コンフェティ
世界のエンターテイメントの“今”をお届け!

「ディズニー・ダイニング・ウィズ・ザ・センス〜ディズニー映画『リトル・マーメイド』より〜」を楽しむ

東京ディズニーランドホテルでは、「食」のエンターテイメントプログラム「ディズニー・ダイニング・ ウィズ・ザ・センス〜ディズニー映画『リトル・マーメイド』より〜」を2016年2月2日(火)から3月12日(土)のうちの9日間で再演します。

5D3D1986

今回は2015年夏に行われた同公演プレビューの模様を元宝塚歌劇団娘役の花奈 澪さんのレポートとともにお届けします。

「ディズニー・ダイニング・ウィズ・ザ・センス」とは?

「ディズニー・ダイニング・ウィズ・ザ・センス」は「魔法のアイマスク」をしながらコース料理を楽しむことで、味覚・嗅覚・触覚・聴覚が研ぎ澄まされ、ゲストの皆さまのイマジネーションをかきたてます。

5D3D2005「魔法のアイマスク」を手に目隠しでのお食事に緊張する花奈 澪さん

プログラムのストーリーを少しご紹介

今回のテーマはディズニー映画『リトル・マーメイド』。

人間の世界へ行きたいと強く願い、その夢を叶えたアリエルは愛するエリック王子や大勢の友達に囲まれて幸せに暮らしていました。それでも時々、ふと懐かしい故郷や海の世界のことを思い出します。そんなとき、彼女を幸せな気分にさせるのがお城でのお食事。心優しいお城の料理人たちはアリエルのために、素晴らしいお料理を提供してきました。今回のプログラムはこのお城の料理人たちがアリエルに振る舞った料理をアリエルやエリック、そして私たちゲストも一緒に楽しみます。

プログラムはプレショーからスタート

「マジカルシェフ」によるプレショーからプログラムはスタート。
「マジカルシェフ」は「魔法のクロッシュ」と「魔法のアイマスク」を使い、ゲストをディズニー映画の世界へ誘うプログラムの案内役。

5D3D1994「マジカルシェフ」と花奈 澪さん

「魔法のクロッシュ」を「マジカルシェフ」が開けると魔法の世界が広がり、マジカルなプログラムへの期待が高まります。

いざ、会場へ!

「マジカルシェフ」の不思議な力をキャッチする「魔法のアイマスク」を装着し、いざ、会場へ!
キャストさんが手を引いて席まで先導してくれます。

5D3D2016キャストさんと共に入場。

着席すると、キャストさんがテーブルにのったお手拭きや食器の探し方を教えてくれますので、練習しましょう。

暗闇の自己紹介

「マジカルシェフ」の合図で同じテーブルに着席した左右前後のゲストと自己紹介をします。
またテーブルに着席した全員と握手をし、親交を深めます。

5D3D2042暗闇での握手も一苦労!

乾杯!

席に着いた時は空だった机の上に置のグラス。
「マジカルシェフ」が乾杯を、と言うのでグラスを触ると・・・いつのまに、シャンパンが注がれていました。

いつお酒が注がれたかわからないのも”目隠し”ならではの体験です。
掛け声のもと、テーブルに着席したメンバーとシャンパンで乾杯します。

5D3D2067乾杯!も”目隠し”だと一苦労・・・

乾杯をしていると、気づかないうちにお料理が運ばれてきておりました。

コーススタート!

素晴らしい音響効果によって現れたアリエルの歌声と共に、アリエルの大好物をたくさんチョイスしたコースはスタート。

『リトル・マーメイド』の世界観に溢れた逸品の数々が提供されました。
どのようなお味か、どのようなお料理かは現地でお楽しみください!

プログラムに大満足!
花奈澪さんのコメント

プログラム体験後、花奈澪さんは「最初はどこに食器やグラスがあるかドキドキ怖かったけど、次第に慣れ、同じ環境におかれたテーブルの仲間を話も弾んで盛り上がり、とっても楽しかったです。」とコメント。

5D3D2004

「目隠しされて味覚や嗅覚が敏感になる分、料理を口にいれたときの感動が今までにない体験で、新しいアトラクションを体験した気分でした。」、「知らない間に続々とお料理が運ばれきたり、お酒が注がれていたり・・・驚きの連続でした。」、「お料理の感動のみならず、音響などの様々な演出によって、本当に『リトル・マーメイド』の世界に入ってしまったみたい!」ともコメントし、プログラム全体の満足度の高さを感じさせるコメントを頂きました。

イマジネーションに限界はない
「Use Your Imagination!(想像力を働かせて!)」

「マジカルシェフ」がプログラム冒頭におっしゃった「Use Your Imagination!(想像力を働かせて!)」。
ウォルト・ディズニーの言葉「イマジネーションに限界はない」の真髄を改めて考えてみましょう。

日々の生活に欠かせない「食」

「食」を楽しむ際に「Imagination(想像力)」を働かせ楽しむ機会はあまりありませんが、「ディズニー・ダイニング・ウィズ・ザ・センス」では「視界」を遮ることにより、無限の「Imagination(想像力)」に満ちた「食」を楽しむことができました。

ディズニーホテルだからこそ再現可能な世界観

「ディズニー・ダイニング・ウィズ・ザ・センス」をはじめ、これまでも数々の映画やキャラクターとのコラボフードを創り上げてきたディズニーホテル。ディズニーホテルだからこそ可能なクオリティで、他には真似のできない本物の「ディズニー」の「食」を楽しめます。

視界が遮られたことによるリアルな”海底”感

「ディズニー・ダイニング・ウィズ・ザ・センス」は『美女と野獣』『アラジン』に続く3作目として『リトル・マーメイド』を公演。
視界が遮られた状態で、『リトル・マーメイド』の世界を楽しめるお料理に音楽にセリフ・・・気分は海底です。
『リトル・マーメイド』は視界が遮られた「ディズニー・ダイニング・ウィズ・ザ・センス」に適した「Imagination(想像力)」を発揮しやすいテーマとも言えるでしょう。

ディズニーの提供する「食」の「Imagination(想像力)」

ディズニーが多くの人に提供したいと考える「Imagination(想像力)」に満ちた世界。
「食」の「Imagination(想像力)」における完成系の一つとして、「ディズニー・ダイニング・ウィズ・ザ・センス」があるのではないでしょうか?

今年の夏は、映画の世界に入り込んだような不思議な「食」体験を「ディズニー・ダイニング・ウィズ・ザ・センス」で。
誰もが体験したことのない「Imagination(想像力)」あふれる「食」が皆様をお待ちしております。

イベント詳細はこちら

©Disney

 - ディズニーホテル, フード