コンフェティ
世界のエンターテイメントの“今”をお届け!

チャイナボイジャー 秋の「スペシャルセット」を食す

 

東京ディズニーランド、アドベンチャーランドのレストラン「チャイナボイジャー」では、年間を通してそれぞれの季節に合わせた麺とデザートのセットが提供されており、この秋も秋らしさ溢れるスペシャルセットが提供されている。今回はその秋の「スペシャルセット」の内容をお伝えしよう。

 

蒸し鶏と辛味海老の醤油つけ麺

5D3C2967

太麺とつけだれが別の器に盛られたつけ麺。

秋というまだ暑さと寒さの混在する季節のためか、「ひやもり」での提供となっている。

ひやもりは、茹でた麺を冷水で締め水切りをし、熱いつけだれにくぐらせて頂くポピュラーなつけ麺のスタイル。麺の甘味を楽しむことができるという点で一般のラーメン店でも人気がある。

まずは麺だけをつけだれにくぐらせていただくと、温度差から生まれる麺とつけだれの味の主張しあう感覚が口の中に広がる。つけだれは和風醤油ベースだがほどよくピリ辛で、食材同士のコントラストもいい塩梅だ。

つけあわせは、蒸し鶏とチンゲン菜、ピリ辛の味付けのエビだ。蒸し鶏はやわらかい食感で、麺と一緒に食べると食べごたえが増す。つけ麺の定番チンゲン菜は流石の相性といったところだ。

このつけ麺で異彩を放っているのは、ピリ辛の香味海老。和風醤油のつけだれながらこの海老はケイジャン風味のようなエキゾチックな辛みで、単体で頂くと不思議に感じたのだが、つけだれに付けて麺と頂くと、麺の甘味をかえって引き立てる辛みなのだ。この絶妙の味のバランスをぜひ楽しんでいただきたい、“気合の入った”、ユニークなつけ麺となっている。

 

パンプキンクリームのタルト

5D3C2975

かつて海賊船で働いていた中国人コックの孫がレシピを受け継ぎ、古いボートハウスを修復してつくった中華レストラン”というストーリーがあるチャイナボイジャーらしく、見た目は難破船をイメージしている。東京ディズニーリゾートのフードは常に見た目で楽しませてくれるが、バックグラウンドストーリを最大限生かしているフードとしてこの一品はぜひ注目したい。

中国人コックだからなのだろうか、ハロウィン風のパンプキンクリームの下に隠れているのはマカオ名物エッグタルトだ。エッグタルトのたまごのほんわりとした甘味にパンプキンの優しい甘さが溶け込んで、辛みを押し出したつけ麺のあとにホッと一息つけるデザートに仕上がっている。見た目だけでなく、味もさすがの一品だ。

 

チャイナボイジャー 秋の「スペシャルセット」は9月3日から10月31日の期間限定で、上記の2品にソフトドリンクのチョイスがセットで1,450円で販売されている。

 

※情報は2013年10月8日現在のもので、予告なく内容が変更、または品切れの場合がございます。ご了承ください。

 - 東京ディズニーランド, フード, 30th , , ,