されているレシピはこちら。

ヨコハマカクテルコンヘ゜ティション3フォアローゼズ・ブラック/20mL
デカイパー・アップルバレル/20mL
モナン・ピンクグレープフルーツ・シロップ/10mL
フレッシュライム・ジュース/10mL
ルジェ・クレーム・ド・カシス/1tsp

アメリカ・ケンタッキー州で蒸留されたバーボン、「フォアローゼズ」の中でも少し長めに熟成された上流ラベル「フォアローゼズ・ブラック」と「オリジナル・ピーチツリー」などで有名なデカイパー社のさっぱりとしたアップルリキュール「アップルバレル」をベースにした一杯。これらに、フランス生まれのノンアルコールシロップ「モナン・ピンクグレープフルーツ・シロップ」と「フレッシュライム・ジュース」を加えることで、さっぱりとした味わいに。「ルジェ・クレーム・ド・カシス」で甘めの風味を足すことで、女性でも飲みやすい一杯に仕上がっていることでしょう。

ピックに刺さり、カクテルを彩る薔薇。
4つの薔薇という意味を持つ「フォアローゼズ」からきているのかもしれませんね。

残念ながら、パークでは提供する予定がないとのことですので、ご自宅で、これら飲料とシェーカーなどをご用意していただき、東京ディズニーシーが産み出した”銅賞”カクテルを楽しむのもいいかもしれません。

「テディ・ルーズヴェルト・ラウンジ」のスポンサーは・・・?

「テディ・ルーズヴェルト・ラウンジ」は東京ディズニーリゾートオフィシャルスポンサーでもあるキリンビール / キリンビバレッジ が提供しています。今回、受賞したカクテル「Escort」に使用されているスピリッツやリキュールにスポンサーは関係しているのでしょうか?

「フォアローゼズ」

アメリカ・ケンタッキー州生まれの「フォアローゼズ」、創業当初はもちろんケンタッキー州の企業のものでしたが、その後、カナダ、フランスの企業の手に渡り、現在はキリンビールが所有しております。「フォアローゼズ」をバーボン・ウイスキーの代名詞的な銘柄に仕立てたのもキリンビールだったりします。

「デカイパー・アップルバレル」

オランダ・アムステルダムのリキュールメーカー「デカイパー」、代表的なリキュールは「オリジナル・ピーチツリー」。ピーチリキュールとして、世界中で愛されており、他にも多数のフルーツ系リキュールを製造しております。「デカイパー」は日本人の嗜好に合わせて開発した日本専売のカシスリキュール「クレーム・ド・カシス」なども発売し、これらをキリンビールが輸入しております。

このように、カクテル「Escort」はメインのリキュール2種類ともに、キリンビールが関係しているものがチョイスされています。
キリンビール / キリンビバレッジ が提供する「テディ・ルーズヴェルト・ラウンジ」のバーテンダーさんらしいセレクトによる一杯、といえるでしょう。

パークで「テディ・ルーズヴェルト・ラウンジ」らしい一杯が飲めるようになる日が来るといいですね!

 - 東京ディズニーシー, フード