コンフェティ
世界のエンターテイメントの“今”をお届け!

スプラッシュ・マウンテンの記念写真台紙にディスプレイ可能な新型が登場。

東京ディズニーランドの大人気アトラクション「スプラッシュ・マウンテン」。

滝つぼにダイビングする瞬間を撮影し、パークの思い出の1ページを持ち帰れる記念写真に新しい台紙が登場しました。

splash1

東京ディズニーシーの「タワー・オブ・テラー」では既に発売されていた「ディスプレイ台紙」が、東京ディズニーランドの「スプラッシュ・マウンテン」でも発売を開始致しました。

(※東京ディズニーシーの「インディ・ジョーンズ®・アドベンチャー:クリスタルスカルの魔宮」でも同日発売開始)

こちらの商品、表紙にはミッキーマウスやミニーマウスなどのディズニーキャラクターが表紙に描かれており、これをめくる事で写真が現れます。また、組み立てる事で写真のように自立して飾る事も出来る”スタンド”にも変身。

splash2

表紙に描かれているキャラクター達のコスチュームも「スプラッシュ・マウンテン」のあるテーマエリア「クリッター・カントリー」らしいのどかなコスチュームになっています。ミニーマウスのコスチュームは一時期、「クリッター・カントリー」にてグリーティングしていたコスチュームに似ているようで・・・似ていませんが、とても可愛らしいですね。

なお、こちらの「ディスプレイ台紙」に付属している写真は従来からある写真よりも小さいサイズとなっています。

splash1001

皆さんはどちらの台紙が好みでしょうか?

なお、従来の台紙も「ディスプレイ台紙」の登場とあわせて新しいデザインに変更されました。

せっかくですので、この機会に「スプラッシュ・マウンテン」の記念写真の注文方法をチェックしてみましょう。

【スプラッシュ・マウンテンの記念写真を注文してみよう!】

splash7

丸太のボート降り口付近にあるモニターのたくさんある場所で、自分の写っている写真を探し、写真に書かれている番号をキャストさんに伝えましょう♪ ここで、台紙の種類も選ぶ事ができます。枚数や種類が決まったら、引換証を発行してもらいましょう。

splash6

「スプラッシュ・マウンテン」の出口を抜けると・・・目の前に「スプラッシュダウン・フォト」という看板の小さな小屋が見えます。写真はここで、引換証をキャストさんに渡す事により、確認・支払い後、受け取る事が出来ます。

ここで、「スプラッシュダウン・フォト」の看板の上に居るホタルにも注目してみましょう。彼の名前は「フィニアス・ファイアーフライ」といい、彼は「スプラッシュ・マウンテン」のあるテーマエリア「クリッター・カントリー」では著名なカメラマンなのです。空を自由に飛び回れるホタル「フィニアス・ファイアーフライ」で無ければ撮影できなかった”滝つぼ下り”という決定的瞬間の写真をここでは提供しています。

splash8

余談ですが、「スプラッシュ・マウンテン」はその昔「チカピンヒル」と呼ばれていました。「クリッター・カントリー」に住んでいたアライグマの「ラケッティー」は「チカピンヒル」でお酒を密造していましたが、蒸留器が大爆発してダムが決壊。結果として、「チカピンヒル」は水浸しになり、ダムのあった山からは水が噴き出すようになり、名前も「スプラッシュ・マウンテン」と呼ばれるようになりました。「ラケッティー」はこれに懲りて「クリッター・カントリー」でのお酒の密造をやめ、ソフトドリンクと軽食のお店「ラケッティーのラクーンサルーン」をオープンさせたのでした。「ラケッティーのラクーンサルーン」は夜間閉店しますが、店舗2階の電球は夜遅くまで灯っています。もしかしたら・・・まだ悪巧みを考えているのかもしれませんね。

©Disney

 - 東京ディズニーランド, グッズ, アトラクション , , , ,