コンフェティ
世界のエンターテイメントの“今”をお届け!

東京ディズニーランド、メインエントランスのリニューアルおよび駐車場の立体化を実施

東京ディズニーランドは入園口「メインエントランス」をリニューアルし、東京ディズニーランド・パーキングを立体化します。

東京ディズニーランド「メインエントランス」がリニューアル

入退園ゲートやパークチケット購入場所などから構成されてる東京ディズニーランド「メインエントランス」。
2018年4月ごろより順次開始される総工費約120億円の改修工事により、よりスムーズに入園できるよう、 48ある入退園ゲートを6つ増設するほか、年間パスポートのご本人確認に顔認証システムを導入。

パークチケット購入場所では、初めて自動券売機を設置し、現在32カ所ある購入場所を18カ所へ。
うち、有人窓口を6カ所、新規導入の自動券売機12カ所となります。
自動券売機やデジタルサイネージの案内を多言語で表示し、海外から来園される方にもわかりやすくなります。

改修工事は2018年4月ごろから順次開始され、2020年春オープン予定(2019年春より一部オープンを予定)。
東京ディズニーランド「メインエントランス」の一部が使用できないため、入園方法やディズニーホテル宿泊者特典などを変更するとのこと。

園内の指定場所での待機が発生する可能性も

メインエントランスの状況によっては、開園時間前に入園を開始し、園内の指定場所での待機が発生する可能性があるとのことです。
(パーク開園までは、園内のアトラクションおよび飲食施設はご利用いただけません。商品施設は未定とのこと)

「ハッピー15 エントリー」

ディズニーホテルへ宿泊するゲスト専用の入園ゲートについては改修期間中は仮設の専用ゲートを設け、「ハッピー15 エントリー」を実施するとのこと。

東京ディズニーランド立体駐車場を新設

東京ディズニーランド・パーキングに、新たに立体駐車場を導入いたします。
この立体駐車場は、地上 3 階建てとなる予定で、東京ディズニーランドにお車で来園されるゲストにご利用いただくための駐車場となります。工事は2017年度中に開始し、2019年度に完成予定。

東京ディズニーランドでは新エリアなど大規模な改修が進行中

大規模な改修が続く東京ディズニーリゾート、今後の動きに注目です。

©︎Disney

 - 東京ディズニーランド