コンフェティ
世界のエンターテイメントの“今”をお届け!

レストラン櫻、七夕シーズン限定のスペシャルセットを食す

東京ディズニーシーのアメリカンウォーターフロントにある日本人移民が集う、ニューヨークの和食屋さん「レストラン櫻」。
今回は6月24日(水)から7月7日(火)までの14 日間のみ食べることのできる「ディズニー七夕デイズ」限定のスペシャルセットをご紹介。

tanabata_skr_00004
「レストラン櫻」はフィッシュマーケットを改装してつくった、日本人移民がオーナーの和食をベースとした料理を提供するレストラン。

DSC_0018_02
窓の外にはニューヨークの港が広がり、店内には新鮮なシーフードを販売する看板が…。

スペシャルセットを食す

和食レストランなので当然と言えば当然ですが、和のテイストが日本文化である「七夕」のイメージをさらに盛り上げてくれます。
ウィッシングスポットを眺めながら食事をすることができるここ、レストラン櫻ではその雰囲気はより増します。

tanabata_sea_00002

このシチュエーションでいただくスペシャルセットが美味しくない訳がありません。
食べる前から脳は、もう、美味しいの準備OKです。

tanabata_skr_00005

お料理のお話に進みましょう。

前菜の醤油風味のポークスペアリブ(写真中央)は、お箸でほろほろにほぐれるほどの柔らかさ。鱧の湯引きは梅肉ソースであっさりといただけます。茗荷を箸休めにさっぱり頂き、鰈のフライロール、有頭海老とマッシュポテトのグラタンと既に箸が止まりません。
そして、やっぱり和食は安心できます。なんでしょうこの安らぎ感は・・・。

涼を感じる二色素麺(写真右)に箸を進めます。
クルトンのようなサクサク野菜の食感も楽しめます。

柚子塩でいただく天麩羅(写真奥)。
内容は蟹、ヤングコーン、ミニトマト、大葉のかき揚げとなっていますが、これは、鮭と玉子とレタスのちらし丼をいただきながら、交互に口に運ぶことでその旨味は相乗効果となって表れます。口の中は幸せでいっぱいいっぱいです。

デザートに白桃とアセロラゼリー、星形のナタデココは白桃のすりおろしを添えてさっぱりといただきます。

DSC_0021_01「レストラン櫻」店内

和のテイストが日本文化である「七夕」のイメージをさらに盛り上げてくれます。
2週間の限定というのが勿体ないくらいの、気持ちもお腹も満たされるスペシャルセットを、ぜひ召し上がってみてはいかがでしょうか。

「ディズニー七夕デイズ」詳細はこちら

©Disney

 - 東京ディズニーシー, フード