コンフェティ
世界のエンターテイメントの“今”をお届け!

「ハピネス・バルーン」を探る

東京ディズニーリゾート30周年のテーマでもある「ハピネス・バルーン」について探っていきます。

ディズニアナ・ファン・フェスティバルで公開された「ハピネス・バルーン」のコンセプトストーリーを見てみましょう。

DSC_3534

 

「ハピネス・バルーン」

幸せを感じた瞬間

心の中でハピネス・バルーンが生まれ、浮かび出す。

はじめは、小さな泡のよう。

やがてそれぞれ色がつき、形を変えていく。

バルーンは光の軌跡を残しながら大きく浮かび上がり

いろいろなバルーンと出会う。

飛び回る元気いっぱいのバルーン

じゃれあうバルーン

おいかけっこしてくるバルーン

くっつくバルーン

どんどん仲良くなって、仲間をふやす。

たくさんのカラフルなバルーンたちは

みんなの幸せのかたち。

パークの中でも外でも、

みんなのハピネスとして存在しつづけます。

会場にてオリエンタルランドスタッフにお話をお伺いしたところ、「ハピネス・バルーン」の周りにある小さな丸いカラフルなバルーンはゲストの楽しい気持ちが詰まり、膨らんだ「ベイビー・バルーン」と呼んでいるとの事。楽しい気持ちが詰まった「ベイビー・バルーン」が「ポンっ」とはじける事で、ミッキーマウス型の「ハピネス・バルーン」となるそうです。

コンセプトストーリーの通り、「ハピネス・バルーン」は光の軌跡を残しながら大きく浮かび上がっており、「ハピネス・バルーン」、「ベイビーバルーン」、「光の軌跡」の3つが合わさったイメージイラストをコンセプトの基本として、パークの装飾や様々な商品のパッケージをデザインしているそうです。

P2254155

単なるミッキーマウス型の風船ではなく、幸せな気持ちの詰まった風船であふれるパーク。

アニバーサリーのスタートが楽しみですね。

©Disney

 - 東京ディズニーランド, 東京ディズニーシー , , , , , ,